お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リリエンベルグ コンフィチュール

リリエンベルグと横溝シェフとの出会いは、とても贅沢過ぎるものでした。
d0016727_221153.gif
モンブランとアプフェルシュトゥルーデルの講習会での画像です。

リリエンベルグの、あのモンブランを、生の栗から作られたあのモンブランを、
教えていただき、その過程を目の前で見て、そして、戴けた・・・その日のことです。
出来たてのモンブランの美味しさは表現のしようがありませんでした。

シェフの姿勢や考えを直接学ぶ事が出来た…その日のことです。
イチゴのショートケーキや栗のモンブランなどは、ケーキ屋さんでいつでも売られているのが
当たり前のように思いがちですが、其々の素材には「旬」があり、食べ頃があるのです。

その一瞬のおいしさをつかまえ、最高の形でケーキに昇華させる。
季節と向き合い、素材と向き合い、生産者と向き合う。
これがシェフのお考えです。
d0016727_21471557.jpg
2008年秋からとりかかり、2009年から今年にかけての1年、撮影や取材を行ったと云う
コンフィチュールの本 『リリエンベルグのコンフィチュール』 が発売となりました。

お店で売っているもののほかにもいろいろなコンフィチュールと
それらのコンフィチュールを使ったお菓子も紹介されています。

温かく、やさしく、素直なおいしさのリリエンベルグのお菓子、
温かく、優しく、おだやかにお話してくださるシェフの姿が目に浮かんできます。

早々に本屋さんに行かねば!^^
[PR]
Commented by quilt4 at 2010-05-21 20:56
買いましたよ!
まさにコンフィチュール辞典。
とても素敵な本です。

和栗のモンブラン、たまりませんね。
オーブンミトンにシェフがいらした時に講習を受けられなかったのが残念でたまりません。
機会があったらと狙っています!

Commented by gomac_ko at 2010-05-21 22:02
quiltさん、
ほんと?♪
私も今日・・・(*^^)v
中身が濃いですよね!(細かくはないけれど^^)
機会があれば、横溝シェフの講習はもう一度受けたいです。
by gomac_ko | 2010-05-19 11:03 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)