お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

パンプキンパイ

娘が濃い緑色の皮をした大きな 「くりゆたか」 を持って来ました。
同じくして“GABAN煮込み料理にピッタリのスパイス3種”レシピモニターに当選しました。

これはチャンス!とばかりに、d0016727_11415915.jpg
届いたブーケガルニ、ローリエ、クローブの中から、
かぼちゃのお菓子にクローブを使いました。

「くりゆたか」 は黄色みも濃くて肉厚でおいしそうな
かぼちゃです。
蒸かしてみたらまあホックリとして甘くて、
このまま食べたい衝動を抑えて、
ムーランでキコキコしました。
d0016727_11433451.jpg
初めてパンプキンパイを焼いたのは
1960年代に発行されたバーバラ寺岡さん著の
「デザートとお菓子」からです。
高校生の頃でした。。。^^;
ココナッツも入っていて 確か・・
「パムコナッツパイ」 と言っていたように記憶してます。
d0016727_1143543.jpg
当時にしては珍しいお菓子にスパイスが入る!
のがとても印象的でした。
材料のかぼちゃによってホクホクで美味しかったり、水っぽい仕上がりであったり、しました。
素材によって出来上りにかなりの差が生じると云うことを覚えた頃です。

このレシピで作らなくなってしまってから久しいです。
現在では本もメモも手元には無く、図書館を探してもこの本は無く、再現は難しくなってしまいました。

焼きたて熱々にはアイスクリームを添えて、しっかり冷やしてはホイップクリームを添えて、
さらにはお好みでシナモンをパラッとふるとgood♪美味しいです。
レシピブログの、GABAN煮込み料理にピッタリのスパイスレシピコンテスト参加中♪
http://www.recipe-blog.jp/special/2008/10/081024b.html




かぼちゃを他にも使いたかったので漉すのにムーランを使いましたが、
パイの生地も、かぼちゃの中身もフードプロセッサーを使って簡単に作れます。
<材料>
パイ生地
無塩バター・・・・・・50g (カットしたバターを前日から冷凍庫に入れておくと良い)
薄力粉・・・・・・100g
グラニュ糖・・・・・・小さじ1/4
塩・・・・・・小さじ1/8
冷水・・・・・・40cc (氷水にして計る、もしくは冷蔵庫の水)
卵黄・・・・・・少々 (フィリングに使う卵から卵黄を少し取り分けて牛乳で伸ばす)
           卵黄1個に対して牛乳小さじ1の感覚で。
フィリング
かぼちゃ・・・・・・180g (蒸かして皮を除いた正味量)
               茹でたり、レンジ加熱でも構わないが蒸かすのが一番美味しいと思う
グラニュ糖・・・・・・20g
ブラウンシュガー・・・・・・25g
卵黄・・・・・・2個
生クリーム・・・・・・30~70g(かぼちゃによって変わるので生地の状態を見て加減)
ラム酒・・・・・・小さじ1 (ウチではもっと多い)
クローブ・・・・・・2個 (パウダーで可)
他スパイス・・・・・・塩、シナモン、ジンジャー、ナツメグ (各少々)
           この中ではシナモンは多めに、全体的に多過ぎないように、しかしスパイスを効かせるのもポイント
<作り方>
1.パイ生地を作る。バターは1cm角にカット、粉類にまぶすようにして冷凍庫でしっかり冷やす。
2.FPでバターが米粒の半分くらいになるまで回し、冷水を加えて一つにまとめ、ひと晩冷蔵庫で休ませる。
3.伸ばしてパイ皿に敷き、1時間ほど冷凍庫で休ませる。
4.空焼きをする。ホイルを敷いて重石を置き、200℃のオーブンで20分、重石を外して5分、ドレして30秒の焼成。
5.フィリングを作る。かぼちゃ以下を順にFPに入れて回し生地を作る。
6.焼き上げる。空焼きをしたパイに流し、200℃5分、170℃に下げて40分の焼成。

[PR]
Commented by quilt4 at 2008-11-04 23:27
前に買っておいた小諸のカボチャを今日蒸してカボチャパイを作ろうと思っていました〜ところが冷凍してあるとはずのバターがないことに気づき、カボチャマッシュ120g入りのシフォンになりました。
カボチャの種類はわかりませんが、真っ黄色でホクホクでしたので思わず塩を振ってつまみぐいしました。

私もスパイスの効いたものが好き!
まだカボチャが残っているのでgomaさんのレシピで作ってみるつもりです。
Commented by gomac_ko at 2008-11-05 00:46
quiltさん、
美味しいかぼちゃに当たると嬉しいでね。
蒸かしたてにお塩をパラパラは駆られます。
+レモン汁+オリーブオイル+こしょうでワインのお供にも良いですねえ。^^

パイ生地はアップルパイの時もそうですが、
空焼きをすると底生地までサクサクでいただけるので良いですね。

一般的なアメリカンレシピではLibby'sのかぼちゃ缶1缶(425g)とエバミルク1缶(354ml)+卵2個+砂糖+スパイスのようです。
なので、フィリング生地はこの割合まで緩くても大丈夫のようです。
使われるかぼちゃと、その時に食べたい感覚とで調節されると良いと思います。
お口に合いますように。。。
by gomac_ko | 2008-11-03 12:07 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)