お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

cubeポーチ

カメラを部屋に置いておくとき用に作りました。
日常たびたび使うカメラさん、その度にきちんと仕舞うのもちょいと面倒チック。
かといって出しっ放しはなりません。
サッと入れて、キュッと紐を引いておけば良いかな?と。
持ち歩き用ではないのでハード芯やキルト芯は入っていません。
d0016727_0173383.jpg
元のパターンはりんごが1個入るくらいで小さくて可愛らしいものです。
SnowwinGさんの無料DLによるパターンをカメラに合わせて大きく(+αアレンジ)しました。
四角く縫いますが、返し口を残してひっくり返しますと、
あ~ら!裏付きのポーチが出来上がっています。
d0016727_11373825.jpg
可愛い小さなcubeも良いでしょうね。
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-29 12:33 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)
d0016727_2345837.jpg

d0016727_22531758.jpg 昨年は「2」 のケーキでしたが、今年の3歳の
それはペネロペとハートのデコレーションケーキです。^^
バースデーケーキはコナのマイブームにぴったり!(*^_^*)

メッセージは入れないから、と油断していました。
『3』 が逆!
          ま、これも愛嬌ってことで・・・(^_^メ)


3歳児なので全てをチョコレートにはせず、プレーンなジェノワーズを3段にスライスして
白いクリームシャンテリーと桃のシロップ煮をサンドしました。

真夏のデコレーションケーキは作業も素材調達も大変ですが
このパータデコールでのデコは可愛らしくて、喜んでもらえて、ちょっと気に入りました。

初パータデコール作品は成功 (*^_^*)
生地はジョコンドなのでしっとりとして風味が効いてこれだけ食べてもとても美味しくて、
絵を描くのも下絵を写していかれるので画才がなくても大丈夫。^^v
d0016727_22512998.jpg
実は・・・描いていたデザインとは違ってしまったのであります。
チョコレートシャンテリーが思うように出来なくて、いっ時慌ててしまったのであります。

ナッペの後冷蔵庫で落ち着かせて、周りを絞ったのですが、これがデレデレ~~(泣)
ど~~しよう~、作り直そうにもペネロペちゃんを乗せてしまったし、、、
暫し考えた。
思い切って絞った分をスパチュラでなぞって無かった事に・・・(汗)

ジェノワーズもキメ細やかでしっとりとして、
問題のチョコレートクリームもいただくには何ら問題はなく、美味しいケーキでした。
Happy♪(*^-^)ノ”ⅲ Birthday  KONA
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-23 23:34 | Sweets(甘いもん系) | Comments(8)

チューリップハット

すっきりした感じの、コナ用のチューリップハット。
ひらひらとしているのも可愛いのですが、gomaの好みとしては断然こちら。
リネンと羊ちゃんプリントのリバーシブル仕立てです。
d0016727_0162798.jpg
6枚のパーツの合う頂点は縫い代を一方方向に倒していってアイロンをかけます。
そうすると穴が開くことなく、きれいに仕上がります。・・・カメラの絞りのようですね。^^
d0016727_12203792.jpg
縫い代は割ってその両側に端ミシンをかけますが、
色の合う手縫い糸があったのでこれを使ってみました。
適度なツヤと糸の太さが大げさでなくて成功^^。

反省点 : 端ミシンの針目は変えるべきでした。。。
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-18 13:58 | Sewing、knitting(針) | Comments(4)
ベージュの地に焦げ茶色の模様、やっぱり落ち着きます。
これはgoma用のしじみきんちゃくとこの残り布で作ったミニグラニーバッグ。
d0016727_044034.gif

d0016727_093267.jpg
持ち手を少し長めにしたので肩に掛けられて便利♪

お財布と携帯を持ってお散歩の時などに重宝してます。
好きな風合いの、好きな色合いの、好きな形のバッグは
持っていて気分もしっくりして来るものです。
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-16 12:05 | Sewing、knitting(針) | Comments(2)
今月は早い日程でお願いしていたので
お教室の日が早くやって来て、嬉しくて得をしたような気分になるのは何故?^^

Ⅰ.夏のカクテル「スイカ」(ノンアルコール版)
d0016727_1023578.jpg
冷たく仕上げたいカクテルも氷を使ってしまうとスイカは水っぽくなってしまいます。
そこにはちゃんとあります、ルセットが。
しっかりと冷やしたグラスの縁には粉のように細かな塩を使って、スノースタイルです。

Ⅱ.夏のオードブル、3種
d0016727_2120934.jpg
 A.ハムのジュレ寄せ 
   アイスバイン、鶏のささみハムも入ってハムだけでも色々、
   ブリュノワーズにカットした野菜が加わった彩りと透き通ったジュレが涼やか。
   ただ冷やし固めたのではこれ程に仕上がりません。
 B.季節野菜のピクルス、蜂蜜の香り
   其々の家庭で違うピクルスのお味も今日は魔法のお酢で絶品の仕上がりに。
   野菜たちの火入れ加減こそが技で、どのお野菜もじ~っくり味わってしまいます。
 C.貝類とキノコのココット、エスカルゴバター
   殻の中にたっぷり詰まったサザエとキノコたち。
   エスカルゴバターがきれいな緑色に仕上がるルセットは覚えましたよ。
   フランスパンとの相性が良くて、パンが早めに供される理由(わけ)が分かります。

Ⅲ.フランスパン
Ⅳ.桃のスープ
d0016727_21211337.jpg
 季節の桃を使ったお口直しの冷たいスープにはピンクのハートさんが描かれていました。
 『コブレットでお願いします。』 などと聞こえていました。。

Ⅴ.白身魚のポアレ、生姜風味のアサリのソース
d0016727_1239577.jpg
お魚は真鯛、皮がパリッとして身はしっとり、副材料は先生厳選のアサリです。
手の込んだソースがきれいで、それ以上に美味しくてパンに付けて残さずいただきました。
あっさりした仕上がりになっているとは言っても、ソースが命のフランス料理です。
そのコク、旨み、舌触り、風味・・・尽きない美味しさです。

Ⅵ.ホワイトチョコレートのクリームブリュレ
Ⅶ.珈琲 or 紅茶
d0016727_2121249.jpg
表面がパリパリッとして口の中で心地よく踊ります。
ホワイトチョコレートの入ったアパレイユは静かなコクが魅力です。
先生が何度も何度も試作を重ねたルセットの数々に、、、何度頷いたことでしょう。

     *****     *****     *****     *****

ルセットを手にした途端から嬉しくて心の中で手を叩いていました。
ワクワクするようなメニューが並んでいて、頭の中で一生懸命想像していました。
描けるようなルセットではないのに・・・

私なんぞ、とある日のメニューを考えるのに一年ほど前から取り掛かることにしています。
先生と云えどそれを毎月熟し続けるには相当な仕事量を要していると思えてなりません。
材料の調達までにも時間と手間をかけて、家庭でも出来るルセットと、そして
美味しい味を求めて止まない心、全てを教わりたいと思います。

しかしながら、と~~っても悔しいのが これまでのお教室に通えていなかった事。
長きレッスンの内容を私はそのほとんどを知らない事。
こればかりは如何ともし難いという事。
その分これからは見落としがないように吸収させていただきます!
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-12 18:55 | Foods(料理系) | Comments(2)

バンクポーチ

昨年作ったハワイアンキルトの通帳ケースもしっかり愛用中ですが、これは麻混布製です。

返し口を残して縫って、ひっくり返したところです。(しわが・・・、リネンのしわ・・・^^)
きれいにして、ボタンを選んで付けると完成です。
d0016727_23341019.jpg
全体が大きなポケット(袋)になっていて、二つ折りにしてボタンで留めます。
開いて見ると・・・
大事なもの用にファスナーポケットと3枚分のカードポケットが付いています。
d0016727_23344147.jpg
SnowwinGさんのバンクポーチのパターンから、?と思う点を少々アレンジして進めました。
d0016727_23372682.jpg
其々の布合わせは、ひとつのポーチに5色、決まるまであれやこれやと考えます。^^
その中のひとつにしじみきんちゃくの日本手ぬぐいを使いました。良いです、手ぬぐい。
d0016727_23375785.jpg
もう少し布小物作りが続きそうです。^^

《業務連絡》
Yさ~ん!
聞こえますか~?
どれがお好き?(^_-)-☆

表地 : YUWA麻混
裏地 : キャシー中島オリジナルむら染め、ギンガム、日本手ぬぐい
芯地 : カード入れ口に薄口テープ
パターン : 元はSnowwinG
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-09 23:45 | Sewing、knitting(針) | Comments(5)

しじみきんちゃく

布小物制作が続いています。
ハワイアンキルトで作りたいところなのですが・・・ Hawaiian<時間 ^^;
d0016727_10463474.jpg
小さな巾着なのですが、この丸みの感覚が何とも気に入りました。
返し口を残して縫って、ひっくり返す作り方なので、リバーシブルになっています。
ハワイアンキルトにも云えますが、曲線、丸み、ぷっくり、ふかふか、に惹かれるのです。
体形から共感を呼ぶのかしらね?(笑)

はる~~か昔、描いた絵で しっかり記憶に残っている1枚があります。
「青と緑で描いた」 それはテーマこそ覚えていませんが、全てが曲線から成っていて
不思議な感覚で自分にす~っと受け入れられた作品なのでした。
(漠然とし過ぎて分かりませんね~~;;この頃からの曲線好きのようです)

裏布、これは日本手ぬぐいです。
戸田屋商店の「梨園染め」になる手ぬぐいです。
生地全体に染料を注ぎ込みの後、染料を抜いて絵柄を出していく染めの技法だそうです。
d0016727_10274199.jpg
こちらにも素敵な手ぬぐいがたくさんあります。
額装仕立てにしたい 花火柄のアートな手ぬぐい も毎年簡単に飾られているgoma家 (泣)
赤ちゃんや子供の甚平さんやサマードレスに仕立てたくなる柄もたくさん!
他にもいろいろな使い方が生まれそうで楽しい再発見の手ぬぐいです。

表地:YUWA麻混スラブウォッシュ
裏地:日本手ぬぐい
芯地:なし
紐:オーガニックリネン
パターン:snowwingG
[PR]
by gomac_ko | 2008-07-07 13:54 | Sewing、knitting(針) | Comments(4)
四国地方では梅雨明けしたとか、こちらでも今日は蒸して夏を感じます。

オリジナルレシピによるお菓子は久しぶりです。
こう蒸し蒸しして来るとゼラチン系の冷んやり&すっきりしたお菓子が欲しくなるもので。。。

レアチーズケーキも定番のプレーンなタイプに、いちごマンゴー
ラズベリーブルーベリーなど いろいろ加えてアレンジを楽しんでいますが
今回は、デザインのアレンジです。

パッションフルーツとラズベリーのジュレを水玉模様に置いています。
底に敷いたのは卵白消費のダックワーズ生地を丸く絞ったもの、
白ワインのグラサージュで、透明感のあるの可愛いさを狙ってみたのですが。。。
d0016727_1459862.jpg
アングレーズソース系のレアチーズケーキに残っていたサワークリームを15gほど加えて。
この、あっさりし過ぎない生地がピュレを使ったジュレとの馴染み加減がとても良ろしい。

酸味のパッションフルーツと、爽やかラズベリーのジュレとの相性もマッチング~!☆ヾ(^^ )
口に運ぶたびに異なる舌触りと食感が楽しめるケーキになりました。

底生地はダックワーズd(^0^)b レアチーズケーキの時に度々登場しそうな予感です。
今日のチーズ生地にはジェノワーズでは頼りなかったかも知れない、
シュクレではしっかりし過ぎたかも知れない、、、
半ば卵白消費作戦であったけれど、良い感じで、しっくり来ます。
当たり!な選択でした。

オリジナルお菓子の時はこんな感じでプリントアウトしてキッチンに貼って作っています。^^
d0016727_22394613.jpg

[PR]
by gomac_ko | 2008-07-04 21:59 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
日本の「ピエール・エルメ」でシェフを務めるリシャール・ルデュ 氏。
d0016727_11451972.jpgパリのフォション時代からエルメ氏の右腕として活躍する、
エルメブランドにはなくてはならない存在であるリシャール・ルデュ シェフの講習会に参加する機会に恵まれました。

ルデュ シェフ、元はキュイジニエ(料理人)で、
パティシエ(お菓子職人)、ショコラティエ(チョコレート職人)、ブーランジェ(パン職人)の国家資格を持ち、
3つ星レストランで知られる「ピエール・ガルニエール」で
スーシェフ(実質的に料理長)を努め、そしてパリに戻り、
今度はパティシエとしてフォションに入り・・・と、
素晴らし過ぎる食の職人さんです。
                             Macaron Wasabi マカロン・わさび / 画像はPHより


それ以上に素晴らし過ぎる!のが講習の内容です!
レジュメを見たその時から、お菓子な心は一気に高揚していました。

テーマはエルメ氏自身も大好きという"アンフィニマン・バニーユ"のシリーズ。
バニラ=香料ではありません。
主役がバニラ、しかも 「産地の違う3種類のバニラの驚くほどの使い方」 のエルメです。

↓ これら全ての過程を間近で、シェフの動きを見せていただく事が出来ました。
d0016727_2173153.jpg

タルト・ヴァニーユ
  パート・シュクレ、バニラ入りのガナッシュ、バニラを滲み込ませたビスキュイ・キュイエール
  バニラ入りマスカルポーネクリーム、バニラ入りのミロワール・イボワール、
エモーション・ヴァニーユ
  バニラゼリー、ビスキュイ・ジョコンド、バニラ入りババ、バニラ入りマスカルポーネクリーム、
  バニラ入りホワイトチョコレート、
マカロン・ヴァニーユ
  この講習はなくて、おみやげでした。^^
エクレア・ヴァニーユ
  バニラ入りクリーム、バニラ入りのガナッシュ、
サブレ・ショコラ・バナーヌ
  半乾燥バナナ入りのサブレ生地、エクストラビターのチョコレート、
グラス・ヴァニーユ
  バニラシャーベット、バニラアイスクリーム、

どうしましょう~~!O(≧∇≦)O
これほどまでに、エルメのルセットで直々に教えていただけたのが信じられないほどです。
(ZOPFのサンドイッチと三宅シェフの手によるランチも素晴らしい。^^)

さ、goma レシピに生かして作れるようにメモを纏めましょう。
美味しい笑顔が見られるように。。。   
                                         シェフのバッグ・・・
d0016727_21104126.jpg

[PR]
by gomac_ko | 2008-07-03 11:39 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)