お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

逢魔が時、夏

は、間もなく真っ暗になる時刻だったので、明るいレンズ(f1.8)に替えた画像です。
d0016727_15292657.gif

昼間のあふれる陽から、音のない漆黒になる、その移り変わる流れの時がいいです。
陽の影が見えなくなったなと思うと、徐々に広がる静かな紫苑色の雲の時がいいです。

眼下の街に少しずつ、少しの灯が点っていく夕間暮れに
私たちもゆったりとした気持ちになっています。

青色の面影の残る広い空も、
炭の火の彩度の落ちた赤色に目を奪われているうちに、気が付くと藍鉄色に変じ、
ランタンの明かりだけが頼りとなっているのに気が付きます。
まさに心豊かな時間の流れです。

広い空間と、静寂の中に鳥の声、此処だけの空気間に(o(^o^)o) 、
デッキのテーブルと(*^^)/U☆U\(^^* ) 、傍にはクレオとぐり、な夏。
ごくらく!ごくらく ♪ でぜいたく(嬉) なとき、です。


日の入り時刻も早くなって、ワン散歩も夏の気分でいると帰る頃は真っ暗です。
日中も真夏の力強い陽ではなく、澄んだ優しい陽になってます。
そして何より嫌いな湿気は40%台!と季節は移って来ているのです。。


来年の夏も、行こうね♪
行くのだよ!クレオや p^^q
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-27 18:08 | Saliki(ワン仔) | Comments(7)

パテ・ド・カンパーニュ

前々から、かなり前から気になって、気になって、食べたくての思いが募っていました。
そんな時にリスエスト されて・・・思わぬ成り行きにガンバって、調べて、
予習致しました。p^^q

pole pole 〜in the park〜のシェフにまでお召し上がりいただく事となりまして、
その上さらには、 『すぐにできる味ではない』 との大変心地の良いお言葉を戴き
何と恐れ多い事でしょう!と甘言に酔っております。
d0016727_0152972.gif

d0016727_016280.gif
ノエ先生のパテの食べたい度がこの上なく高まります。

レッスンへの登場が待ち遠しいです。^^
その時には是非アドバイスを、
頂けましたら幸いです。
よろしくお願いします!

<パテ・ド・カンパーニュ・ア・ラ・ホニャララ>
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-20 22:31 | Foods(料理系) | Comments(2)
夏らしいアントルメを味わいました。
お馴染久方ぶりのオリジナルレシピのケーキです。
d0016727_022253.gif
マンゴーとパッションフルーツのムースをメインに組み立てました。
中生地はフランボワーズのクーリ。

ムースは、イタリアンメレンゲの入ったタイプでパッションフルーツの酸味がさわやか。
軽やかさのあるムースとまろやかでクリーミー感のクーリがうれしいケーキ。
冷凍庫にスライスされたジェノワ生地の 「使って~」 が聞こえたので、間にサンド。
側面はフランボワーズ色でデコール。
フランボワーズ色が残って、モッタイナイので・・・底生地のジョコンドにも
ぐにゃぐにゃ (見えなかろうと、テキトーに) 絞りました。(断面にみえるピンク色の部分^^;)

ジョコンド、ムース、クーリ、其々に味見するになかなか満足♪
が、組み立てての味見では 『?』 が見え隠れ。
個人的にイタメレムースよりアングレーズムースの方が好みらしいと自覚。

再度、画像で見ると、おいしそう!→おいしかったでしょ?
もう一度食べたくなりました。^^ゞ
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-17 00:02 | Sweets(甘いもん系) | Comments(6)
講習会の最後は

PETITS GATEAUX プティ・ガトー
・Opéra Bastille オペラ・バスティーユ(新オペラ座にちなんだ新感覚のオペラ)
伝統的なパリのオペラ座 バスティーユにちなんだお菓子です。
d0016727_1392281.gif
組み立ては、
ジョコンド生地、
ダージリンティーのクレーム・オ・ブール、
ショコラとカシスのガナッシュ
d0016727_1393874.gif
新オペラ座にちなんだ新感覚のオペラ・・・
こちらはコンテンポラリーなオペラなので紅茶と組み合わせに 

d0016727_1395655.gif

[PR]
by gomac_ko | 2013-08-15 11:32 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
PETITS GATEAUX プティ・ガトー
・Charlotte Williamine シャルロットゥ・ウィリアミンヌ 
d0016727_1374978.gif
組み立ては、
ビスキュイキュイエール、
洋梨のババロア、
ガルニチュール、
キャラメルのババロア、
ノワゼットゥのキャラメリゼ、
キャラメルのソース、
クレームオブールキャラメル、
クラクラン、
洋梨とキャラメルの組み合わせ → おいしくない訳がない!お菓子です。


ENTREMET アントルメ
・Mango attitude マンゴー・アティテュードゥ(着飾ったマンゴー)
d0016727_1381664.gif
組み立ては、
ビスキュイ・ショコラ、
マンゴーとオレンジのガルニチュール、
ショコラとピスタチオのムース、
クレムー・マング、
ガナッシュ、
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-15 11:32 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

ドゥニさんの講習会

今年で28回目となるドゥニさんの講習会です。
朝は6時過ぎに家を出て、帰宅した夜は8時近く。
長いようであっという間であったような、充実感のある講習会でした。
どのお菓子から復習or応用or拝借になりますでしょうか。^^

TARTES タルトゥ
・Tarte crème brulée citron vert et gingembre
 タルトゥ・クレーム・ブリュレ・シトゥロンヴェール・エ・ジャンジャンブル
 ライムと生姜のクレーム・ブリュレのタルトゥ
d0016727_1353960.gif
主な組み立ては、
パート・シュクレ
ジェノワーズ・ムースリーヌ
ガナッシュ・シトロン・ヴェール
クレーム・ジャンジャンブル
ジュレ・ドル・シトロン・ヴェール

ライムと生姜です。
クレーム・ブリュレです、タルトです。
タルト生地さえOKならば (ヴァローナのタルト型?♪) 、夏に爽やかなお菓子です。


ENTREMET アントルメ
・Plaisir プレズィール(喜び)
d0016727_1361796.gif
主な組み立ては、
ダックワーズ・ノワゼット・キャフェ
ジュレ・ア・クレーム・ドゥ・ウィスキー
クレーム・ショコラティーヌ・キャフェ
ビスキュイ・アマンド・キャフェ
ジュレ・オ・キャフェ
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-15 11:31 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

2013年、夏

クレオにもぐりにも、カメラで撮られる教えをしていないもので・・
なかなか揃ってこちらを見てくれません。^^;
d0016727_15223125.gif

↓ 視線の先には何があったのでしょうね。
d0016727_15231215.gif

少し標高の高い処で休暇してました、でした。
d0016727_15344519.gif

[PR]
by gomac_ko | 2013-08-12 15:25 | Saliki(ワン仔) | Comments(0)

白いブラウス 8

「てづくりでボンボヤージュ」から ジャスミンのブラウス。
d0016727_16372212.gif
生地は、いつか白いブラウスを作ろうと思ったまま在庫布であったDiorのYシャツ地。
長男が高校生の頃に学校のバザーで譲ってもらったものです。^^;
貝釦は高瀬の10ミリを使用。

数えてみればあの頃から20年近くも経っている!事に驚きます。
あの頃の諸先生方や一緒に活動した父兄の方々、懐かしく思い出されます。
20年・・・とはねぇ。。。。。。
 
d0016727_16373949.gif

[PR]
by gomac_ko | 2013-08-10 00:42 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)

白いブラウス 7

d0016727_16344655.gif
「てづくりのボンボヤージュ」から あじさいのワンピース のブラウ丈です。
生地はC&Sのやさしいリネン。
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-09 00:37 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)

裏千家のお稽古着

頼まれもので4着目です。
自分のを入れると5着目となり、改良が進んでいます。
d0016727_16162388.gif
着物の反物から裁っています。
背縫いがあります。

このお稽古着はベストのように着ます。
後ろ身頃からのベルトを前で留め、前見頃の帯ベルトを後ろに回して結ぶのです。

前見頃は着物の打ち合わせのようになっていて、懐紙や古帛紗をしのばせます。
亭主になった時の帛紗は、帯に摸したベルトに片手で挟み込めます。

初めはデパートで準備された方のをお借りしてほぼ忠実に作りました。
けれど、懐の加減も、帛紗を付ける度に両手を使わねばならないのも、不満足です。
ちちんぷいぷい・・・改良♪
帯風のベルトに変えました。
前帯は二重にして芯地も其々変えました。
着用したときの見た目も貧相感がなくなって、使い勝手も良いとのこと。
納得度の高いお稽古着になりました。
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-08 00:09 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)