お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小豆のフロール

予約も大変(以前は一年待ちとか)ミディ・アプレミディの“フロール” (1本2,800円だとか・・・?)
銀閣寺、哲学の道近くの閑静な住宅街に白く美しい洋館 「GOSPEL」 で
水曜日と木曜日だけいただけるそう。

京都、御室仁和寺前に日本茶とウィーンの焼き菓子が楽しめる 「御室 さのわ」 で
1日限定10個、という“あずきのフロール”
d0016727_14103650.jpg
CREA eats にこれらの作り方が載っていました。(^_^)v

d0016727_14213259.jpg津田陽子さんが 「さのわ」 のオープンに際して目玉になる商品、お茶に合うロールケーキと考えて生まれた小豆のロールケーキ   だそうです。
しっとりしてやさしいお味のロールケーキで、日本茶にも間違いなく合いますね。

生地にもクリームにも小豆が入っています。
市販のゆで小豆、となっていましてお手軽に 作れそうです。
本では焼き色の付いた部分を取り除くようになっていましたが、ウチ用なのでそのまま 巻いてしまいましたけれど これで良し?^^

途中、生地の量がウチのロールケーキ天板では少々多いように思えて来たので角マンケで味見用のつもりに焼いてみました。
ちゃんとロールケーキに仕上げて親子ロールの出来上がりとなりました。
ロールケーキは生地が薄い方が巻き易いのです。^^;
[PR]
Commented by quilt4 at 2007-04-05 22:15
素敵な本ですね。買ってみます。
小嶋先生の新刊にも載っているリンツァートルテが気になります。
作ってみたいランキング3位以内に入ります(笑)
このロールケーキも美味しそうですね。
そして、gomaさんの行動力、情報力って凄いといつも思います。
勉強になります!
Commented by gomac_ko at 2007-04-05 23:09
quiltさん、
津田陽子さんの本は既に何冊か発刊されていますが
「フロール」 は初めて載ったのですよ。
津田さんのロールケーキ、一度は作ってみた方が良いと想います。
(↑個人的意見ですが・・・)

リンツァートルテ、手間がかかるけれど味わうおとなのお菓子に思えます。
娘と『食べたいねぇ。』 と話していたところなのよ!^^
もう一年以上作っていないかも。。。
小嶋先生との違いも気になりますね。^^
こちらこそ、伺っては学ばせて貰ってます。
Commented by 3児のママキルター at 2007-04-06 00:39 x
こんばんは☆
私は洋菓子も和菓子もいつだって、なんちゃってなのです。
だから、gomaさんのお手前を拝見していると、
(直接見たわけではありませんが・・・)
とてもうらやましく思います。
このロールケーキもちょっとしたお店にならんでいるのみたい。
私ももう少し子供たちから手が離れたら、本格的にお菓子を
習おうかしら(^・^;)
今は、育児と仕事と家事の合間の僅かな時間にする
ハワイアンキルトに夢中かなぁ・・・。
gomaさんの素敵なライフスタイルにあこがれです。
Commented by gomac_ko at 2007-04-06 11:11
3児のママキルター さん、
>本格的にお菓子を習おうかしら(^・^;)
賛成~♪
何事も基礎が大事!ですからね。
基本さえ押さえておけば、後はいつになっても応用が利きますから。
わたしはそういった機会に恵まれる事なく ここまで・・・
全て自己収集(笑)

>育児と仕事と家事の合間の・・・
1分でも大事な毎日の中で見つける自らの時間。
ひそかなひと時ですね♪
(でも、無理しないで下さいね。)
完成を楽しみにしています。
by gomac_ko | 2007-04-05 17:59 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)