お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

noe先生のお教室、6月は 『MOROCCAN』

d0016727_23183049.gif年の1/3~1/4をカタールで過ごされている
noe先生の食べ歩いては試作、
食べ歩いては試作、の満を持して登場!

確か何度かの予告がありましたような・・・
「いつやるの?」 
「今でしょ!」 
を越える、素晴らしいレッスンでした。

Ⅰ. ワイン
スパイスを多く使うモロッコ料理に合わせたワイン or ペリエ

Ⅱ. アピタイザー 
スパイシーな無花果のロースト
d0016727_10453124.gif
ローストした無花果、そしてソースが、お・い・し♪

Ⅲ. サラダ
ツナとインゲンと塩漬けレモンのサラダ
d0016727_23195967.gif
さわやかなドレッシングが印象的で、
これからの季節に大活躍してくれそうなサラダです。
今夏はあちらこちらの生徒様宅のテーブルに登場しそう♪

Ⅳ. メイン、その1
鶏とオリーブとレモンのタジン
d0016727_23201468.gif
お肉が骨からほろりと、お肉は旨みをたっぷり、
そのスパイスの何とも言い表し難い香りとレモンの酸味と~~~
スープとご飯がこれまたよく合います♪
d0016727_1115535.gif口の中でひと噛みする度に「おいし」「おいし」と
言ってしまいそうです。

Ⅴ. ご飯 or クスクス

Ⅵ. メイン、その2
ビーフorラムとドライフルーツのタジン
d0016727_1045740.gif
今回はメインのお料理がふたつ!でした。
こちらのタジンは、またお肉がやわらかに煮込まれて、濃厚だけどさらりと戴ける、
大ぶりのドライフルーツの甘みがこれまたgoodjob♪ のタジンです。
子ども達(孫たちね)も好きそう(^v^) お正月に作りましょうか…♪

d0016727_23194833.gif
薄~いパートフィロをギネス挑戦のように長く、
そして重ねて、くるくる巻いて、巻き込んで、作られます。
noe先生はフィロの枚数も、レシピが決まるまで何度も試作されています。
この程よいバランスのケーキはそうした追及心から成り立っているのだと感じ入ります。
サクサクっと風味があってほんのり甘くて、人生初の“蛇ケーキ”さんでした。

どれも、おいしさが画像から伝えられていますか?心配です。
[PR]
by gomac_ko | 2013-06-27 11:43 | Foods(料理系) | Comments(0)