お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

栗のマフィン

d0016727_12261038.gif
今秋の栗のお菓子はマフィンから。

生地にパートドマロンをさっと混ぜ込んで、中にシロップ漬けの栗を一粒 忍ばせて。
後ろ側のはクランブルをトッピングして、食べ比べです。

『いろいろと大物壊れる異変の夏』 のgoma家 ではそれに伴い家中が大変な状況に
陥りまして、未だに通常稼働しておりません。

お菓子つくりはもちろん、お料理でも、針ものでも、周りが片付いていないと
手を付ける気分にはならないのです。
特にキッチンものは整頓された上に気分的にもゆとりが持てる時でないと
美味しい仕上がりにはならない、と云う信条を持っています。(単なる性分ですけどね。)

なので、、、しば~~らく大したものは作っておりません。
すると、、、時々甘いもの禁断症状が現れてお店で買ったりしました。
しかし、、、甘いものが口に入るだけで満足感はいまひとつなのでした。
やはり、、、慣れ親しんだgoma味が一番恋し(オイシイ)かったりします。
それで、鈍った腕馴らしにマフィンを焼きました、とさ。^^
d0016727_1239361.jpg
クリ、栗、くり、マロン・・・作りたいものをたくさんリストアップして、レシピを書き出して、、、
りんごのトルテウィーン風、オペラ・レジェール抹茶、9月のアントルメ(9月は今日までよ~)、
プリントアウトまでして、、、ファイルに綴じて(溜まっていく~)、、、
すぐに取り掛かれるようにスタンバイをしているのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by gomac_ko | 2008-09-30 14:43 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)
8月はお休みでしたので2か月ぶりのレッスンでした。^^
Noe先生のお教室のテーマは8月に旅行されたベトナムのお料理でした。
中華料理がベースになっているためなのか、東南アジアの他の諸国と比べて
ベトナム料理は香辛料は控えめでマイルドな味わいなので食べやすいですね。

Ⅰ.トマトのシントー
フレッシュな果物とコンデンスミルクを使ったシェイクですが、今日はトマトです。
興味深々でしたが 『お~いし~ぃ』 後からトマトの風味が現れて感動的なシントーでした。
フルーツの豊富なベトナムではその種類がとても多く、
お店には 『どのシントーにしますか?』 と、ずら~~っと並んでいるそうです。
d0016727_1643656.jpg
Ⅱ.春菊と豚ひき肉のスープ
スープストックは使っていません。
使っているのは普通の“水”なのですが、これが驚きの良いお味を出しているのは
Noe先生のルセットの技なのです。
d0016727_16432492.jpg
Ⅲ.空芯菜の炒めもの
中華料理でも見かけますが、NOE先生の手にかかると・・・
ニンニク・塩コショウなどで味付けされているシンプルなお料理であるのに、
単なる炒めものではなくなります。
d0016727_16434522.jpg
Ⅳ.揚げ春巻き
アンコールメニューだそうです。
パイナップルをカットしたデコレーションは(中にキャンドルが)盛り上がりますね。
生春巻きの皮でもメッシュタイプを使ってカリッと揚がっています。
このメッシュタイプは入手困難なのが玉に瑕ですが、そこはちゃ~んと普通の皮を使う時のポイントを教えていただきました。
d0016727_1644298.jpg
Ⅴ.串焼き肉
先生のルセットで焼いていくとベトナムの風が吹いて来ます。
これはレタスの上に生春巻きの皮、ビーフン、ピクルス、お肉、と置いてクルクルっとして
ヌックチャムをつけて、お口へあんぐ!
d0016727_16441747.jpg
Ⅵ.ニンジンと大根のピクルス
ベトナムではいろいろな場面でよく出てくるそうで、お口がさっぱりします。
お口直しと云った位置づけのようです。
d0016727_1644273.jpg
Ⅶ.ベトナムの五目土鍋ご飯〈コム・タイ・カム〉
土鍋に入れて炊くか、もしくは具と混ぜたご飯を土鍋煮いれて底に焦げ目をつけたご飯。
これが、また!、豪華版なのです。
骨付きの鶏でスープをとり、レモングラスなどと炊き込みます。
具材は肉に野菜にシーフード、、、「まだ乗せるのですか?!」なほどにた~っぷりと。
更に更に、蒸らしてふたを開けてからもトッピングの嵐。
ご飯とスープだけで立派な献立になりますよ。
d0016727_16444890.jpg
Ⅷ.ベトナムコーヒーとフルーツのチェー
ここでのフルーツも色とりどり、メモしきれないほどです。
ココナッツミルクとタピオカと共に冷た~くしていただけるルセットです。
d0016727_16445839.jpg

     *****     *****     *****

再来月のテーマはクリスマス料理なので、来月のレッスンは簡単フレンチになるそうです。
そう、もうクリスマスですね。
我が家でもgoma なりにメニューを練り込んで行ってます。^^
でも急きょNoe先生のメニューになるかも知れません♪ もうワックワクです。
初めてのクリスマス~お正月ですから。。。
[PR]
by gomac_ko | 2008-09-26 22:38 | Foods(料理系) | Comments(8)

離れて・・・

d0016727_1715117.jpg
キャッチコピーは 『駆け抜ける歓び』 ですが、さすがに駆け抜けたりはしません。(笑)
ドアを閉める時の重厚感、シートの硬さ、オレンジ色のメーターライト、
走っては車体が地面に吸いつくような重心の低さ、
カーブではそれがしっかりと感じられました。
遠心力で引っ張られる感覚はなく安心してハンドルを切って走りました。

そのハンドルは重くて手のひらでクルクルなんて無理、しっかり両手で回します。
安定したゆとりの加速の走りを、お別れを、全身で感じて参りました。
どれもが魅力的で、運転していて愉しい車さん、ありがとう。

乗り換えるために車屋さんへ走る途次、信号で停まるたびにあちこちをなでなで。
まるでワン仔をさわさわする時のようで、、、とても名残惜しい片道ドライブでした。。。
これまでgoma家族を無事に運んでくれて、ありがとう。

[PR]
by gomac_ko | 2008-09-21 17:29 | 328 i Coupe(車) | Comments(6)

プティ・バッケン

PCがvistaに替わった春先から始まったいろいろと大物壊れる異変の夏のgoma家。
  (一句詠んでいるばやいではないぞい)
そこへ来てオーブンまで黄色信号・・・か?(泣)
んで、オーブン話題です。
d0016727_22143152.jpg
プロが普段使っているオーブンの焼成能力を持った家庭用オーブン『プティ・バッケン』
上火、下火の調節が出来ます。
粗火、軟火、極軟火の調節も出来ます。
ダンパーは奥と前で調節が出来ます。
密閉性の高い扉は特殊構造から出来ています。
カラーは5色から選べます。
架台ラックやホイロもセット出来ます。

重量は95kgもあります。
10月頃には価格改定(値上げ)されるそうです。
d0016727_22144993.jpg
後ろの南蛮窯でカステラを焼いてみます?
ある範囲、 “道具がものをいう” のも確かなのよね~(沈黙)

PC+プリンターに続いた第2弾が壊れたばかりの頃に、
(まさかその後も更に大物潰れが第3弾第4弾第5弾と続くとは露知らず)
間近で、この目で、この手で、体験できる講習会に参加できた時の画像です。

さあぁ、、、今日も一日元気でがんばりましょ!

予算的に・・・
[PR]
by gomac_ko | 2008-09-10 22:12 | Everything(何やかや) | Comments(2)