お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

続いての講習会はリリエンベルグの横溝シェフ

~*9月の事です*~
学びの秋、今年は講習会に参加できる機会にとても恵まれています。
ある日はウィーン菓子の、“アプフェルシュトゥルーデル”そして“モンブラン”です。
伸ばした生地でりんごを巻いて馬蹄型に焼くアプフェルシュトゥルーデル。
新聞の文字が透けるほどに伸ばすのは初体験でした。

生の栗の美味しい時期にだけ作るというモンブランは栗を煮る段階から作ります。
作っている時からの栗の黄色い色と、(何も加えていないのにキレイなキレイな黄色)
その匂い、(ほゎ~んと何ともいいにおい)がたまりませんでした。
d0016727_23312438.gif
リリエンベルグとは、ドイツ語で「百合の丘」という意味で自然豊かな新百合ヶ丘にそのお店はあります。→
開店時間にはすでに駐車場も満杯、行列が出来ている、と言う話はよく耳にします。

d0016727_938337.gif横溝シェフはウィーン皇室御用達の名店「デメル」で、 外国人として初めて修業を許された方です。
機会があれば(作って)是非“ザッハトルテ”を食して
みたいと思います。

イチゴのショートケーキや栗のモンブランなどは、
ケーキ屋さんでいつでも売られているのが当たり前のように思いがちです。
しかし、其々の素材には「旬」があり、食べ頃があるのです。
その一瞬のおいしさをつかまえ、最高の形でケーキに昇華させる、がシェフのお考えです。
季節と向き合い、素材と向き合い、生産者と向き合う、のです。

講習会では単に作り方を見るのではなく、こう云った姿勢や考えを
シェフから直接学ぶ事が出来るのがとても嬉しくも幸せなのだと感激しています。


P.S. このザッハ・トルテとアプフェルシュトゥルーデルは、美味しんぼ にも登場しています。
[PR]
Commented by kimi at 2007-10-05 22:12 x
きれいなケーキばかりで食欲をそそりますね♪
カボチャはあるんだけど。。。素敵なプリンに変身したらどんなにいいだろうな^^

カレンダーも遊んでみましたよ。
空想と後半が働でした^^;

カレンダーといえば、ワンコカレンダーに娘がランの応募して、採用になり、今日届きました^^

Commented by goma at 2007-10-05 22:38 x
kimiさん、
わぁ~!♪
ランちゃん、すてき~~!(*^_^*)
拝見するのが楽しみ♪アップして下さいね。
それは、宝物になりますよ。
クレオのも、大事にとってあります。^^ヾ
by gomac_ko | 2007-10-04 17:02 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)