お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー

<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

IKEAのテキスタイル「GUNILLA」がほんの少々残りました。
どうしましょう、何か作れるかしら~?
と、思っていたところにテレビ画面に製薬会社のCM「犬とウォーキング篇」。
この中でワンの散歩に行くお父さんが持っている散歩バッグに目が止まって
『これだゎ♪』

メジャーを当ててみると・・・『裁てそうだゎ♪』
d0016727_23395257.gif
外ポケットも、留めるタブも残っていた生地の大きさのまま。(^^;)
30番ミシン糸はなくなるのが早くて、足りなくなった分は手元にある色で。(^^;)
普段使いなりとも障りがないよう裏側にしましたから。(^^;)
縫い代を包む適当な布もなかったのでロックミシンをダブルにかけて。(^^;)

その代わり?中はエチケット袋、トイレットペーパー、ブラシ、使用済袋・・・
と区分けポケットだらけに。(^^ゞ)
d0016727_23592764.gif
そして、それでも残った分はコースターで完全消費かしらね?(笑)
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-31 00:02 | Sewing、knitting(針) | Comments(2)

ひよどり?

d0016727_23182960.gif
朝方、リビングからピィーヨピィーヨ、と鳴き声のする方を見やると
鳥がベランダの手摺に50cmほどの間隔をあけて2羽止まっていました。
急いで、静かに、カメラを取って来て、設定を確認するも変更する間もなくパチリ。
当然はっきりは映っていませんでしたけど記念に。

ベランダにおいしそうなものがあったら良かったのに。。。
何も置いてなくてごめんね。(いけないのかな。)
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-30 23:31 | Photo(景色・花) | Comments(0)

ギモーブ ・抹茶

前々からリクエストのあったギモーブ、や~っと作りました。
季節的に『抹茶』に惹かれたからからでしょうか。^^;
d0016727_13232232.gif
卵白を使ったので、ギモーブではなくマシュマロかも知れない、です。
卵白を使わないのがギモーブであると解釈していましたが、フランスでは
『LA PATE GUIMAUVE』と言って、卵白の入っているもの、入っていないもの、
どちらもギモーブと呼んでいるようです。。。


娘は (普通に) 美味しいと云ってますが、
わたし的には 食感も違うし、フレッシュなフルーツ感のある
この時のギモーブの方が断然好きだわ~。
3月に向けて、ラズベリーとカシスでピンクの濃淡ギモーブが良いわねぇ。(*^_^*)
その前に2月はギモーブショコラでしょうか?^^
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-29 13:32 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
d0016727_112285.gif
ムースはメレンゲベースとアングレーズベースとでどちらにしようか迷いました。
古くからのメレンゲベースはチョコレートの味をストレートに表現できる半面離水し易い
ことを考えて、口溶けが良くすっきりとした味わいのアングレーズベースに決定です。

中生地のビスキュイに使うシロップはショコラポンシュにしています。(細かい拘り?)
グラッセは糖度計など持ち合わせていないので、簡単にココアと生クリームと
少しのゼラチンから作りました。
それぞれのパーツの量的な割合もどうにか良い塩梅になっていてホッと^^です。

唯一の間違い→それはオレンジのガルニチュールの置き方!
カットする時に邪魔です。(読みが浅~い!´・д・`||)
ピカピカのガルニチュールで仕上げて、オレンジはカット位置に飾れば良かったわ~。
それと(. .)φ、ムースを型に流し入れる時は必ず絞り袋を使うべし、です。

オレンジとチョコレートの組み合わせは定番ながら、改めて相性の良さを実感します。
ザクっとしたフィヤンティーヌにもオレンジのガルニチュールが効いて
食感+風味が抜群にgood.
オレンジ2個は皮(卸してクーリ、ガルニチュール)と果汁できっちり使い切りです。

久方ぶりの新作アントルメも、後はコナママの意見を待つだけです。(*^_^*)
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-26 09:24 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
ま~ぁ!何とも久しぶり!のアントルメはチョコレートムースものです。
↓ の計算式をメモしていたら、ムース系のケーキが食べたくなりまして、考えとりました。
季節的にもチョコレートムースが良いやね~。
二女はチョコレートクリーム+ラズベリー+スポンジが食べたいと申しとりましたが、作る側の特権で後回し。(笑)
d0016727_15341855.gif
構成は下から
ダックワーズ
オレンジフィヤンティーヌ
オレンジのクーリ
ビスキュイショコラ
ショコラポンシュ
ムースショコラ
グラサージュショコラ
    +オレンジのガルニチュール

グラサージュは、初め全体に流そうと考えていましたがトップだけに変更。
で、残ったグラサージュに牛乳を足して温めた 『俄かホットココア』 の美味しいこと!なぜ?

d0016727_10591530.gif
しっかり冷やしてからカットします。
断面が、食感が、そして美味しいかしら?・・・気になります。

ツヤピカグラサージュの上にチョコレートをテンパリングしてカール何ぞ作って飾るならば
おしゃれなのですが、チョコレート作業はどうも腰が重くていけません。
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-25 12:13 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
コナ愛用中のフライングキャップが小さくなってきたので今年はマフラー付きで。(*^_^*)
d0016727_10473848.gif
ピンク大星人まっしぐらの4歳児。
ピンクではないのに愛用してくれているとか。
被り易くて、脱げなくて、肌触りが良くて・・・良いとこばかりのこのキャップ。
飾りの中に心ばかりのピンクを加えて三つ編みに。
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-24 10:58 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)
計算式繋がりでチョコレート関連をもういっちょ。

レシピではカカオ分70%のチョコレートを使っているけれど、
これを60%のチョコレートで作りたい、場合です。

そこで、
レシピとは違うカカオ分のチョコレートを使いたい時に
わたしの使っている計算式を 「備忘録」 に(. .)φメモ

<設定>
70%のチョコレートを100g使うレシピがある。
これを60%のチョコレートで作りたい。

<計算式>
糖分などを考えると複雑な計算式があるのかも知れませんが、
gomaは簡単に比例計算で賄ってきてます。

必要量=元のカカオ分×元の量÷使いたいカカオ分 70×100÷60=117g

但し、ホワイトチョコレートに替える場合は少し違ってきます。
この比例計算で出すと、とても量が多くなり、従ってとっても甘くなり過ぎてしまいます。
そのため、ホワイトチョコレートの場合はゼラチンを加えるようにするのです。
これは以前ドゥマールの講習会で教えて頂きました。
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-16 10:47 | Sweets(甘いもん系)
これからはチョコレートを使う機会が多くなりそうですが、
作りたい時に限って欲しいカカオ分のチョコレートを切らしていたり・・・

そこで、
チョコレートのカカオ分を調整したい時に
わたしの使っている計算式を 「備忘録」 に(. .)φメモ

<設定>
カカオ分64%のチョコレートを70g欲しい。
手元にはカカオ分40%と72%のチョコレートがある。
A 40%
B 64%
C 72%
D 70g
 
72%のチョコレートと40%のチョコレートをどの割合で合わせればよいか?

<計算式>
X =(B-C)÷(C-B)
求める割合=(欲しい濃度ー高い濃度)÷(低い濃度ー欲しい濃度)

(64-72)÷(40-64)=0.33
よって、
72%チョコレート : 40%チョコレートを 
       1 : 0.33 (1/3)  で合わせれば64%となる。

<其々の必要量は>
Xc=D ÷ (1+X)  70÷1.33=52.6   72%チョコレートを52.6g
Xa=Xc × X   52.6×0.33=17.4    40%チョコレートを17.4g

と、なります。
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-14 15:38 | Sweets(甘いもん系)

42%にしたい時の計算式

その昔昔に生クリームが欲しい時は牛乳屋さんにお願いして取り寄せてもらっていました。
今は、その時々で使いたい乳脂肪分濃度の生クリームを選んで買う事ができます。
近ごろ気に入っている乳脂肪分42%生クリームですが、
しかし、これを未だ扱っていない店もあって、時々探すことになります。

そこで、
生クリームの乳脂肪分を調整したい時に
わたしの使っている計算式を 「備忘録」 に(. .)φメモ

<設定>
手元に47%と35%の生クリームがある。
A 47%   (Xa 47%の必要な量)
B 35%   (Xb 35%の必要な量)
C 42%を340cc欲しい

<計算式>
D=C-B  42-35=7
E=A-C  47-42=5
F=D+E  7+5=12
Z=欲しい量÷F  340÷12=28.3

<其々の必要量は>
Xa=Z×D  28.3×7=198cc  47%生クリームを198cc
Xb=Z×E  28.3×5=142cc  35%生クリームを142cc 

と、なります。
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-13 00:44 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)

米寿のお祝いの食卓6/6

お正月に行われた米寿のお祝いの食卓の様子もデザートで締めます。
~つづき~

d0016727_117568.jpgこれは息子作のタルト。
『ベリーのチーズタルト』

「ケーキは何か作るの?」 と、
数日前に電話で聞いてきた息子(3児のパパ)。
「作るよ。冷蔵庫を使わなくて済む焼き菓子を2つね。」

「おれ、タルトを作って行くよ。」
驚きと嬉しさの母を尻目に、
当日はタルト生地から作ったというチーズタルトを持って来て、
目の前でカットしてくれたのであった。
そしてこのタルト、サクサクで固さも甘さも丁度良い♪ ⇒人気で、みるみるうちに完売♪

家に居た頃はそんな素振りを微塵も見せなかったのに、、、
いつから、どうしたやら、料理やお菓子作りも楽しいらしい。(その息子は左党)


d0016727_1165037.jpg 『抹茶のガトーショコラ』
こちらはノエ先生のレシピでgoma作。^^
ホワイトチョコレートと抹茶を使ったガトーショコラは
緑茶にも合うように考えられたもの。
一日置いたガトーショコラもしっとりと馴染んで
焼き立てとは違ってこれもまた美味しい。


『栗と小豆のチョコレートパウンド』
粒あんとチョコレートの組み合わせに興味津津。
d0016727_1163399.jpg藤野真紀子さんのレシピ。

栗の渋皮煮をごろごろと入れて、さらに小豆の粒あんとビターチョコレートを入れた焼き菓子。
ナパージュはラム酒入りでゼラチンで作ったもの。
しっかりしていそうでホロっと崩れる生地。
餡の味は言われないと分からないかも。

しっとり和菓子のようなケーキを予想していたけれど
個人的には黒豆と栗をクグロフに仕上げた方に軍配は上がるような気がする。
次回、(は無いか・・・)には↑こちらで。

~おわり~
ありがとうございました。
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-11 11:32 | Sweets(甘いもん系)