お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パリ-ブレスト

イル・プルーのルセットから教えて頂きました。
これも以前から一度作りたかった 『パリ-ブレスト』 です。
d0016727_15461592.gif
生地はパータ・シューなのですが、シュークリームより心持ち固めになるそうです。
シュークリーム<パリブレスト<エクレール、な固さ加減です。

そのパータ・シューの肝心な絞りはもっと腰高に絞るべきでした。
なので あまりバレないように ショットは真上から、、、^^;

中に絞ったクリームはプラリネ・ノワゼット入りのクレーム・パティシエール、そして
プラリネ・ノワゼットを控えめに加えたクレーム・シャンテリーの2段になっています。

アーモンドスライスをた~っぷり乗せて焼いたシュー。
ここにプラリネ・ノワゼット(ヘーゼルナッツ)の豊かな風味が加わった美味しさ。
シュークリームサイズに小さく焼いても可愛いかな♪

  *****  *****  *****
フランス最大の自転車レース 『ツール・ド・フランス』
このレースが初めて開催される数年前、
パリとブレスト(ブルターニュ半島西端)の間で行われた自転車レースを
記念して作られた、と言われています。
そしてこのリングの形は自転車の車輪から来ているそうです。。。
なので、お菓子名のパリとブレストの間は 「・」 ではなく 「-」 になるのですね。^^
[PR]
Commented by quilt4 at 2007-06-22 22:34
素敵!アーモンドスライスたっぷりでいいですね。

パリ-ブレスト(勉強になりました)みんなが集まる時に作ろうと思いつつ、つい小さく焼いてしまいます。
やっぱり車輪型は豪華だね!



Commented by patissmam at 2007-06-23 22:58
と~っても、きれいに焼けていて、美味しそうなですね!
プラリネの入った、2種類のクリームが、贅沢だわ~♪

quilt4 さん同様、『パリ-ブレスト』の名前のことは、大変お勉強になりましたよ!
つながってる、ということなのですよね!
Commented by gomac_ko at 2007-06-23 23:20
quiltさん、
オーブンの中で生地が膨らんで来た時に感じたのが 『豪華♪』 でした。
シュー生地も パリ-ブレストになると 見栄え感が断然違います~。

私も作ってみたいと思いつつ、どうしてもシュークリームになってました。
決心して(大袈裟^^)、『シュークリームじゃないぞー』 と始めました。(笑)

絞った上に乗せるアーモンドは目いっぱいたっぷりがgoodです。
生地は膨らむので重なるくらいにた~っぷり乗せました。
Commented by gomac_ko at 2007-06-23 23:27
patissmamさん、
初めてでしたので、基本のプラリネ・ノワゼットのクリームにしました。
このクリームはいろいろ変化させても良いですよね。
キャラメルとか、フルーツ、マロンも良さそう♪などと膨らみました。

お菓子にも由来や成り立ちのお話があって面白いですね。
少しでも知ってから作ると、その時代の空気が漂ってきそうな気持ちになれます。
頂くときも、美味しさがアップするような・・・?^^
by gomac_ko | 2007-06-22 15:55 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)