お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ノエ先生、9月のお教室

9月のメニューは・・・
   Indian 2014
Ⅰ 季節の果物のラッシー、noe風d0016727_2354358.jpg
マンゴー、桃、バナナなど、フルーツ感たっぷりのラッシー。
あぁ♪ noe先生のドリンク、ひさしぶり~~♪

Ⅱ オードブル3 種
A.チキンティッカ(or フィッシュティッカ)
B.オクラ、ジャガイモ、カボチャのサブジ
C.キュウリとトマトのライタ
d0016727_2391240.jpg
3種の盛り合わせになっていますが、これが!1品ずつ出されたら\(@_@)/
付け合せのような、お口直しのような、ニクイ盛り合わせ。

Ⅲ ジンガマカニ(北インド風海老カレー)
d0016727_23164959.jpg
これっ!♪
復習済み!♪です。
旨さがたまりません!♪

Ⅳ カチュンバル(インド風サラダ)
d0016727_23174127.jpg
インドそのもののスパイスがポイント! noe先生の包丁捌き=カットもポイント!
オイル無しで、お口もお腹もさっぱりするさわやかサラダです。

Ⅴ マサラ・チャイのパンナコッタ、フレッシュな柿のコンポート添え
d0016727_23183249.jpg
添えられた柿のコンポート、コンポートでありながら煮てません。
これ、お代わり~!!!
[PR]
by gomac_ko | 2014-09-30 09:34 | Foods(料理系) | Comments(0)

低糖質スイーツの講習会

(画像は未だ取り込めません。047.gif
日髙宣博シェフの講習会でした。

糖尿病は今や予備軍を含めると40歳以上の4割になるという、
その人々ための低糖質のスイーツ。
北里研究所病院糖尿病センターの山田先生からの依頼と監修のもと
研究されている日高シェフです。
失礼ながら・・ちょっとゴッツイ風貌のシェフですが、そのお人柄や話し方は
いたって穏やかで心地よく分かりやすく、滑らかです。

カットしたロールケーキを前にして、その生地の状態に驚きました。
キメ細やかでしっとり感が伝わってくるのです。

いや、おいしいです。
普通においしいお菓子です。
見た目も普通のおいしいお菓子です。
これまで健康上の都合で甘いものを制限されてきた方が口にしたら・・・
かなりの感激だと思います。

「パティスリー・ラ・ノブティック」に、60歳代のご婦人から
『母の最期の誕生日になるかも知れないのでケーキでお祝いをしたい』
との注文があったのだそうです。
期日が明日と云うのは通常ならお断りをする場面です。
しかし、これはお断りしてはいけないと応じたそうです。
そして、涙して喜ばれたとの話に共感と温かさを感じました。

砂糖の代わりとなる甘味料としては、
主にシュガーカット、ラカンカS、パルスイートがありますが
其々は、コストも違いますし熱に向かないなど全く違う性質を持っています。
砂糖が入らない、は見えない所での難しさがあります。
しっとりさ、口溶け、膨らみ、おいしい焼き色、おいしそうな匂いがなく、
解凍した時のダメージが大きくなってしまいます。
小麦粉の働きにしてもしかり。

砂糖、小麦粉を極力使わないで、おいしく作るを難しさを痛感され、
ロールケーキではその試作は50回60回に及び、くじけそうになったとか。

全国の全てのケーキ屋さんのショーケースの隅に
2~3品の低糖質スイーツが置かれる事を願って。
鎧塚シェフや辻口シェフも低糖質スイーツを始められ、
これが大きく広まるきっかけになる事を願って。
味の低下を最小限に、レシピは日々発展途上だそうです。 

シェフの『砂糖と小麦粉の偉大さを痛感した』 は、分かりやすく印象的な言葉でした。
[PR]
by gomac_ko | 2014-09-17 23:40 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
d0016727_1092387.gif

よかった~~!
好評でした~~(^v^)
喜んでもらえて、うれし~!(^-^)

「売って~」・・・この場だけで売り切れだわね。
「頒布会をやって~」・・・「注文する人?」・・・はい、はい、手が挙がる。

甘さ、酸味、固さ、組み立て、どれもがgood (*^^)v

葡萄のムース、実は急きょ作り直しました。
最後に流し込む前に味見をしたら、どうも思う味と違う→
迷いながらも決心!→廃棄→買い物→作り直し→正解038.gif
作ってよかった、笑顔たくさんの嬉しい誕生会でした。
[PR]
by gomac_ko | 2014-09-16 19:12 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

誕生会のケーキ~9月

9月の誕生会のお菓子のテーマは「ぶどう」に決めています(*^_^*)。
赤系の葡萄で組み立てものの予定です。^^♪

画像取り込みができなくなって・・・そのままで、
その前にペンタブが使えなくなっていて・・・そのままで、
思い出せるように・・・。
d0016727_1811162.gif
組み立ては、(下から)
* ダックワーズ
* フィヤンティーヌ
* 白ワインのムース
* ジェノワーズ
* ピオーネのジュレ
* 巨峰のムース
* ピオーネでナパージュ
* 葡萄を飾る


先月半ばに作ったレアチーズケーキはイルプルレシピ。
本には「おいしかった印」が付いていて、暫らく作っていなかったので選びました。
が、その印の年月は2005年6月!
私の年代にこの9年という月日は思いのほか大きかったようです。

おいしいのですが、少々重く感じられました。(~_~;)
先輩方にはキツかったかもしれないです。m(__)m

色々なところで感じさせられるカレー現象に(@_@;)
[PR]
by gomac_ko | 2014-09-09 12:13 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

誕生日月

「人生ラスト10年問題」という言葉を知りました。
平成24年度の簡易生命表によると、平均寿命は男性で79.94歳、女性で86.41歳です。
しかし、健康上の問題がなく、日常生活に制限のない期間、いわゆる「健康寿命」は、男性70.42歳、女性73.62歳なのです。
元気な時間は短い!です。
男性で約10年、女性は約13年の長い期間、介護や医療が必要になるということです。

この期間が「人生ラスト10年問題」。
解決の糸口はウォーキングにあると。

人生ラスト10年には、
(1)歩けなくなる
(2)食べられなくなる
(3)物事がわからなくなる
という、3つの怖いポイントが。
 
そしてそのすべてにウォーキングが非常に有効であると訴えられました。
ウォーキングなどの運動による骨格筋量増加が、歩くことはもちろん、摂食・嚥下機能に大きく作用する舌の筋肉量に比例することが科学的にわかってきたそうです。また、運動器官からの脳への刺激やセロトニンの分泌促進などはウォーキングの認知症予防効果も注目されています。

ウォーキングの目標は、1日1万歩と言われていますが、必ずしも1万歩にこだわる必要はなく、今までよりも1000歩、また1000歩と増やしてゆき、歩くことを続けることが大切だそうです。
[PR]
by gomac_ko | 2014-09-02 23:44 | Everything(何やかや) | Comments(0)