お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

マカロン・ナンシー

d0016727_20475510.jpg日本でよく見かけてるマカロンは
色々な色(味)がついていて、
ふっくらとして、コロンとして、
スベスベの表面をしていて、
ピエ「足」が出ていて
クリームがサンドしてある、
マカロン・パリジェンヌ
        (パリジャン?)です。
今日のは、『マカロン・ナンシー』
と言って、平たい形で表面が
ひび割れています。
d0016727_2054668.jpg
フランスはロレーヌ地方のナンシーに住み着いたふたりのカルメル会修道女によって伝えられたと言われています。
人々はこの2人の修道女をスール・マカロン(マカロンの修道女)と呼んで、マカロンと修道女の話は今に語り継がれています。

この話にちなんだ「スール・マカロン」という店がナンシーにあるそうです。

焼いている途中で天板の前後を入れ替えるのを忘れてしまいました。
焼き色が均一ではありませんねぇ。(>_<)ゞ

食べると、表面はカリカリッとして中はネチッとして、奥のある美味しさです。
皮付きのアーモンドパウダーを使ったためかとても香ばしくて美味しい・・・
そう、蕎麦ぼうろを思わせるような香ばしさです。
癖になるような、後を引くような美味しさの素朴なマカロンでした。(^u^)

表面のカリッと度は翌日になると弱くなって、ねっちり度が増してました。
好みの問題でしょうが、私は焼いた当日の食感の方が好きなような気がします。^^
[PR]
Commented by 辻岳 at 2006-05-24 22:43 x
今日の夕方からの雨・風・雷は凄かったですね。
大丈夫でしたか?
僕は晴れ男なので家まで濡れずに帰れました。(笑)

↑の感じは大丈夫です。
これだったらいくらでもいけますよ。ははは!
それにしても毎日まめに感心します。
全てのレシピはどこで習得したのですか?
本当にこれはプロですよ!
Commented by etsu.etsu at 2006-05-24 23:19
こんなマカロンもあるんですね^^
同じマカロンでもまたラフな感じでいいですよね^^
やっぱりメレンゲを加える作り方なんですか?
一度食べてみたいです♪

ってまだ普通のマカロンも習得できてない私^^;
ピエだすの難しいですよね。
こっちをまず練習しないとな~~。
Commented by gomac_ko at 2006-05-25 12:01
辻岳さん、
昨日の空は、特に都内や神奈川方面がひどかったみたいですね。
車が水没して助けられた人もいたとか。
今日はカラッとした暑さとか、とか。

晴れ男でしたか?!
それは何かの計画の時には是非に参加して頂かないと。(笑)

中学校でご飯と味噌汁は実習で習いましたけど、
お菓子もお料理もハワイアンキルトも洋裁もみ~んな本からです。^^
洋裁もブラウスまで、編み物少々も学校の授業で・・・^^ゞ
優雅にお菓子の学校とか行ってみたいです。。。
Commented by gomac_ko at 2006-05-25 12:08
etsuさん、
パリ風のマカロンは作った事がないのでうまく比較できないんですが。。
メレンゲも加えますが、このナンシーは気楽に作れますよ。

ピエに出たマカロンも一度は作ってみたいですよね。
中に挟むクリームも作らなければと思うと
ついつい遠のいてしまっています。
Commented by okinu at 2006-05-26 08:56 x
美味しそうです♪
蕎麦ぼうろうも好きです。
「食べると表面はカリカリッとして中はネチッとして、奥のある美味しさです・・・。香ばしさのある・・・、」こうゆう食感は大好きです。
カリカリ、カリカリッと、ずーっと食べ続けてしまいそうです。

Commented by goma at 2006-05-26 12:36 x
okinuさん、
フランスはナンシーのマカロンが蕎麦ぼうろに見えてきちゃいました。(笑)
知ってる味なのにあまり出回っていない味、食感、、な感じですた。。^^
新しいものを作って、
それが「美味しいんじゃない?^^」「きれいなんじゃない?^^」「いいじゃない?^^」
な感想だと けっこう嬉しいもんですね。
by gomac_ko | 2006-05-24 21:10 | Sweets(甘いもん系) | Comments(6)