お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

細菌感染、交配は見送り。。

交配のためクレオをグーフィに連れて行く。
車の中で『あぁ、帰りはこの中にクレオは居ないんだ。』と思いながら。
パンツは取って店内に入っていったので、ご主人が出ていらしたところでポタッ。
それを見て、ご主人はすかさずその色に注目。

少なくなりかけた出血が二日前から黒くなって量も増えて、匂いも強くなっていた。
気になってネットで調べたりしたら、そのような子もいる、とか一過性なら心配ない、
などとあったので、(都合の良い方に解釈したくなる。)
様子を見つつ、交配予定の日になってしまった。





ご主人は、その黒っぽい分泌物や、匂い、陰部の様子、尻尾の反応などを
細やかに観察し、このまま決行してよいか迷ってらして、
結論は・・・『♂を受け入れる状況にはあるが、一度獣医さんに診てもらう事をすすめる。』
獣医さんの診断でOKならば直ぐに、または明日♂の元に連れて行く、となった。
ご主人は院長先生に、状況や症状を直に話して下さり、そのまま獣医さんに向かった。

何と言ってもこのご主人、
動物病院の院長先生からも交配に関しての専門家としてとても信頼があるのでした。

診察、検査、結果がでるまで4~50分。
待って、何と言われるか心配しながら再び診察室へ。
交配適切日に関しては赤血球や、核のある細胞、核のない細胞、から説明された、が。。。
本題。連鎖球菌が多く見られると言われた。

自然治癒もない事はないが、今発情期で子宮の入り口が開いているから、
菌が下りて出てきているが、発情期が終わって閉じてしまった後は
菌が子宮内で膿がたまり、子宮蓄膿症になったりする場合もある!と言われ
なってしまったら開腹手術しかない、と言われて驚いた。
交配しても着床しにくい、しないだろう、とも。
それなら自然治癒に賭けるなんて言ってられない。
抗生物質の投与を受けることにした。

同時に抗生物質を与えると便が柔らかくなる場合も多いというので、
さらに最近は軟便だったので、整腸薬と下痢止めも処方してもらう。

d0016727_1211532.jpg


d0016727_1213853.jpg
犬は多産系の動物なので、避妊していない犬は生殖器系の病気が多く見られるらしい。
サイトによって子宮蓄膿症はポピュラーだとか、 盲腸の手術のようなとか、避妊手術のような、とか書かれているけど、気休めのように感じる。
幸い普通と違うな、という症状が現れて2日での受診であったので、
今回は子宮蓄膿症まで至らずにすんだのだから、
『がんばって、クーこ。早く元気になってね。』
[PR]
Commented by ミント at 2005-05-12 06:50 x
クレオちゃん、病気だったんですね。。。人間が作り出した動物は本当に芸術品に等しいほど美しいのに、弱いのが困りものですね。
昔、我が家もペキニーズのブリーダーをしていた事があったんですよ、と言っても姉と母が、、私は離乳食係、親犬は2で最初の子はデパートで買って来た子で血統は良くなかったけど、いったって元気!次は姉の友だちの所から、その子はやっぱり弱かった。でも、室内犬だったから、病気は少なかったかも。。。可哀想!早く良くなる事をお祈りしています。
Commented by gomac_ko at 2005-05-12 09:58
ありがとうございます。
発情期の後1ヵ月半から2ヶ月の辺りが注意すべき時期だそうです。
元気元気に楽しそうな足取りの音を聞いてる、見てる、のが良いです。
ブリードの経験がお有りなんですね。機会があったら体験談をお聞かせ下さい。
そう簡単な道のりではない、と母娘して実感しています。
Commented by mint at 2005-05-12 19:37 x
クレオちゃんいかがですか?ブリーダーはもう昔の事なので今とは全然違いますよ。本気のブリーダーでなければ中々儲からないような気がします、だって、可哀想だったり愛していたり。。。家の近所にも、コリーのブリーダーされている方がいて、ご主人、朝、夕にチャリで引っ張って、ある地点に来ると今度は自分も歩いてと。。 大きな声で吠えるものだから、どうも声帯を手術したとかって話です。ハァ~、、、昔、お金持ちで(聞けば知っている)趣味で(多分、でも売ってもいた?)犬を飼っている所に姉がお邪魔したら、箱で出来ているゲージに1匹づつ入いっていたとか、しかも箱は積まれていたように覚えています、姉は帰って来てから家の犬の方がよっぽど幸せって言っていました。
ショップに売ると、気が荒れるので委託で売っていたんだけど、中々売れなくて、心配していた子がようやく売れて、売れた先を訪問しちゃった事があった~ そんな事していたんだもの儲けなどあるはずが有りませんよね。楽しかったけどね。
Commented by gomac_ko at 2005-05-13 00:32
犬種によって、何の役目のための犬種かによって特徴は其々違いますからね。
クレオとゴマの先住犬はシェルティだったのですが、この種は吠えて羊を追い集めるのが仕事ですから、吠えました。
クレオはサイトハウンド犬で目で追って走りますから滅多に、ほとんど、吠えません。
ブームに乗った安易な繁殖には反発感をぬぐいきれません。
そんなに詳しくはないんですけど、どうしても犬の気持ちになってしまうんですよ。。。
>姉は帰って来てから家の犬の方がよっぽど幸せって言っていました。
ここですよね。何と表現してよいのか。 (ボキャブラリー不足を嘆きます。)



Commented by yoshiyan28 at 2005-05-13 09:02
大変だったんだね、何も知らないで、、大丈夫なのかな~もの言わないだけに、見るほうもつらいね。手術にならずに良かった。人間も同様だけど、やはり体にメスを入れるって大変な事でしょう。早く良くなりますように
by gomac_ko | 2005-05-10 21:28 | Saliki(ワン仔) | Comments(5)