お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

グリムスのウサギ ~ グリーントライプ

d0016727_1684914.jpg
グリムスに来てくれているうさぎさん。
まだ居るかな、もう帰っちゃったかな、、と思いつつ、
開けてみると名札の上に止まってツンツンやってます。^^

ますます、いつまで居てくれるのだろう・・・^^


ここからはクレオめし話題
今回は、屠畜日程の関係でいつものお肉屋さんでは
牛ハツが手に入りませんでした。
その代わりのものとして見つけたのが、
「ラムの内臓系」と「ラムのグリーントライプ」です。

グリーントライプとは牛や羊など反芻動物の反芻胃の未洗浄のもの、です。
ビタミン、植物繊維、消化酵素、+消化を助けるプロバイオティクス(乳酸菌)が含まれる。
善玉腸内細菌を得ることに依って体の免疫機能は活性化される。
そしてアミノ酸が筋肉増強に、カルシウムとリンが丈夫な骨と関節を形成し、全体のpHは酸性で消化性が良く、
適量の必須脂肪酸、リノール酸(オメガ6)とリノレン酸(オメガ3)が含まれている。 

・・と、犬の健康維持に良か食材だと解釈しました。

そして生で与えるのが一番で、ヨーロッパやアメリカ・カナダなどでは肉屋で売られていたり、
冷凍パックやフリーズドライも販売されている
らしいです。
日本でのは法律の関係で内臓が洗浄、漂白されて人間の食用として販売されていて、
焼肉やホルモン料理としていただいている訳です。

d0016727_16155212.jpg
人間用として全く問題のないものであって未処理の状態のグリーントライプを2日間冷凍したものです。
届いたらすぐに、解凍させないように仕分けして、
急いで冷凍庫に収めました。

『その強烈過ぎる、受け入れがたい匂い!』 と
覚悟をして開けたのですが、ラムだからなのか、   
ほとんど匂いは苦になりませんでした。           ↑ 仕分けした半端30gほどです。
?少し拍子抜けの感があります。             左がグリーントライプ、右は内臓系
[PR]
by gomac_ko | 2009-06-26 16:35 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)