お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma

<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

d0016727_1053643.gifウチには蒸篭はなくて、2段式の蒸し器があるだけです。
途中で浸した汁を何度か振りかけて蒸し上げるおこわは難しいと
決め付けていました。
それで、今までのお赤飯は所謂
“炊きおこわ”なのでした。

最近ではこの蒸し器で、美味しいおこわが手軽にそして確実に出来るポイントが分かりました。

もち米だけで蒸し上げるお赤飯は、蒸し器の蓋を開けた瞬間から感激します。
つやつや、ぴかぴか、ふっくら、もっちり、、、思わず 「わぁ~っ♪」 と上げてしまいます。
お米のひと粒ひと粒が味わえて、とーっても美味です。

お赤飯・・・家族のお誕生日には朝から炊いてお弁当にも詰めていましたっけ。。。
それが、近ごろではお食い初めや七五三などと、すっかりまごが対象になってます。^^;
今日は、残っていたもち米で、なごりの栗を使って、旨みの出るきのこやごぼうを入れて
「秋のおこわ」 を蒸し上げました。(^u^)

レシピメモ
<材料>
もち米・・・3合、水・・・320cc-戻し汁分、鶏もも肉・・・1枚、しいたけ・まいたけ・・・1/2パック、栗・・・12個
干しえび・・・大さじ2、茹でたけのこ・・・少し、にんじん・・・少し、ねぎ・・・少し、しょうが・・・少し、
調味料 : 砂糖・・・大さじ2/3、薄口しょうゆ・・・大さじ2、濃口しょうゆ・・・大さじ2/3、酒・・・大さじ3、
      塩・・・小さじ1、がらスープの素・・・小さじ1、
<作り方>
1.もち米、米は洗い、ざるに上げ、水気をきる。栗はむいて水に浸しておく。
2.肉や野菜は切り、(干ししいたけ)、干しえびはそれぞれ戻し、汁はとっておく。
3.この戻し汁に酒、しょうゆを合わせ、水を加えて400ccにし、もち米を2時間ほど浸しておく。
4.大きめの厚手の浅い鍋にごま油を熱し、ねぎ、しょうがを炒め、鶏肉と栗以外の野菜類を炒め合わせる。
5.ここに浸しておいたもち米を汁ごと加え、砂糖、塩を加え、強火で木ベラで混ぜながら、汁気を完全に吸わせる。
6.蒸気の上がった蒸し器にふきんを広げ、ここにこんもりと移し、栗を乗せ、32分蒸す。

[PR]
by gomac_ko | 2007-10-31 20:30 | Foods(料理系) | Comments(0)

粘土

わんわんとうーたん に続いての次女's作品の紹介になります。
d0016727_18473968.jpg
何とまぁ!この小さい事!
私の第一声は 「めがね、めがね。」 (笑)

右下に3粒ほど置いたお豆さん、これは “小豆” ではなく より小さな “ささげ” です。
私の第二声は 「つまめな-い!」 (笑)
撮影するにも動かせなくて、置かれたそのまま撮ったのであります。^^;

これから130℃のオーブンで30分焼くのだそうです。
青いミッフィーは姪っ子コナの髪飾りになるようです。。。
目玉焼きとオムレツは、シルバニアファミリーの小道具で、これもコナのために。。。^^

d0016727_23591282.jpg
焼きあがった後は・・・
      こんなん なりました。 

左のピンチが
      普通のサイズで~す。

大きくして見られま- す。(笑)
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-29 10:04 | Everything(何やかや) | Comments(4)
名前の由来の面白さからか、このお菓子を知ったのは子どもの頃だったような、、、
はるか昔から知ってはいても、作った事も、食べる機会もなかった 『タルトタタン』 です。
d0016727_170714.gif
作り方もいろいろあって、りんごを生のまま型に入れて焼く方法から、
型の底にキャメルを入れたり入れなかったり。
パイ生地も被せて焼く、後から乗せる、はたまたその焼き時間も
30分程度から2時間を越えるものまで様々。(迷うわ~)

型はタルトタタン型も丸マンケ型も持っていないので、φ18cmの丸型を使って、
りんごは1.5kgを使っています。中くらいの紅玉を半分切りで8個です。
りんごをキャラメルで軽くソテーし、焼き時間は80分、パイは後乗せにしました。

これまで作って来なかった理由はと言えば、
何だかしつこそう、、ぐちゃぐちゃなりんごは、、作りたいお菓子は他にあるし、、でしょうか。

But! しかし!た~ッぷりのりんご&パイ地はこの予想を見事に裏切ってくれました。
凝縮されたりんごのお味、とろやわであって、単なるとろやわではないりんご。
トロリしてなお且つしっかり、キャラメル、酸味、サクサク、思わず 「もう一切れ~♪」

今シーズン中にもう一度、少し違うレシピで焼いて見ましょう。
実は、、、全体像の見栄えがちょいとばかり良ろしくありませんでした。
セーフな辺りをパチリと収めた訳なのであります。。。
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-25 21:57 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

ハゼランです。

↓↓↓の小さなピンクの花の名前は、この方から教えて頂くことが出来ました。
知らない言葉を調べる手段はいくらでもありますが、
花の名前は調べようがなくて、知らないままが多かったのです。ありがとう♪

d0016727_1631349.jpg名前が分かりましたので、^^すこし
調べてみました。

ハゼラン(スベリビユ科ハゼラン属) 
学名:Talinum crassifolium

原産地は熱帯アメリカの一年草で、明治の初め頃に鑑賞栽培用として輸入され、
今では公園や道端、庭先などで栽培されたり、野草化もしているそうです。
d0016727_1634449.jpg  ↑朝のハゼラン、しっかりと固いです。

コンクリートの隙間などにも生育していたり、直射日光が当たらない街路樹の下などでも育つと言いますので、逆境にも強いのでしょう。

     →お昼のハゼラン、まだ咲いていません。

面白いことに花が咲くのが
午後三時頃から夕方までなのです。
そんなところから、三時花(サンジカ)又は三時草(サンジソウ)とも呼ばれているそうです。
d0016727_163735100.jpg
と言う事は、午前中や昼過ぎの頃に公園などに  行っても見過ごしてしまう確率が高いのですね。

←午後三時、咲きました!

可愛い赤色であった実も、だんだんと色濃くなって
来ました。
日に日に寒くなって行きますが、
この先はどう変化してくれるのでしょうか。。。
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-24 19:14 | Photo(景色・花) | Comments(4)

線描きチョコクッキー

冷凍庫にクッキーのタネがあるとさっと焼けて便利です。
この時期はバターが扱いやすいので、ストック分を含めて少しずつ作ったりしています。
d0016727_18322061.jpg
ほとんどは家族の好きなアイスボックスものとブールドネージュですが、
今日は気分を変えて、すぐに食べられる分も焼きましょ。

ココアパウダーと刻んだ70%ビターチョコレートを入れたドロップクッキーを焼きます。
スイートチョコレートをテンパリングして線描きし、カカオニブを散らして
チョコレートが固まるのを待っているところです。

ドロップクッキーは手軽で好きなのですが
スプーンで置いた後、フォークでちょこっと平らにするのをつい忘れてしまいます。
今日もしかり、です。
少々こんもりした焼き上がりになってしまいました。。。
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-23 07:57 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

S字サル

すっかり涼しく、と言うより 開けている窓も 換気程度に細くなって来ました。
寒くなる日も近いと思われる今日は 晴れ間をねらって、ワン仔スペースも衣替えしましょう。

                            ビーズがヘタってと~ってもペシャンコにd0016727_18125945.jpg
なったクッションも、とりあえずは
カバーを外して洗濯機へポーイ。

ヌードになったクッションは、あまりにも・・・
さすがにもう御用済みかしらねぇぇと、
そのままリビングの床に頼りなく
放って置きました。

ふと見ると!
まぁまぁ、乗ってます!
寝ています!

4本足でこの上に立つのも
やっとな程に小さくなったビーズクッション。
この上でくるくる回ったかと思ったら
(クレオや、いくら何でもそこは無理よ~!)無理ではなかったのです、寝てました!

『ふわ~っとして、あたたかくて、ほんわかして、ゆったりして、ゴロンなれるの、欲しいわぁ~』 
                                             byクレオ

[PR]
by gomac_ko | 2007-10-21 19:04 | Saliki(ワン仔) | Comments(4)

小さなピンクの花

名前も知らない草花、家人が畑に在ったのを鉢に植えて持ち帰ったのは暑の頃。
茎が十文字の四方向に伸びているのがとても印象的なお花。
その茎はどんどん、すらりと伸びるに従って立ってすっかり秋。
すると、小さなピンクの花が咲き、付いてきた赤い実。

d0016727_22282660.jpg
アメリカンブルーのとなりにその鉢は置かれ、
肌寒くなった今も和ませてくれています。
d0016727_22284357.jpg

[PR]
by gomac_ko | 2007-10-20 23:58 | Photo(景色・花) | Comments(2)
形も揃った 「ベニアズマ」 は甘くてホクホクで、色が何ともきれい!な黄色に感激。
まずは、と焼いたのはオーブンの低温で焼いて、半分に切って、スプーンでかき出して、、、
皮を器に使っての定番のスィートポテト。

まだ残っているので・・・α~ (ー.ー")?" (同じものは気が進まな- い ・・・)
はたと思いついたのが ↓
d0016727_154712.gif
タルトに仕立てみたら、どーかしらん?^^
パートブリゼの上にクレームダマンドを絞り、
りんごの甘煮を並べます。
この上にスィートポテト生地を絞りまして、190℃で40分の焼成です。
(スパチュラで模様を付けたのだけれど、目立たないわ~ ^^;)
d0016727_1541946.gif
ワクワクのカット。
(きれいにカットできたわ~。 うん、底までこんがり焼けてる~。^^ 後はお味だわね。)

お味もなかなか、なかなか良かです
味の変化、食感の変化もあるし、タルト生地ももパリッとサクッと焼けているし。。。

いつも焼いているオーブンの温度を10℃ほど上げてみたのです。
これが大正解のようで、タルト生地がサックサクで goodな仕上がりになったようです。


甘さも、ポテトの固さもちょうど良かった。。。
シナモンパウダーはもっと効かせても良かったわね。 ( ..)φメモメモ
気さくなタルト。少し気取ったスィートポテト。 (*^^)v
ウチの定番の仲間入り~~♪です。
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-17 08:35 | Sweets(甘いもん系) | Comments(8)

アップルスパイスケーキ

この季節ならではの、フレッシュな紅玉りんごを使ったお菓子が続きます。
d0016727_15255312.gif
アップルスパイスケーキはいわゆるバターケーキの要領で作ります。
今回は藤野真紀子さんのレシピで作ってみました。

ココナッツパウダーや、ペカンナッツにラム酒漬けのレーズンもたっぷり入っています。
スパイスとして加えたのは、シナモン、クローブ、ナツメグ、ジンジャーを合わせたものです。
た~っぷり、1時間半かけて焼いた後、ラム酒を打ち、グラスアローで仕上げました。
ちょっと、量が、多過ぎですねぇ。。。^^ヾ
お味的にも、、、う~これだけナッツやドライフルーツが入ると、フルーツケーキです。
フルーツケーキならば、いつものオーブンミトンのレシピの方が断然 良いような、、、 気がします。^^


参考にしたいかな?と、久しぶりにマーサ・スチュアートのHPに行って見ましたら
レシピと共にビデオも見ることが出来ました。
画面は翻訳が出来ても、ビデオは吹き替えにはなってませ-んでした。(笑)
卓上ミキサーをガーガー回したまま、材料を加えながら生地を作っていました。
これがアメリカンな作り方なのねぇ、と半ば感心しつつ見入ってました。


タグ欄が真ん中に来ているので、『あれっ?』 と見て行きましたら、
センター設定を終わらせた後の記事も、コメントも、皆センタリングになっています。~~;?

遡って確認したら、センター設定してない記事までセンターになってます。。。>。<"
プレビューではちゃんと表示されているのですが・・・見難くなってしまって、すみません。
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-16 10:29 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)

アップルパイ2007

ウチのアップルパイもほぼレシピが決まって来ていたのですが
全く同じじゃぁ能がない、と言うより面白くなくて、どこかを弄りたくなる×な性分です。
いつもの通りの速成パイ生地とりんごの煮方、これはもう変えませんので、、、
d0016727_1562617.gif
アップルパイのネックは底の部分がどうしても湿ってしまう事。
とは言っても、スポンジを敷いたりするのはちょっと違うような気もしまして。。。

いつまでも湿気ないでパリッとサクッと食べられるように、少し焼き方を変えました。
変えた?・・・単純に空焼きをしただけです。^^ヾ

それで底までこんがり色が付いてサクッとしてます (*^^)v
空焼き後、ドレをして50秒焼き、クラムをホンの少々振って、冷めたりんごを入れました。
クラムは冷凍庫にあったので、思い付きで おまじない程度に ほんの少々 気持ち程度に 振りました。

これはなかなか good な焼き方でした。
時間が経っても、底の部分の生地は全然湿気て来ません(*^^)v
こんがり色の層になったままです。Berrygood

難点がひとつ・・・パリパリで崩れがちでカットが上手くできませ~ん。^^;
焼き時間が長過ぎた?課題がまた生まれました。


カットの方法は・・・
[PR]
by gomac_ko | 2007-10-14 00:24 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)