お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0016727_13215754.gif
ヨモギと粒あんのパウンドケーキからの展開は、配合を変えて全く違う作り方で試しました。
使われた素材は、粒あんを大納言鹿の子に代えただけですからほとんど同じです。

ヨモギと鹿の子と後に残るミルキー感が印象的で、軽くて しっとり もっちりな仕上がりです。
パウンドケーキと云うより、『kusaケーキ』になってます。
汗ばむ季節には、冷やしてもいけるようにサワークリームを使っているのが006.gif
↓とは全く違った食感で、それは日本茶がよく似合うケーキになりました。

変わってこちらは、いつもの^^パウンドケーキです。
d0016727_15464766.gif
左から
ドライフルーツ+伊予柑ピール+くるみ、
(レーズン、サルタナ、グリーン、カレンズ、クランベリー、杏ほか)
丹波篠山産の黒豆+黒豆きな粉、
ビターオレンジスライスとオレンジクォーター(オレンジピール)。

左の2点が共立て、
右のオレンジと↓のヨモギは別立てタイプで作りました。
それぞれで好みが分かれるところです。^^
[PR]
by gomac_ko | 2010-03-31 17:51 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

アップリケ

昨日は霙か雪か、強い風と冷たい雨の中に音を立てて勢いよく落ちていく白いものあり。
3月も末になって最高気温がひとけたという真冬のような日が続いています。
今日は、すっきりと青い空がまぶしくも気温は低いままですね。

こちらのマンスリーキルトは、2月パイナップルになります。
d0016727_1524113.gif
アップリケの、調子復活になったようです。
フ~!良かった。(^_^;)
調子の悪かった時の事は一切考えずに、アドバイスだけを頭に入れて、刺し始めました。
あら~?!思い描いていたような刺し上がりに嬉しくなりました。

糸はこれまでと同じ、新しい針に替えました。
良い時の針目に戻っているのに気が付いて、良く良く見ていると、
原因は、左手親指の力の入り過ぎにあったようです。
折り込んだ布の先端に針を出そうとする気持のあまり・・・何事も適度に、です。

何はともあれ、良かったです。
おやつは・・・
d0016727_15333188.gif
ヨモギを入れ込んだパウンドケーキはサワークリームを加えて軽く焼き上がっています。
が、↑ は(個人的には)改善の余地あり=作り直し計画中です。^^;
[PR]
by gomac_ko | 2010-03-30 15:45 | Hawaiian | Comments(2)
春はお祝い事も多く、人の集まる機会も増えるかと思いますが
その日の食卓にぴったりな、春らしくて華やかで美味しい♪メニューを教えて頂きました。

Ⅰ 桜のカクテルd0016727_20384918.gif
お祝いの桜、春の桜、心躍る桜、
明るく和む桜、希望の桜・・・

グラスの中に「桜咲く」
( ^^)/Y☆Y\(^^ )

まさに時節にふさわしい
カクテルですね。


Ⅱ 白菜のポタージュ
d0016727_20391524.gif
白菜です、白菜。
淡白で脇役のイメージのある白菜がこれ程までに生まれ変わって登場しました。

初めはミニ白菜で考えられたルセットを手に入れ易い白菜で、
きれいな緑色を表現できるよう手直しされたメニューです。

白菜には豚肉が合う=の発想から生まれたベーコンとオイルの扱い、が
素晴らしいお味を醸し出して、思わず『おいし~ぃ♪』


Ⅲ 早春のマリネしたシーフード、カップ仕立てジュレ・ドレッシング
d0016727_20393988.gif
先生が京都で出会ったと云う、柚子と刺身から成るお料理から起こされたルセットを
マリナードの使い方、和えるポイントを交えて教えていただきました。

カップに中に隠れているシーフードと野菜たちを全て並べてお見せしたいほどに
春を感じる素材を美味しく頂ける一品です。


Ⅳ フランスパン
Ⅴ トゥルヌド、ロッシーニ風、ソース・ペリグー
d0016727_204089.gif

ソテーした牛ヒレ肉の上にフォアグラを乗せ、
マデラ酒とトリュフを効かせたソース・ペリグー~~~
何とも贅沢、且つ豪華~~~な一品!

トゥルヌドとは、牛のヒレ肉の中央部分を、厚さ2.5~3cmの筒切りにしたもの。
このように厚い切り身のステーキを上手く焼く方法を習います。(. .)φ
なぁるほど・・・です。しっかり(. .)φ!

今日ほどにスペシャリテではなくても、
十二分に美味しくいただけるソース・ペリグーについても合わせて(. .)φ!


Ⅵ 塩キャラメルのバヴァロワ
Ⅶ 珈琲or紅茶
d0016727_20403769.gif
あめ糸をばりばりと崩してバヴァロアと一緒にスプーンですくって・・・
元気な小学一年生と、ほろ苦い塩キャラメルの大人が口の中で遊んでいるようで楽しい。

ドレッセのあめ糸をやっと刺せる程度のゼラチン量です。
アントルメとして仕立てる場合のゼラチン量は増やします。(. .)φ

毎回素晴らしいメニューを考案されるノエ先生の頭の倉庫はどうなっているのでしょう。
それらを、こうして毎月味わい、教えていただける環境に感謝です。
早くも来月のお教室日が待ち遠しい思いでいます。


***** ***** ***** ***** *****
『マデラワイン』 と 『ロッシーニ風』 と 『トゥルヌド』
マデラワインは、シェリー、ポートと並び、世界3大酒精強化ワインと言われています。

ポルトガル領のマデラ島という島で作られる、ポルトガル産の甘口のワインです。
マデラ島は北大西洋上にあってアフリカのモロッコの方が近い位置にあります。

温暖な気候で15世紀以来ブドウ栽培が盛んな地です。
海抜1,800m級の山々があり、そのため辛口から甘口まで変化ある味わいを持っています。

マディラワインは、発酵途中でブランディーを加え、50度の高温で3ヶ月以上熟成し、
更に最低3年以上貯蔵して製造されます。
辛口はアペリティフとして、甘口はデザートワインとして、一般的に楽しまれています。

マデラワインは常温で置いていただいても傷むことがなく、長持ちします。
さすがに空気に触れるずっと高温の環境で1年も置くとさすがに痛みますが。。。
少し位は全然問題ないそうです。
1対1くらいにソーダで割っても美味しそう。


ロッシーニ風のロッシーニとは
セビリャの理髪師、アルジェのイタリア女、ウイリアム・テル等のオペラの作曲家
ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニの事です。
彼は、ショパンやベートーベンなど同時代の作曲家からも絶大な評価を得ていたそうです。
そしてまた、美食家でかつ繊細で卓越した料理の創造力・技術を持っていたと知られているそうです。


ル・コルドン・ブルーのお話より

牛肉はショルダー、リブ、ヒレ、ロースはもとよりほほ肉、タン、すね、テール、骨髄に骨とその部位はさまざまで、国が変わればカットの仕方も違い、フランスではその数30ぐらいの細かいカットになります。

牛肉の最も柔らかい最高級部位と言われているヒレ肉。牛一頭分から3%程しか取れませんから、やはりお値段もぐっとはります。両側に房状の肉がついている部分をテット(tête)、中央の一番肉厚のわずかな部位をシャトーブリヤン(chateaubriand)、残り1/3のしっぽのように先端の尖った部位をトゥルヌド(tournedos)と呼びます。

トゥルヌドには「背を向ける」と言う意味があるのですが、昔は、先の細いこの部分はヒレ肉としてあまり価値のないものとされており、それをお客に見えないように背を向けて運んだというところから、この名が付けられたとも一説にはあります。

このあまり価値のなかったトゥルヌドを使って美味しい料理を考案したのが、かの有名な作曲家ジョアッキーノ・アントニオ・ロッシーニです。
彼は作曲家でありながら、かなりの食通として知られており、自ら考案した料理で客人をもてなしていたそうです。
その当時のフランス料理界の巨匠であったアントナン・カレームとも交流があったということから、作曲にとどまらず、料理においても才能を遺憾なく発揮していたようです。

ポワレしたヒレ肉にフォワ・グラとトリュフソースが添えられた、「トゥルヌドのロッシー二風」は、最高食材を組み合わせた贅の極みで、フランスガストロノミーの伝統料理のひとつになっています。

[PR]
by gomac_ko | 2010-03-21 16:49 | Foods(料理系) | Comments(2)

春のお菓子の準備

今年も作りました 
ヨモギと・・・
d0016727_1613575.gif
ドライいちご。
d0016727_18525091.gif
乾燥2日目、凝縮されてきています。^^

pinotさんのドライイチゴ、作りたいと思いつつも いちごがあっても ほとんどがを
そのままいただいてしまうか、ジャムになるか、ピュレになってお終いでした。

今年は、ドライいちごを作る!と決めて、お買い物へ。^^;
[PR]
by gomac_ko | 2010-03-17 16:30 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
オリジナルケーキの新作、 『和・さくらケーキ』 が出来上がりました。
d0016727_1872647.gif
構成は、
桜の葉のパウダーを入れたダックワーズを敷き込み、この上に鹿の子を散らします。
白あんと桜の花のミンチから成るさくらムースを流し、
桜の花と、桜リキュールでピンク色に染まったジュレで飾りました。

そして、最後にカットしてから桜の葉で包みます。
桜餅をイメージした和なムースのケーキ、成功です。(*^^)v

これは?!
洋菓子?それとも和菓子?
ちゃんと『桜』です。(ベリー系ではありませんぞ。^^)
ほんのり塩味が効いて、邪魔にならないコクがあって、まろやかで、重くなくて・・
香る桜と、初めての食感に 嬉しい shock
風味の豊かさは心をも豊かにしてくれますね。
白あん、桜、ムース、それぞれが程よく良い仕事をしてくれています。

次回作る時には、小さなセルクルやカップ仕立てにしても良いでしょうね。(*^_^*)


気象庁は2010年から開花予想を止めると聞いています。
「民間が同様の予想を全国規模で始め、精度も高まった」ためとか。
しかし、3月中旬から桜の開花・満開情報は従来通りに発表されます。(ややこしや)

日本気象協会とウェザーニューズ、ウェザーマップの開花予想によりますと
2010年の桜の開花と満開は、平年より早くなりそうです。
西日本では開花がさらに早まる可能性が高くなりそうだとか。

[PR]
by gomac_ko | 2010-03-11 14:41 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

マンスリーキルト

又しばらく針を持たない日々が続いて・・・います。
少し前に刺し終わっていたマンスリーキルトの12月&1月を並べて観ます。
d0016727_130530.gif
アップリケの方が好きだったはずなのに…
近ごろは、これまでと違って仕上がりに納得のいかない状況なのです。
同じように刺しているつもりなのですが、出来上がりがきれいでない!
(It shocked a little.)
さらに良~く見える眼鏡に替えて、明るい日中に刺してみなければなりません。
(This is shock too. )
[PR]
by gomac_ko | 2010-03-09 13:20 | Hawaiian | Comments(4)
d0016727_1318443.gif
 d0016727_13181865.gif
ピンク版のワンピースが縫い上がりましたよ~。
白いタブリエも欲しくなりますね。^^

生地はYUWAの綿麻で、ピンク地にピンクのお花、
お揃いのパンツの裾のストレッチレースも
フリフリピンクを探しましたよ~。

ピンク星人は喜んでくれるかな?(*^_^*)
[PR]
by gomac_ko | 2010-03-05 13:32 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)
2月27日(土)
それを、おやつに羊の骨を与えようとして、クレオが口を開けた時に発見!
何かをつまみ食いしたか?!
肉っぽい何かが歯に挟まっている!ように見えた。
その何かを取ろうとして口を開けさせて近付いて見ると 『何!!@。@!?』

分からない時は調べる・・・と、おそらくエプーリスではないかと素人判断。
早々に受診。

2月28日(日)
そのデキモノはまだ小さいし、そう急いで取らなくても大丈夫であるようであったけれど、
前歯の外側に飛び出てて簡単に目に入って気が気ではないし、第一気持良くない。
取るならば、小さい早いうちに取る方が良いのではないかと判断。

3月1日(月)
血液検査をして、レントゲンを撮り、全身麻酔で切除。
この全身麻酔がとてもネック。
全身麻酔は出来得る限り避けたい、が口の中を安全に診せる訳もなく、
デキモノは放っておいて自然に落ちるものでも消えるものでもなく、
もし、
骨や周りに浸潤していって全ての切除が困難になるタイプであったら、それは一大事。

獣医が麻酔が心配な犬種である事を意識してしていると判断して、任せる事を決断。
診察室にクレオをおいて、迎えまでのその間の気が気でない事!
お迎えまでの6時間、携帯電話が鳴らないように祈りながら、
億が一何かの時にはすぐに出られるように携帯は手から離さずに過ごす。

迎えに行くと、麻酔はほとんど覚めていて(ホッ^^)普段の足取りで出てきたクレオに安堵。
口の奥の方にも小さな腫瘍があったのでそれも取り除いた、と。
血液検査の結果は全て正常値、異常なし。

切除されたピンク色をした4-5ミリと1-2ミリの小さな肉塊はd0016727_23573398.gif
小さな瓶に入れられて病理検査に出された。
その結果が出るのが2週間ほど先。
全身麻酔をするのならばと、歯石を取って貰って
今はきれいなクレオの歯。

3月2日(火)
朝もちゃんと目覚めて、\(^o^)/
夜中も寝返りをして動くたびに『良かった、良かった』と、ひとり静かに呟きながら撫で撫で。
この日、冬に逆戻りの寒い曇天の日であったが、これまでのいつもと変わらぬ朝が嬉しい。

3月3日(水)
♪ 今日はうれしいひな祭り。
[PR]
by gomac_ko | 2010-03-03 13:52 | Saliki(ワン仔) | Comments(4)