お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

デフェールの安食シェフ

都内などのデパ地下に出店すると、いつも長蛇の列になる程の人気なのが、
田園都市線沿いの「たまプラーザ」近くにあるお店「パティスリー デフェール」です。d0016727_213537.jpg
先日は、その安食雄二シェフから焼き菓子を学ぶ機会に 恵まれました。

横浜ロイヤルパークホテルのオープニングスタッフを務めたシェフは、その後、「ビゴの店」でパンを学び、フランス 各地で研修を経験され、   ベルギーの「マンダリン・ナポレオンインターナショナル」では日本人初優勝し、1998年からは「モンサンクレール」で   スーシェフとして、その後2001年、「デフェール」のシェフ・パティシエに就任されたのです。

d0016727_2119356.jpg建築家の家に生まれた彼は、小さい頃から美術や建築物の鑑賞を習慣にしアートやファッションに関心が高い(趣味はサーフィンとか^^)と伺っています。
デフェールのオープニングには当初から店だけでなく、包装から、ショップカードに至るまで全てご自身で手がけたそうです。

会話のテンポもスマートで小気味よく、笑いも交え、しかも気取ることなく気さくな印象さえ受けます。        ↑おみやげに頂きました♪
シェフから私たちに 「こんばんわ」 と挨拶され、
質問は後で、とする先生が多い中、講習の開始早々から 「質問はありませんか?」 と、
どんな質問 (多少外した内容にでも) にもどんどん快く答えてくれるのです。
えっ?ここでそんな事まで教えてくれちゃって良いのかしら? と心配するほどに
講習のメニューから更に更に膨らんで教えて頂きました。d0016727_21292168.jpg

一番興味深かったのは、
“基本配合を理解する” というもの。

素材の特性など知らない点が多いのですが、自分のやり方は間違っていなかったと確信が持てたような気がします。

“多くの本(レシピ)を持たずとも自分でレシピを作っていける” と、
予定時間をかなりオーバーしても、まだまだお話してくれるシェフの  姿勢にただただ喜びと感謝です。ありがとうございました。
             ( 自らの体調やコナ弟の百日祝いなど、諸々が続いてアップが遅れてしまいました。 )
[PR]
Commented by quilt4 at 2007-08-28 18:01
安食シェフの講習がオーブンミトンでも行われるのですが、日程が合わずにまだ一度も出られないのです。
素敵な方だと評判で、気になっていました。
“基本配合を理解する” そうですね!
gomaさんのお菓子作りがさらにバージョンアップしそうな予感です。
いつも上を目指して自分のものを求め続ける姿勢が素晴らしい!

コナ弟さん、おめでとうございます!
健やかにお育ちになりますよう祈ります、と同時にお祝いのケーキの楽しみにしています。
Commented by gomac_ko at 2007-08-29 17:43
quiltさん、
オーブンミトンでも講習されるのですね。
いつか出席できると良いですね。

私は11月のオークウッド・横田秀夫シェフの講習会が気になるのですが
その時期は七五三やらで忙しいかな?と申し込めないでいるのですよ。

百日祝い、ありがとうございます。
お食い初めは、純和風でいきました。
お赤飯を蒸して、オーブンにやっと入る大きさの鯛で塩釜焼き、それに炊き合わせ、と
順当な献立でしたので、ケーキもなくて果物と和菓子でした。^^;
Commented by soleiljap at 2007-08-30 00:03
こんばんは♪(いつものぞいてばかりです。ごめんなさい)
レシピ本もあまり持っておらず、お菓子作りを趣味で楽しんでいるいち主婦なので、プロの心強い言葉に、私もほっとさせられました。

創造する事=イメージ。沸き起こるイメージを形にしたいと思う事が、独自のものを作り上げるのかなと。その辺が面白くて料理やお菓子作りをしているような気がします。
まずは自分が楽しんでこそですよね。

プロのお話を聞く事も大事ですね。私も機会があったら探してみようかしら。

Commented by gomac_ko at 2007-08-30 10:30
soleiljapさん、
いえいえ、お気になさらずに。^^ (Read Only Memory大いに結構ですから。)

お菓子でもお料理でも、縫い物でもそうですが、
作りたい味や形がどんどん浮かんでくる時、それが独創性もあって美味しい仕上がり、になるように思っています。
何より本人が一番楽しく、嬉しい時ですよね。

プロのお話を聞かれるのは、さらに楽しめる時間を与えてくれるかも知れませんね。
なぜそうするのか、など知らなかった理屈が分かるとスッキリします。^^
by gomac_ko | 2007-08-28 10:39 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)