お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

13回忌・・・

年忌法要は、故人の祥月命日または、お逮夜に営むことが本来です。
しかし、諸事情により都合がつかない場合は、
命日に当たる日より前に行なうのがよいとされていると承知しています。
そして、二つ以上の法要を合わせて行う時は、早い命日に合わせることもです。

今年は母(1月2日)と父(4月11日)の13回忌にあたります。
本来ならば日程は年の始めに、1月2日以前に執り行うべきところですが、
ここは直親族は私ひとり、、、なので、
父母が大好きだった大きな富士山と満開の櫻の下で墓参とさせてもらいたいと、
前々から報告してました。(良いねと言ってくれている、と。)
今度の日曜日に家族で参ってくる予定で居ます。。。
d0016727_17113735.jpg
次女がひと目惚れしたと言って買って来ました。(管理がむずかしそう・・・)
[PR]
Commented by kimi at 2006-04-11 18:52 x
忘れやすくなりました・・・呆けも近いかも^^;
そういえば、辻岳さんと同じといってましたよね!
改めてご両親様のご冥福をお祈りいたします。
同じ年にご両親を・・・・・大変でしたね!

gomaさんは一人っ子だったんですか?
でも、子供さんたちやお孫ちゃんたちに恵まれていいですね!

私は、自分たちの都合に合わせて拝めばいいと思いますよ。
きっとわかってくれてると思いますよ^^

それにしてもきれいなボタン?ですね!
花びらの多いこと!
これでは惚れますね~♪
Commented by goma at 2006-04-11 19:18 x
kimiさん、
ありがとうございます。
そう言って貰えると気持ちが楽になります。。

ひとりっ子の私から、、、今は10人と犬4匹猫2匹です。
全員揃って会いに行ったら
両親はどんなにか驚きそして喜ぶことかと思います。
今回はワンニャンは一緒に行けませんが。
目を丸くして、目を細めて、喜んでくれる姿が浮かびます。

そうです、ぼたんです。むずかしいでしょう??
育てた経験はありますか?
Commented by koro49 at 2006-04-11 19:54 x
そう、以前伺ってました。
同じ年にご両親を亡くされたって。
ひとりっこのgomaさん、どんなに辛かったでしょう。
でも、ご家族が増えて良かったですね♪
ご両親も喜んでおられると思いますよ。

そう、私も都合のいいときにいけばいいと思っている。
年忌は早める分には良いっていいますもんね。
あら、ログインしてなかった^^;
Commented by kimi at 2006-04-11 22:10 x
ボタンは地植えしてますよ。
今年は雪でかなりの枝が折れてたけど、いくらかは咲きそうですよ。
鉢では育てたことないですよ。
結構丈夫だと思うけどね。

猫もいるんですか?
犬と仲良くしてますか?

10人揃ってお参りに行ったら、ほんとお喜びになりますよ^^
大家族になってよかったですね!
Commented by goma at 2006-04-11 23:49 x
koroさん、
ありがとうございます。
当時は子供たちも学校の真っ最中で、私もとても忙しくしていた時期だったから
現実のほうが先で、感傷に浸っている時間もなかった、、、
それでも、逝った事の時間だけは経つのが遅かった。
話すことは出来るようになったけど。
お仏壇の写真、、未だに飾れないんです。。。変でしょ。
お仏壇の前に立つとはっきりと浮かぶんです、、、
頭を上げて目を開けると、写真はなかった・・・未だそんななのです。
Commented by goma at 2006-04-12 00:01 x
kimiさん、
ウチでは無理だけど、ぼたんは地植えの方が良いみたいです。
そちらではいつ頃咲くのかしら?
春からの楽しみがいっぱいですね・^^

猫は長女と長男のところでそれぞれ飼っています。
ウチはわん仔で手いっぱい・・・(笑)

雨が強くなって来てます。
明日は気をつけて行って来てくださいね。
Commented by 辻岳 at 2006-04-12 18:23 x
gomaさん、昨日はお互いに13回忌でしたね。
結局僕は帰る事ができませんでした。
親不孝な息子だと思っているでしょう。
亡くなった時も僕だけが臨終の際に間に合わず、自分の親不孝さを痛感しています。
でも僕なんかに比べて、gomaさんは短い間にご両親を亡くされて、さぞ辛かった事でしょう。
僕だったら気が変になるかもしれません。
でも輪廻転生を信じているし、必ず今まで飼った動物達ともまた会えると思っています。
昨日も山手線の池袋~大塚間で小動物の事故があり、電車がしばらく止まりました。
ル-シ-ちゃんを思い出して、思わず合掌しました。
いたいけな動物達は僕達が守らなきゃ駄目ですよね!
Commented by gomac_ko at 2006-04-12 20:36
辻岳さん、
帰れなかったからと言って誰も親不孝とは思っていませんよ。
お父様をを偲び「追善供養」する気持ちが大事だと思いますので。

当時私は、家庭も仕事もとても忙しい時期で
仕事が終わってから二つの病院へ廻ったり、諸々が多過ぎて
そのどれもを私しか出来ない事であったり、、、
哀しんでる時間はなかった、、、のが現実かもしれませんでした。
それが13回忌ですから、、、感慨深いです。

そうですね、虹の橋で再び会えると思えるようになりました。。。
当然ですが、弱いものを強いものが守るのですよね。
by gomac_ko | 2006-04-11 12:09 | Photo(景色・花) | Comments(8)