お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BirthdayはAnniversary

1年をかけて計画してきたアニバーサリー連休を無事に過ごし、現実に戻りました。
d0016727_149568.jpg
その素晴らしい休暇は計画を考えはじめた時から始まっています。
それが旅でも、パーティでも、メニューでも、
こうしたら・・ああしたら・・喜ぶかな?
あ!こうしたら?どう??と、
はしゃぐ姿や目を丸くして喜ぶ顔を思い描いて、
予定を考えるのはとても楽しい時間です。

この日、
何といっても、この世で最高の、Best best daysでした。
台風の特異日にして天候の不安からインフルエンザの心配までの全てを一掃する
秋晴れ好天気の中を元気いっぱいでスタートできました。

-8ヶ月の赤ちゃんから還暦過ぎまで誰ひとりも欠けない三世代全員最高のdaysでした。
そのひとりひとりからの、有形無形の最大のプレゼントを受けた最高のdaysでした。
そのひとりひとりが、得意の分野で率先して計画を後押しくれた最高のdaysでした。
そのひとりひとりが、予想を超えて楽しそうに喜んでくれた最高のdaysでした。
チビらを含め誰もいっ時も気分を損ねるようなことはなくて笑顔笑顔、最高のdaysでした。
家に戻ってからもこれからの過ごし方を確認出来た最高のdaysでした。
みんなの口から自然にこぼれる言葉が 「楽しかったね!」 (*^^)vの最高のdaysでした。

みんな、みんなほんとうにありがとう。
☆⌒(*^∇゜)v
[PR]
by gomac_ko | 2009-09-28 12:19 | Event(行事&行事食) | Comments(2)

留守にて候

d0016727_020674.jpgみんな揃ってお出かけします。(^-^)
おとなも子どもも赤ちゃんも、み~んな一緒です。

d0016727_0365874.jpg楽しい顔をたくさん見て
うれしい思い出をしっかりと
残しましょ。
[PR]
by gomac_ko | 2009-09-22 17:30 | Photo(景色・花) | Comments(2)

牛テール

d0016727_2256445.jpg

おやつの定番はヨーグルトのクレオですが
今日は牛テール(の先)をガジガジ!

riママ、ごちそうさま ^^♪

[PR]
by gomac_ko | 2009-09-22 16:55 | Saliki(ワン仔) | Comments(2)
恒例の研修旅行は、、今年の夏はインドネシアと京都に行かれたノエ先生。
一度は泊まりたい憧れのホテル~シンガポールのラッフルズ・ホテル。
ここで 「ラッフルズ・カリナリー・アカデミー」 に参加されたノエ先生。

今月のお教室はラッフルズレシピの登場です。

Ⅰ ビール(ノンアルコール)
Ⅱ Assam Prawn Clay Pot (海老とパイナップルの酸っぱいスープ)
d0016727_22222299.jpg
供されてスプーンでひと口ふくんだ瞬間の感動に値する美味しさたるや 『!』

豊かでまろやか、控えめな程よい酸味の中に海老のコクとタマリンドの・・・etc.
パイナップル、完熟トマト、タマリンドと云った其々の酸味がいい塩梅に重なってます。

それらを上手くまとめてくれているのはポムデンなどのアジアンな野菜?スパイス?
さらにチキンストックと有頭海老の旨みが重なって・・・etc.
『Moving delicious 』

Ⅲ Bak Kut The 肉骨茶 (豚スペアリブの薬膳スープ煮)
d0016727_22473645.jpg
d0016727_22475848.jpgシンガポールのホーカーズ(屋台)で人気の肉骨茶(バクテー)は港の人夫の元気づけの朝食として
食べられているそうです。

骨から崩れるように外れるスペアリブ。
クセがなくスーッと体に沁み入るような、
味わったことのないような、
それでいて馴染み易いお味です。

添えられたケチャップマニスとケチャップアシンなどから成るソースがいい脇役です。
やさしい薬膳スープは一滴残さず飲み干しました。(笑)

Ⅳ Spicy Long Beans (マレー風 インゲンの炒め物)
d0016727_22564725.jpg
調味料の成せる技なのでしょうか、この旨みと食感がポイントです。
この調理法でいただくとお野菜がたくさん食べられます。
ビールのお供にgood、お弁当にもgoodです。

Ⅴ Hainanese Chicken Rice (ハイナンチキンライス)
d0016727_22481885.jpg
シンガポールの食を語るのに欠かせない定番メニューのひとつが
本日のメイン料理海南(ハイナン)チキンライスです。
d0016727_22483793.jpg

d0016727_22305621.jpg丸鶏を煮込んで(?)、
そのチキンストックでご飯を
炊き上げます。

その鶏の火入れ法は今までに
見たことのない方法でした。
ほんの少しの手間と時間を使う事で肉汁を十二分に含んだ鶏肉になって、
そして3色のソースが添えられます。
赤いチリソース+白い生姜ソース+↑ の黒いケチャップ(醤油)ソースです。
<注>↑ 生姜ソースの生姜は卸しではありませんよ。みじん切り!です。

〈メモ〉
バリの醤油のケチャップアシンとケチャップマニス
バリの代表的チリソースのサンバルアスリ


Ⅵ 豆乳のパンナコッタ、中国茶のジュレ添え
d0016727_22243625.jpg
芳香漂う茉莉花茶のジュレが乗せられています。
そして赤いクコの実だけが添えられています。
これぞ究極のとろふる感のノエ先生オリジナルのパンナコッタでした。

Ⅶ コーヒー or 紅茶
インドネシアは 「トラジャ」や「マンデリン」のコーヒー豆の産地として有名です。
本日のコーヒーがトラジャコーヒーであるのも自然の流れです。
爽やか苦みと円やか酸味そしてコク、其々が調和している風味あるトラジャコーヒーでした。

まだまだ沢山の美味しいレシピを仕入れて来られたノエ先生。
そのひとつはお正月料理に組まれているとか。
これから続くクリスマス料理、お正月料理にワクワク感が高まります。
[PR]
by gomac_ko | 2009-09-20 22:27 | Foods(料理系) | Comments(4)
レアチーズケーキ。
な~んの変哲もない のっぺらぼーのレアチーズケーキ。
いつもならアップどころかパチリとさえならないプレーンなレアチーズケーキ。
d0016727_1147485.jpg
なのに、
何故に記事になったのか。
 とても気分のよいレアチーズケーキだから。
何故に気分がよいのか。
 使う材料の全てがちょうど使いたい分ずつが残っていて、
 それら全てをキッチリ使い切れてスッキリ!さっぱり!で心地よく気分がよい。

しばらく冷蔵庫に眠っていたkiriクリームチーズを出してきて
周りをちょっときれいにして量ったらジャスト200g!
ここから始まって、サワークリーム、ヨーグルト、レモンが其々使いかけが冷蔵庫にあり。
↓ のモンブランタルトに挟んだマロンペースト入りのバタースポンジも1枚あり。
使ったのにまだ冷蔵庫にあるのは、卵と牛乳なり。

まぁまぁ見事に全部きれいさっぱり無駄なく使い切りました、のです。
d0016727_14312893.jpg
で、記念に1枚 ♪ とあい成りました。(笑)
[PR]
by gomac_ko | 2009-09-17 00:07 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
タルトの型で仕上げたから、栗のタルト。
このタルトが焼き菓子の栗のタルトであるなら、
こちらは生菓子の栗のタルト。
but シンプル(手抜き)過ぎます、です。 少しはデコしませう。。。(*´-`*)ゞ
d0016727_1647724.jpg


本来は生の栗から作るレシピでした。
煮た栗をムーランで漉してピュレを作り、
一部は粗く刻んで中に入れたりするお菓子です。

今回は、
お気に入りの利平栗が待ち切れなくて ^^;、
イタリア産のマロンペーストを使ったバージョンを考えました。
試食後の意見を聞いてオリジナルレシピの完成となります、・・・の予定であります。^^;
d0016727_16483946.jpg

[PR]
by gomac_ko | 2009-09-12 22:47 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
d0016727_16584126.jpg
って、私たちのではなくて・・・
クレオめし(夜めし)を作っている途中なのです。
鶏を湯通ししたスープ(?)で胚芽米玄米押し麦を大鍋で炊きます。
炊き上がると美味しそうなのでつまみます、私。いつもは茶わんにはよそいません。(笑)

ここにネトルカモミールアルファルファと云ったハーブやケルプ(粉末昆布)を加えて
先の鶏と合わせて1食分ずつ袋に入れて冷凍しておきます。
これまでは野菜類も加えてましたが、腸内環境の安定化のため今回は野菜ぬきです。

d0016727_17154610.jpg与える時は、
チワワ犬ぐりの分15%を分けて、
アマニオイルを冷蔵庫から出して
きて、其々にさらっとかけます。

→ はラブ犬ラニんちの庭で
見かけた亜麻仁です。
8月にはきれいなブルーの花が
咲いていました。

当のクレオは、
薬味用にベランダに置いた鉢植えの大葉を前歯を使ってちぎって食べてます、です。
d0016727_1659126.jpg

[PR]
by gomac_ko | 2009-09-07 17:53 | Saliki(ワン仔) | Comments(2)
ここ2カ月ほどマンスリーキルトをしていたら気分がキルティングに傾きまして、、、
d0016727_1755662.jpg
HQ作りかけ入れのワイン木箱からサッとヒラッとバサッと取り出して来ました。

モンステラは2年数カ月ぶりに広げられました~。(まぁ何と!)

途中、針が錆びていないか心配になって針磨きにプスプス刺しましたけど。。

d0016727_1784066.jpg↑ フープの跡はしっかりと、
描いたキルトラインは消えてません。 
(えっ!いつ消える?)

少し刺してから対象をこちらにチェ~ンジ。
濃い緑色は曇天では見難い~のでした。(嗚~呼~)
→ ヘリコニアはさらに遡り3年数カ月ぶり。(・・・)
お利口さんにおとなしく待っていてくれました。(待っているしかないわねぇ~。)d0016727_17124272.jpg

アップリケ内のキルトラインはメモもなく
どのように刺そうとしていたのか
今となっては「???」
新たに考えなくてはなりませぬ。

モンステラ裏に使ったハワイアンプリントはナープアのグリーン、バディングした
時期を物語っています。。

アップリケ内のキルトラインに迷って決められなくて、アップリケ内は後回しです。^^;
緑色と赤色、、、クリスマスみたいだし、(ベースは淡い空色の共にむら染め、赤い方のベースはベージュなのですが)
今になって見ると何だか古チックだわねえ。(さっさと仕上げるべきなのですゎ)

[PR]
by gomac_ko | 2009-09-02 18:03 | Hawaiian | Comments(2)