お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

10月のお教室「In Doha 1」

アラビア半島東部に位置するカタール国、d0016727_19123838.gif
その首都ドーハでラマダン月からラマダン明けのお祭りを経て約2か月間を過ごされたnoe先生。

d0016727_12572134.gif





伝統的なアラビックな料理から
イラン、エジプト、モロッコ、
タイ、フランス、イタリア、
メキシコ、インド、中華…料理

多くの食を味わってはすぐに再現
されてしまう先生の味覚、
卓越した才腕 は憧れを超える永遠のお師匠さんです。
Ⅰ レモンミントジュース
コーラと同じような一般的な飲み物だそうです。
心地良い爽やかさとすっきりした飲み口と飲みやすさ、
であるのに味わったことのない、ジュースでした。
お庭にミントがあったなら… 必ずや定番になるでしょう。

Ⅱ 茄子のディップ、モロッコ風 ZaaloukA
Ⅲ ホブス
d0016727_12573931.gif
ピタパンのような中東のパン「ホブス」に挟んだりしていただきました。
モロッコ料理のレストランでは「茄子のサラダ」と云われていたそうです。
シリア料理になるとごまペースト(タヒーニ)が加わって「ムタバル」となります。

それだけでいただいても美味しい焼き茄子にさらに手を加えて作られています。
スパイスとじっくり炒めて、トマトやレモンも加って酸味と旨みが深くなって、
ニンニクと一緒にペースト状になり、オリーブオイルで仕上げられています。

Ⅳ モロヘイヤのスープ
d0016727_12593122.gif
エジプトでは日常的に食べられているスープだそうです。
古代エジプトの王ファラオが重病の時にモロヘイヤのスープを飲んで回復したことから、
王様の野菜と云われ、クレオパトラも好んだ野菜スープであるとか。
ウチのクレオも好きかしら?☆ヾ(^^ )

エジプトにはマハラータと呼ばれるモロヘイヤを刻むための包丁もあります。
カタールでは既に刻まれた冷凍のモロヘイヤが売られていててとても便利だったそうです。
日本でも売られていても便利に使えそうですよね。

にんにく、玉ねぎにスパイス、チキンスープ…
ヘルシーで、家庭料理もなって、さらに健康にも良いスープです。

Ⅴ Fattoush(レバノン風)
d0016727_130430.gif
ファトゥーシュ、アラブ諸国に広く伝わるサラダです。
「スマック」という独特のスパイスを使い、きれいに細かにカットされた野菜たちと、
ニンニク風味とレモンが相乗効果となったドレッシングが印象的です。美味し。
ホブスから作られたクルトンを崩して乗せて食感の変化も楽しみます。

Ⅵ ラムチョップのケバブ
d0016727_1302092.gif
角切りにした肉を串に刺して焼いたものが典型的な調理法ケバブ、トルコ料理です。
かつて、私めが うら若き頃(笑)、
シシカバブーとして記憶があり、料理本を見ながら作ったのを思い出しました。

今回のラムチョップのグリエは臭みがなくて軟らかくておいしい羊料理です。
ヨーグルトソースも、付けていただくとさっぱりしてお口に変化を齎してくれます。
ラムのほかにも、鶏や海老、ホタテなどでも美味しく作れると聞いて一段と身近なお料理になりました。

Ⅶ オレンジ風味のクレーム・キャラメル
Ⅷ コーヒー
d0016727_1303376.gif
イラン料理レストランでデセールとして出されていた一品を味わいます。
オレンジのコンフィ、そのシロップが何ともgoodjob です。
手間をかけた分だけ、必ず美味しい^^のですよね。
ソースまで一滴残さずいただきました。

noe先生の楽しく尽きないカタール話と、groupmemberさんとの楽しいお喋りが
さらに更に 美味しく佳味ご機嫌な時間を齎してくれました。
ありがとうございました。
来月は、いよいよ(もう?)クリスマス料理です。
[PR]
Commented by kimi at 2010-10-21 22:20 x
いつも素晴しいお料理に感動です!
食べてみたいです^^

渋川煮も立派だし、それを使ったモンブランタルト、どんなお味なんでしょうね^^
昨日、最後の栗が手に入ったので、渋川煮に挑戦、うまく剥けたつもりが、壊れてるのが続出^^;
おかげで口に押し込む個数の多いこと!

↓クレオちゃんの公園散歩も気持ち良さそうですね^^
複数で出かけると、楽しさ倍増でしょうね!
Commented by gomac_ko at 2010-10-22 23:55
kimiさん、
こんばんは。
そちらでは秋は深まって、木々は赤や黄色に染まり始めているのでしょうね。

渋皮煮は「もう来年は作らない」と思っても、また作ってしまう…です。
ほ~んの少しでも渋皮が傷ついてしまうと、もうダメなんですよね~。
それはそれで、煮ていながらのお楽しみが増える訳です。^^;

毎日の歩き散歩は1ワンで出ますが、遠出をしたり楽しそうな所へ行く時は
その時居るワン仔ズで出掛けます。^^
走らせる目的の時は複数がいいですね。
若人であったとしても、ヒトではワンの走り相手は務まりません。(笑)
by gomac_ko | 2010-10-17 09:53 | Foods(料理系) | Comments(2)