お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今年の 「アップルパイ」

いつものアップルパイに加えて
毎年どこかを少し変えた年度バージョンを焼くのも楽しいものです。
d0016727_21422135.jpg
フレッシュなままのリンゴを山ほど積んで生地を被せて焼きました。
りんごとレモン汁、レーズンにシナモンを加えて、カソナードを40gだけ入れました。
京都「松之助」のビッグアップルパイのイメージでしょうか。。。

生のリンゴで作るアップルパイの不安 その1
加熱していくと果汁が出てくるので底生地がシナシナになってしまわないだろうか。
パイ生地はサクサクパリパリしていて欲しい、サクサクしてこそのパイ、がgoma家。
〈結果〉
底生地のリンゴに接していた側だけが湿った程度で底の外側や側面はサクサク!^^v

生のリンゴで作るアップルパイの不安 その2
カットした後も汁が出て残ったパイの底を更に湿らせるのではないだろうか。
すると底生地は内から外からのダブル果汁攻撃に遭い、クタクタになってしまわないか。
〈結果〉
汁は出たもののお皿に垂れるほどではなく、底生地の外側が湿ることはなかった!^^v

生のリンゴ焼くと焼き上がりの香りが何とも素晴らしい。
上に被せた生地や縁や側面のサクサク感で十分にパイになっている。
何と言っても季節感が味わえる。

“そのシーズンに一度は食べたいアップルパイ” の出来上がりです。(^¬^)
パイ生地の厚さはちょうど良い。
薄力粉と強力粉の割合を少し変えてみたらどうなるかな。
りんごはあと1~2mm薄くスライスした方が良いかも。
これからレシピを纏めておきま~す。^^
[PR]
Commented by koro49 at 2008-10-22 21:27
こっちにもアップルパイ!
生のリンゴを使ったことはないの。スライスするんだね。
今年はドタバタして焼けるかどうか?
紅玉買ってあるのに・・・orz
Commented by gomac_ko at 2008-10-23 09:58
koroさん、
おいしいりんごが手に入るんでしょうね。
こちらでは売っているのを見かけてもパッと手が出せない・・
信頼できるお店か、もしくは注文になるんだわよ。

今回は、生のりんごを1cmのくし型に切ったけど、8mmくらいの方が良いかも。
お砂糖とか(薄力粉を大さじ2ほどもね)をまんべんなく絡ませて、
底生地を敷いた上に乗せて、上の生地を被せて、ここで1時間ほど冷凍室へ!
塗り黄身をして、200℃→180℃で60分の焼成だったよ~ん。
Commented by quilt4 at 2008-10-23 12:04
不安は微塵も感じない焼き上がりですね!
素敵な焼き色が味を想像させます。

私も粉の配合を変えたりバター、砂糖の量など、その年のりんごさんの味によって考えています。
これが楽しいんですよね!

Commented by gomac_ko at 2008-10-23 20:00
quiltさん、
quiltさんにそう言っていただけると嬉しいわ♪

今は焼く度に粉の割合を変えて様子を見ています。
強力粉が多くなると、伸ばしている時のコシの強さが気になって・・・
薄力粉と同割だったり、多くしたり、少なくしたり・・・
同時に食べ比べられたら良いのだけれど・・・

あるラインを越えたら、あとは好みの問題になるのでしょうけどね。
粉の銘柄によっても、粉の保存状態や天候や自らの体調によっても・・・
この辺の感じで、のレシピにさえなかなかたどり着かないものです。
Commented by kimi at 2008-10-24 13:19 x
まぁ~、サクサク感が伝わりますね~^^
紅玉あれど、こんなすばらしいケーキには変身できないです^^;
でも挑戦してみたい気もしますが。。。。。

先日、山道で転んで、わんこに逃げられ焦りました~^^;
楽しそうに走り回ってる姿を見たら、思いっきり走らせてやりたいな。。。とも。
いつか運動不足解消させたいと思いました。
Commented by gomac_ko at 2008-10-24 20:48
kimiさん、
大丈夫ですか~!?
お怪我はなかったのでしょうか。
ご自分のことより、「ランちゃんがー!!」だったでしょうね。

聞いて、こちらまで慌てて焦って・・・。
いや~大事にならなくてよかった、です。
足元は気を付けないといけませんね。
私、少しの段差で躓くようになって来てます。

ホントにいつも思っています。
安心して思いっきり走らせてやりたいって。
ちょっとした広めの空き地を見つけると100%クレオを思いますから。
by gomac_ko | 2008-10-21 22:54 | Sweets(甘いもん系) | Comments(6)