お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Saliki(ワン仔)( 133 )

肺炎~3回目

ヘソ天のできないクレオの、本犬へそ天気分のムネ天です。
d0016727_13415439.gif
そんな体勢をしているとゲホゲホなるから、と撫でながら早々に元に戻します。

唾液、食物、胃液などを口腔内常在菌と共に気管支内に吸引して起こるのが肺炎。
昨年10月の怒濤の24時間の動物高度医療センターでは
「飲み込む力が低下している」 との診断でした。
今回も何かが肺の方に入り込んでしまったのでしょう。。。

2回目の2月の時は、昼間でしたのですぐに病院へ連れて行くことができて
「1時間前から急に・・・」 医師に診てもらうことができました。

・・・・・・
しかし、今回は異変に気が付いたのが23時過ぎ。
異な呼吸音にクレオを見ると上半身が震え、喘鳴。
みるみるうちに悪化、ゼーゼー、ゴーゴー、伏せるに伏せられない。寝るに寝られない。
横になると、首(気管)を伸ばし、目はうつろ、立っても行き所なく、
酸素缶を鼻の近くに当てるも嫌がり、ヒトは何をしたらよいか分からず。。。

手を当て様子を見ながらの3時間4時間、
明け方近くになってどうにか少しだけ落ち着いて眠れていました。
寝てからも、様子がすぐに分かるよう豆電球を点けたまま私もうとうとしました。

朝が迎えられました。
開院時間を待って連れて行く時も、クレオは立てなくて抱っこ。
抗生物質注射と気管支拡張薬の投与、酸素吸入、ネブライザーの治療、
休診日にも、毎日これを続けて9日間、
そして1週間後のX線検査では白い個所も消え、治療終了のOKが貰えました。
・・・・・・

そんな日の中でのムネ天クレオ ↑ 。
佳くなって来ていたからこそ出来た体勢です。。
両手は必ずこう(可愛らし風)なります。
(へそ天出来るサルーキの手はピンと伸びているのですが)

へそ天が出来なくても、耳毛が短くても、お手が出来なくても、いいんです。
立って、歩けて、食べられて、排せつができて、これがいいんです。
この画像が使えて、この日の記述ができて、何よりよかったの思いです。
[PR]
by gomac_ko | 2013-06-23 11:48 | Saliki(ワン仔) | Comments(4)

シニアめし

生食クレオの食材が変わりました。
丸鶏のぶつ切りから始まった骨付き鶏肉ですが、
歳とともに骨付きもも肉~骨付き手羽元+手羽先~骨付き手羽先と変えてきました。

そして手羽中でも消化しきれなくて吐き出すのを度々見かけるようになり、
吐き出す=誤嚥性肺炎再発の可能性が高くなる・・・ので“クレオめし”の見直しです。

朝めし
鶏ひざ軟骨、骨ごとパラパラミンチ肉、羊肉、米類。
d0016727_1756979.gif
昼めし
国産美郷牛すね肉、国産鶏内臓パラパラミンチ、米類。
d0016727_18211683.gif
夜めし
牛ハツ、北海道産ラム内臓ミックス、北海道産羊グリーントライプ、米類。
d0016727_18211274.gif
米類は、普通のお米に押し麦、玄米を混ぜて硬めに炊き、
昆布粉(ケルプ)とネトルを合わせ、冷めてからアマニ油を混ぜたもの。
野菜類は、どうしてもクレオのお腹に合わないようなので、与えていません。

(習慣化してしまって止められない) トイレ躾のごほうびには、
非常時用の備えを兼ねてカリカリフード数粒。(#^.^#)
時々のおやつに、ラムあばら骨(もちろん生)
時々ビオフェルミン。

それでも、何かの加減でお腹を壊してしまったら、
絶食、そして葛ねり+茅乃舎だし、その後おかゆ(ささみ入り)+茅乃舎だし。
しばらくはこのラインで行きます。^^
[PR]
by gomac_ko | 2013-05-08 07:00 | Saliki(ワン仔) | Comments(4)

散歩再開

クーさんのお散歩再開しました。(できました)
30分ほどの散歩は隣町の公園まで、ゆっくり歩きではありましたけど
ハアハア、ゴホゴホすることなく行って来られました。
d0016727_1354272.gif
・・・その症状は突然に起こりました。(以下、備忘録)

10月上旬のある日、
その夕方、著しい呼吸音に気付いて傍に寄って行くと震えが見えた。
気道確保の体勢で呼吸している、その“目”からも尋常ではないと判断、
受付時間終了間近のどうぶつ病院へ駆けこむ。

連れて行こうとしたけれど立つのがやっとで歩けないクレオ。
散歩バッグにタオルや諸々を用意して肩に掛け、自分のバッグも肩に掛け、
18kgのホネホネ大型犬を抱きかかえて車に乗せ、病院へ向かう。(火事場の馬鹿力!)

X線画像を前に獣医さん3人、指差しながら相談していたり、どこかへ電話したり。。。
診断は、『肺捻転』 他にも不整脈があり、貧血もあり、心臓も弱っている。
診察室の床で横になり、著しい呼吸音をさせ、震えているクレオ。
(ドッグランで目いっぱい走り回っても、常にずっと立ち続けるクレオなのに…)
治療法は開胸手術で傷んだ部分の肺を切除すること。しかし、
ここではこれ以上処置できない、と受けてくれる病院を探してくれるもその夜は無理と。
院長先生は、私にその晩の危篤性や年齢を指した話をもした。
クレオ自身の回復力を祈る夜を越す。

翌日受診したのが日本動物高度医療センター。
鑑別診断では→肺捻転、誤嚥性肺炎、肺の腫瘍、→ 結果は 右前葉(誤嚥性)肺炎。
不整脈、貧血はこれこれこうだからと事由を挙げて説明が成され、そうではないと診断。
(胸を切らずに済んだ~、全身麻酔をせずに済んだ~!)
(心臓は、佐心房僧帽弁閉鎖不全症→肺の治療が済んで→大型犬故急がずとも)


動脈血ガス分析でPo2数値は左右其々70と44と(平常100静脈28)と低酸素血症。
心臓は、左心房僧帽弁閉鎖不全症(働きが弱っている)→肺の治療が先と。
終えては、会計が済んで帰る直前まで酸素室に居た方がよいでしょう、とも。
診察内容が、検査内容が、対応が、説明の内容態度が、十分に満足そして納得。
(ただ、費用は高額この日約9万円、又1週間の入院では30~40万円、開胸時手術になっていたら50万~60万円とか)

治療は、通える距離のいつものどうぶつ病院にお願いすることを決断。
3日間、酸素室に入院、退院してからは吸入と注射に通院。
徐々に、家の中で全く何もなければ落ち着いているようになり、歩くようにもなって、
その後、様子を見ながらの投薬治療となった。

退院してからも、食べる時以外はいつものベッドにずーっと寝ていたクレオ。
寝る体勢は、右側を下にするか伏せ状態。 ↓ 家に帰れた翌日の様子
d0016727_17144223.gif
目の力もなかったです。。
それでも、
「開胸手術にならなくてよかった!」 
「腫瘍が見つかることもなくてよかった!」 
「よかった、よかったねー」
d0016727_16543363.gif
そして、秋空の元 散歩に出られるようにまでになりました。
クレオの回復力が嬉しいこの頃です。

[PR]
by gomac_ko | 2012-11-01 16:00 | Saliki(ワン仔) | Comments(4)

JARMeC

d0016727_05672.gif
ひろ~びろと・・・ワン仔と散歩したくなる多摩川の川崎側の土手。
訳ありて行くことになりにけり。。
d0016727_0561994.gif
右手に二子玉川駅を見ながらの反対側=上流の眺め也。

[PR]
by gomac_ko | 2012-10-10 23:54 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)

へそ天ができない犬

特に暑い時期には、先代の犬たちは家の中の涼しい場所を見つけては
大へそ天で寝ていたものです。
が、クレオはそれがありません。
できません。
他のサルーキーさんたちはしてます。
が、クレオはできません。
面白がって、補助して無理にさせてやると、ゲホゲホッになって苦しそうなのです。

それでも時々、ここまでガンバリマス。
すぐに戻ります。
d0016727_17555621.gif
涼しい場所にもあまりこだわりません。
ふかふかベッドが好きです。
d0016727_17561069.gif
ってやんでい!
へそ天できなくったっていいんだもんね。
[PR]
by gomac_ko | 2012-09-13 18:10 | Saliki(ワン仔) | Comments(4)

にょん太が帰った

夏、わが家でお留守番していたにょん太 。(長女宅のラブ犬ラニを二女と私はこう呼ぶ)
呼び名4段活用→ ラニラニョニョンニョンにょん太 となった♀ラブ、^^。
d0016727_10364778.gif
夏休みの終わりが近づいた日、
勇気ある日焼け!!をした長女が迎えに来てにょん太は帰って行った。

にょん太の帰って行った後のわが家は、とても広くとても静かになってしまった。
旅先の宿にでも居るような、よその家に居るようでような、、しっくりこない。

こうしてPCに向かっている時は、
傍のプリンターの台に寄りかかるように、あるいはへそ天で、寝ていた。
いつでも、ふっと目をやるとラニとクレオが(時々+ぐり)視界にあったものだった。

私が立って動くと1秒も遅れずに起き上がって一緒について来るので
そのまま寝かせておいてあげたい私は、つい立つ用事を後回しにしたり、
あまりハアハアしてくると、水がなくなっている!とボウルに水を入れたり、、

・・・今ごろは広い庭を駆けて、テラスの下の土の上で寝ているだろうか。
家の中かな。。。
[PR]
by gomac_ko | 2012-08-30 11:03 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)

可哀想すぎる!

http://topics.excite.co.jp/keywords/ZIPPEI/

どうぞ、 やすらかに。。。
[PR]
by gomac_ko | 2012-08-13 23:23 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)
大人なワン仔が日中寝ている姿はよく見かけるものですが、
(午前中は特に) こんなして寝てる時間が多くなってきてます。(ま、午後も寝てますが)

クレオの寝床は3か所あります。
メインはMUJIのマットレス、これはお陽様の動きやヒトの過ごし方で場所が移動します。
IKEAのベビー用マットレス+羽根座布団、はソファーの高さ。
それと大人用敷き布団の二つ折り (このサイズになるとと足も頭も落ちることない) です。

コストコに行くと、クレオも足を伸ばせそうな大きなワン仔クッションがありまして^^、
欲しくなる\(^o^)/のだけれど、(大型犬用のってなかなかないのよね~)
「これ以上要らないでしょ」 といつも二女さんに却下されています。
あ、たま~に床で寝ることもありますが、そんな時は家の中でニュースになります。
d0016727_148260.gif
この朝寝傾向が強い日は昼近くになるまで朝めしを食べません。
やっと起き出して、食べるかなと思ってフードボウルに用意するも、
や~っとこさ近づき、匂いを嗅いだり口を近づけるもなかなか食べないこと多しです。

それでも、食欲が湧かないのは午前中だけで、それ以降は
(昼めしがおやつ時間になったりはあるけれど)
特に夜めしなどはピョンピヨン、バタッバタッ、キラッキラッと、平らげてくれるのでまず安心。

日々の歩き散歩も、あっちコース+こっちコース+そっちコースを速足で1時間強であったのに
あっちコースとこっちコースだけになってしまって数カ月が経ち、さらに
連休明けの頃からか、終始とぼとぼ歩き(ほんの一瞬だけ速歩き)になりました。
なので距離は減ったのにしっかり1時間かかってます。

あっちコースが終わる頃、
日によっては4本の足をしっかと地面に貼りつかせて立ち止まり、
こっちコースは行きたくないと言う。 『行こうよ』 『行かないの?』 『帰るの?』 交渉する。
が、結局そんな日は40分そこそこで戻ることになります。

それでも、天気の良い日は散歩の時間になると
まん丸お目目キラッと 『そろそろ行きませんか♪』 と言って来るのです。
(雨天、降り出しそうな曇天の日は言って来ません)
[PR]
by gomac_ko | 2012-06-05 08:18 | Saliki(ワン仔) | Comments(2)

春のワン仔散歩

吹く風にあたたかな春を感じたワン仔散歩です。
お決まりのあっちコースを終えて、こっちコースの引き返し地点の公園で少しだけ休憩。
d0016727_1725549.gif
クレオはカメラ嫌いで、一眼を持ち出すとどこかへ移動されてしまいます。
動かない場合でも必ずやあっちを向かれてしまいます。
こちらを見ている画像を収めるのはとても難しいワンです。

お散歩バッグに入れてあるコンデジで、めずらしい1枚が撮れました。
d0016727_1724135.gif
バックがごちゃごちゃしてます。。。☆ヾ(^^ )
[PR]
by gomac_ko | 2012-03-29 17:57 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)

今日のおやつ・・・

生々しい画像、お目汚し失礼します。((^。^))ゞ
d0016727_1122677.gif
おやつは、ワン仔のおやつです。
毎日ではなくて、たま~に与えてます。

ラムの骨(もちろん生)の、やわらかい部分(高齢犬なので)で、
グリーントライプや内臓肉をお願いしている北海道のめん羊牧場さんから届きました。

こちら↓はラムの生アキレス→滅多にありません。^^;
d0016727_11305550.jpg
こんな食生活のワン仔たちなものなので、
私たちが外出して長い時間の留守番をさせたような日、
私たちの機嫌がよくなっていて、おみやげにおやつを奮発したいかな♪と思ったとしても、
日々の食べ物の方が「オイシソー」と思えてならず、そしておみやげはナシになります。
[PR]
by gomac_ko | 2012-02-21 11:48 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)