お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

久方ぶりにひとりで過ごしています。
手軽な生菓子を・・・と、冷蔵庫をあさってみました。

ルセットはラ スプランドゥール 藤川浩史シェフの ルレ オランジュ キャラメル からです。
オレンジを使うと子供っぽくなってしまうところをキャラメルのほろ苦さで
おとなに仕上げたロールケーキです。

中のクリームは、オレンジとキャラメルを使ったクレーム オランジュ キャラメル。
キャラメルは他の生地アンビバージュ、にも使っています。
ひと言にキャラメルといっても、使うすべてを一緒に作って分けるのではありません。
それぞれに配合が違うので、その度に小鍋で作るのであります。^^;

焼き上がって紙をはがすとキメが粗い・・・
作っている段階で、生地はいい感じだったのに・・・
見栄えもよくないし・・・仕方ないから焼き色を外に出して巻きましょ。
d0016727_13314688.jpg
カットして、恒例の端っこを試食。。。
それが、ふんわり、しっとり、やわらか!^^! (なのに、何故にこの見た目なの?!)

キャラメルの焦がし加減がポイントと言うクリームも何とも good 。(*^^)v
ほろ苦さとオレンジの風味がちょうど良いのでした。^^♪
暖かくなった春の日にぴったりなロールケーキになりました。
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-29 23:56 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)
冬のようにコートとマフラーの日もあったかと思うと、上着が邪魔なほどの日が来たり、の3月。
東京の小石川後楽園ではすでに満開だと聞きましたが、ほとんどは咲き始めか五分咲きのようです。

d0016727_2223557.jpg
満開の元を歩いてみたくなります。

[PR]
by gomac_ko | 2008-03-26 22:29 | Foods(料理系) | Comments(6)

お菓子の本

d0016727_23323218.jpgお料理のKIHACHIシェフは大々ファンであり、
幻の、心の師匠でもあります。
同じようにお菓子でとても気になる
(Big fan & favorite chef )シェフのおひとりが
コヤマススムシェフです。

ショップやお教室は神戸三田にあるので
体験する機会はなかなか巡って来ません。
そのコヤマシェフの 「Beginner's Trick」 は
基本テクニックのDVD付きで発売です。

これはかなり気になります!♪
本ではどうしても正確に理解しきれない部分も繰り返して
動画で観ることができるのですから。

配合や手順ばかりではなくて、「なぜそうするか?をちゃんと理解する」 のが大事。
100のレシピを覚えるより 「100の基本を覚えること」 が大事。
と仰るシェフの、気になる新刊本です。
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-25 08:57 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

原宿瑞穂の豆大福

神宮前の交差点から表参道ヒルズに向かう途中の路地を少し入った隠田商店街に
そのお店があります。(郵便局の少し先です。)

「まだ有りますか?」 後から入ってきた老紳士は少し心配そうに声をかけていました。
「ありますよ。」 紳士はホッとした様子で笑顔を見せ、順番を待っていました。。
d0016727_032043.jpg
5~6人も入るともういっぱい、なほどの店内には      (風の強い日でしたので暖簾が・・・)
この豆大福と最中とお赤飯しか見当たりませんでした。
季節には桜餅や水羊羹、栗蒸し羊羹などがあるそうですが。
d0016727_9551174.jpg
ずっしりと重い、その大福はお餅とお豆と餡がとても心地良いバランスです。
単に甘さ控えめなどと云う表現で済ませたくない程よい甘さと練り加減の餡は
お餅の柔らかさ、お豆の歯に当たる食感と、ひとつのお菓子になって和ませてくれます。
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-24 18:28 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

はじめはパン・ド・ミ

淺野正己さんプロデュースのパン屋さんを初めて知ったのは
南青山のデュヌラルテでした。
昨年11月には表参道GYRE(ジャイル)にも、ほかには吉祥寺のダンディゾン、
新丸ビルのPOINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)、三越のミディ ア ミディなどがあります。

→ 『パンの本を借りたけど見る?』 と娘が持って来たd0016727_17152484.jpg
目を惹くその本のタイトルは、
「こねない、丸めないパン 私にも焼けます

パンと言えば、発酵そして、しっかりこねたり、
丸めたり、するものですが、
淺野氏率いるチームグルテンヌの開発したのは
ひとつのボウルで混ぜ合わせてく、というもの。
焼き立てをフレッシュなうちに食べきれる、
そして、私のように技術がなくても扱いやすいように
考えられた粉の量は100g、でつくるのです。

パンは上手く焼けたり、ダメだったり、、、でしたが試してみたくなりました。
夕方仕込んで、冷蔵庫で3時間~24時間発酵させた後、型に入れて休ませて焼くのです。

形はちょっと違うけれど(分母が100gと少ないので型のサイズも大事かも)、焼きあがりました。(*^^)v
d0016727_14153541.jpg

フランスパンっぽくて皮がパリッとしっかりとして、中はふんわり しっとり もっちり ♪
これが、粉と塩とイーストと水、そしてグラニュ糖が1gから成り立っているのです。

天然酵母のパンは長女にお任せしてます。^^; わたしはイーストでのパンがやっとです。
さらに、フランスパンなんて焼けないけれど、っぽい、らしき食感の
焼きたてのおいしい食べきりサイズのパンが焼けて嬉しいランチになりました。
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-21 23:41 | Bread(パン) | Comments(2)

オーブン粘土

何やら手に持って台所でオーブンを使っていた二女。
彼女はお菓子やお料理を作る事は滅多にありません。
なので「?」と思っていると、30分ほど焼かれて現れたのは・・・ (*^_^*)
あまりの細かな作品たちに仰天したのであります。\(◎o◎)/!

春は「さくら」の髪留めです。
d0016727_16104484.jpg
こちらは蛙さんと羊さんがた~くさん
d0016727_16171753.jpg
羊さんたちはカブの栽培で救われました・・・
d0016727_16173377.jpg
HAPPYBIRTHDAY、CONGRATULATIONS、THANK YOU・・・
d0016727_16185041.jpg
4月はランドセル、5月はお節句の羊さんと蛙さん
d0016727_16191292.jpg
替わって、12ヶ月の花シリーズのピアス
d0016727_16143073.jpg
ピアスたち
d0016727_16143978.jpg
まあ、どれも可愛らしくて針仕事用のめがねをかけても細かさは良く見えませ~ん。(>_<)
口紅の底の印字を裸眼で難なく見えていた、などはもう化石化していますから、
画面で大きくして見ました。
見れば見るほどに (≧ロ≦) (@_@) (^◇^ ;)

[PR]
by gomac_ko | 2008-03-19 23:58 | Everything(何やかや) | Comments(6)
そして、前々から作りたかったゲランドのお塩を使った塩キャラメルを。
クルミの入ったイル・プルーのレシピですが、これが止められない、止まらない。
d0016727_16364356.jpg

ぐりの春の服を編んだエミーグランデで
残り糸消費策の小さなドイリーが数点編み上がりました。^^

d0016727_1901061.jpg

for me
タグに困りました。今でも多過ぎてすべてが表示されていないのに、これ以上増やせないし、後で探す時に少しでも
分かりやすいように・・・考えた結果「クッキー系」にしておく事にします。

[PR]
by gomac_ko | 2008-03-16 18:36 | Sewing、knitting(針) | Comments(6)

レース編みで春の服

春の雨の昼下がりです。
一週間もすると、もう春分の日なのですね。

新作ワン仔ウェアは春らしくレース糸のエミーグランデ、編み針は2号鈎針を使っています。
首周りと裾のふち編みのフリルが可愛らしくて編みたくなった一着です ♪
d0016727_16313548.jpg
我が家のチワワ犬 “ぐり” の体型に合わせまして・・・
丈を長めに、胴回りはゆったり目に ^^;; 編んであります。

ワン仔服の丈の短いのはどうも好きではありません。
お尻までちゃんとカバーして春のお散歩♪
d0016727_16315483.jpg

[PR]
by gomac_ko | 2008-03-14 11:19 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)
出来上がった夏みかんのピールを使って、パウンドケーキを焼きました。
レシピは安食シェフのアレンジですが、オレンジと夏みかんは似ているようでそうでない…

パウンド1本には2週間かけて炊いた夏みかんのピールが1個分入っています。
ぽってりと炊き上がったピールを刻んでいる時から漂う香りが心地よい ♪
粉は焼き菓子用に愛用している「チホク」が欠品中なので「ドルチェ」を、
そして、スペイン産マルコナ種のアーモンドプードルを合わせました。
クッキー用の粉は「クーヘン」を使う事が多いです。
d0016727_16222787.jpg
夏みかんだからか、手作りのピールのためか、とてもやさしい仕上がりです。
別立てにした生地によく合っていると思いました。
4~5日も経つと、生地とピールはやさしく馴染んでひと味違うおいしさになっていました。^^
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-12 00:16 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

夏みかんのピール

ママレードに続けて初めて作ったのは、2週間かけて炊いたピールです。
よく見かけるように乾かすのではなくシロップごと瓶詰めしておきます。
オレンジ色が濃くなって、ぷっくらとした透明感の出た皮が何とも言えません。
d0016727_16173715.jpg
空気に触れさせて固くなったり、保存中にカビが発生してしまったり
してしまったりするのはかなしいものです。
長く保存しておく事が出来るように、ガラス瓶にシロップ浸けにしました。

ママレードの場合、炊き過ぎは禁物だと体験しています。
浅めの炊き加減の方が香りも風味に格段の差があって、
それは自家製ならではの美味しさであるとも思っています。
d0016727_16182540.jpg
新鮮な果物の色と香りが感じられる柔らかめが好きです♪
「今がおいしいですよ!」 と言ってる果物の声を聞いて仕上げられたら、素敵です。
その時と同じような気持ちで、またお鍋に向かいたいと思います。

覚え書き
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-10 22:58 | Sweets(甘いもん系) | Comments(6)