お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:お気に入り^^♪ ( 205 ) タグの人気記事

苺のシャルロット

苺のピークは4月でしょうか。
店頭で見かける量が急に減って来ました。
好きな「あまおう」も出盛りは1~2月とか。
d0016727_10322676.gif
ババロアに苺たっぷり&イタリアンメレンゲ、中のジュレも苺とジュースがたっぷり、
ナパージュにも苺ピュレと、これでもか♪と苺が使われています。

サイズは4号と5号のかわいいサイズ。
d0016727_10315796.gif
ちょうどよい小粒の苺を見て、『!』と作ったシャルロット。
名残り苺の香りを楽しみましょう。
(って、香りもピークの苺より少ないみたい-_-;)

memo
リボン飾りは、もう少し太いピンク色がよかったかなぁ。
持って行く先の環境に心配あり、でゼラチン量は多めにした(これ正解)ので
家で作る時は2~3%減らしましょ。
[PR]
by gomac_ko | 2014-05-04 10:44 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
桜の咲いているうちに!
d0016727_12564833.gif
今年のさくらのお菓子は、抹茶とイヴォワール。
道明寺粉を使った昨年のお菓子もおいしかった。。
同時に食べ比べてみた~い。。 
来年はタルト仕立てもいいかな。。(^-^)
d0016727_12571699.gif

組み立ては、(下から)
 ビスキュイ・ジョコンド
 鹿の子大納言 (う~~、カット面にはひと粒しか・・・)
 抹茶のクーリ (出しゃばらないように鹿の子が隠れる高さに)
 ブランムース (ホワイトチョコレートのムース)
 ジェノワーズ
 さくらのムース (イタリアンメレンゲ+クレーム・フェッテ)
 さくらのナパージュ (マルグリットのロイヤルミロワールヌートル+山眞産業Wサクラ・プラス)
[PR]
by gomac_ko | 2014-04-20 14:40 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

バースデーケーキ

バタークリームでデコレーションケーキです。
d0016727_15541965.gif
表面のデコレーションにバタークリームを使いました。
3段にサンドしたのは、王道のいちごと生クリームです。
卵に117℃のシロップを加え、トラブリで仕上げたバタークリームです。

ちょうど良いやわらかさを保つのに少しだけ気を使いますが、
生クリームで絞るのと違ってボソる心配がないので楽しめます。^^
[PR]
by gomac_ko | 2014-04-06 16:44 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

hit

“栗とほうじ茶のタルト” をもう少し!ヾ☆ ヾヽ( -^ #) m(__)m
かなりお気に入りのお菓子です。
d0016727_0523538.gif
以下、あくまで主観的な意見を残しておきます。

✿ 各パーツがおいしい。
✿ それらの組み立てがとてもよい。
✿ それらの分量がちょぉ~ど良い。
✿ 程良く落ち着く甘さ
✿ 食感の変化が程よく、合っている。
✿ ほうじ茶のムースのまったりなめらか感がよい。
✿ ムースの下の少量の粒あんの味のリズムがホッと楽しい。
✿ 全てを一緒に口に入れると、これまたおいしい。
✿ ここをこうしたら?が思い浮かばない。
✿ 1週間続いても毎回おいしくいただける、と思える。

あぁ、デリシャス! マシッソヨ ! デリシュ! ボーノ! オノ!
あ、ワインにも合います!特に白ワイン。

粒あんを炊いたので、茶まんじゅうでお・や・つ。^^
d0016727_1411659.gif
皮が薄すぎました。
ホカホカふわふわの皮もおいしいのに。。


[PR]
by gomac_ko | 2013-10-26 14:11 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)
d0016727_22351362.gif
構成は2012と同じ。
ほうじ茶のムースのゼラチン量は、memoの通り0.8g増やしました。
その分量ピッタンコ大正解で気分すっきり!

こんな事があります。
ある時、作ったお菓子やお料理がおいしかった。
そのレシピはしっかりメモを残す。
少しして、そのレシピに従ってその味を想定してお菓子やお料理を作る。
が、時として同じ味に仕上がらない。

理由も分からず\(_ _;)/
きっとレシピが不完全なものだったのでしょう・・・ね。(´・ω・`)

なので、
2回目の今年、でき上がるまで、口に入れるまで不安でした。
ですが、
ヽ(*⌒∇^)ノキャッホーイ♪ なタルト(絞りはさておき)でとても嬉しい秋です。^^
[PR]
by gomac_ko | 2013-10-23 00:33 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)
あの 炎暑の頃に戴いたおいしい摘みたてのブルーベリー、を
Mrs.M 『もう(シーズンは)終わりだけど、ジャムにでもなさいます?』
\(^o^)/ また戴きました。^^v
d0016727_13132069.gif
ジャムだけにするのは勿体ない!と、今回はタルトを焼きました。
ダマンドを敷いた上にこれ以上乗らないほどにた~っぷりと乗せて、
その上からクランブルを乗せて、オーブンイン(思うより簡単な手順)です。

焼くと果汁がダマンドに滲みて、フレッシュならではの食感に変わっていました。
お皿にはフレッシュなままのブルーベリーとジュレを添えると、よろし ♪ です。
こちら、タルトなのですが焼いた翌日が落ち着いてよろし ♪ です。 (. .)φ

少しは過ごしやすくなったとは言っても日中は30℃越えの日々です。
キッチン専用の空調などありませんので生地の温度には極力気にしながらの作業です。
焼成中までは good だったのですが、
オーブンから出すと、クランブルがだれているようで「ええっ?だめ?」
仕込中とか、フォンサージュとかオーブンに入れる間に・・・・??!

焼き上げた当日食べた時もダマンドがダマンドでなく「えっ?だめ?」
が、翌日には good に(much the best)になっていました。\(^o^)/ 
そして、それは何故か後を引きます。
キケン です。 (シュクレにもダマンドにもクランブルにもバター&アーモンドP.
[PR]
by gomac_ko | 2013-09-07 23:41 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

逢魔が時、夏

は、間もなく真っ暗になる時刻だったので、明るいレンズ(f1.8)に替えた画像です。
d0016727_15292657.gif

昼間のあふれる陽から、音のない漆黒になる、その移り変わる流れの時がいいです。
陽の影が見えなくなったなと思うと、徐々に広がる静かな紫苑色の雲の時がいいです。

眼下の街に少しずつ、少しの灯が点っていく夕間暮れに
私たちもゆったりとした気持ちになっています。

青色の面影の残る広い空も、
炭の火の彩度の落ちた赤色に目を奪われているうちに、気が付くと藍鉄色に変じ、
ランタンの明かりだけが頼りとなっているのに気が付きます。
まさに心豊かな時間の流れです。

広い空間と、静寂の中に鳥の声、此処だけの空気間に(o(^o^)o) 、
デッキのテーブルと(*^^)/U☆U\(^^* ) 、傍にはクレオとぐり、な夏。
ごくらく!ごくらく ♪ でぜいたく(嬉) なとき、です。


日の入り時刻も早くなって、ワン散歩も夏の気分でいると帰る頃は真っ暗です。
日中も真夏の力強い陽ではなく、澄んだ優しい陽になってます。
そして何より嫌いな湿気は40%台!と季節は移って来ているのです。。


来年の夏も、行こうね♪
行くのだよ!クレオや p^^q
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-27 18:08 | Saliki(ワン仔) | Comments(7)

パテ・ド・カンパーニュ

前々から、かなり前から気になって、気になって、食べたくての思いが募っていました。
そんな時にリスエスト されて・・・思わぬ成り行きにガンバって、調べて、
予習致しました。p^^q

pole pole 〜in the park〜のシェフにまでお召し上がりいただく事となりまして、
その上さらには、 『すぐにできる味ではない』 との大変心地の良いお言葉を戴き
何と恐れ多い事でしょう!と甘言に酔っております。
d0016727_0152972.gif

d0016727_016280.gif
ノエ先生のパテの食べたい度がこの上なく高まります。

レッスンへの登場が待ち遠しいです。^^
その時には是非アドバイスを、
頂けましたら幸いです。
よろしくお願いします!

<パテ・ド・カンパーニュ・ア・ラ・ホニャララ>
[PR]
by gomac_ko | 2013-08-20 22:31 | Foods(料理系) | Comments(2)
パータ・シュー、クロッカン、クレーム・パティシエール、ガナッシュ、の
全てのパートにチョコレート「P125」を使ったシューです。
d0016727_1230222.gif
これだけチョコレートを使いますと 濃すぎたり重すぎたりしないかと思われがちです。
が、しかし、それが全く違うのです。
濃厚でありながら風味が力強く、口溶けが滑らかで、初めての感覚が嬉しいシューです。
クロッカンのシャリシャリ感、ずっしりと入ったクリームが重くなくて、嬉しいシューです。
(クッキー生地やパイ生地ではないのが嬉しいシューです)
チョコレートがたっぷり使われて、チョコレート色(黒くない)のシューです。

カカオ分125%!?
チョコレートの風味を高めたい時、固形分(カカオ分)を増やしますが、
すると油脂分も比例して増えることになって口溶けが悪く油っぽさが残るようになります。
そこで、油脂分と固形分の比率を逆転させる発想から開発されたのが、「P125」。

カットして見たら・・・パティシエールがもう少し多くてもよかったわね。
他のお菓子でも使ってみたくなる、「P125」でした。
[PR]
by gomac_ko | 2013-06-03 12:02 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)
できました♪ 『さくら野』 (7号)です。
d0016727_22225033.gif

組み立て(下から)
* ダックワーズ
* フィヤンティーヌ
* ホワイトチョコレートムース(ペック)
* グリオッティヌ(25粒)
* ジェノワーズ(うす焼き)
* ポンシュ(グリオッティーシロップ+ボーメシロップ)
* さくらムース(山眞/Wサクラ・プラス)
* 道明寺(1/2)
* さくらジェル(板ゼラチン)
桜リキュール、ジェルデセール、

手直しするなら、ホワイトチョコレートムース
もう少しやわらかな仕上げで、流す量をもう少し少なく(5:5~4:6くらいに)
白く仕上げたいのでベースの卵黄なしの場合の味と色を試してみたい。

さくらオリジナルケーキも『和・さくら』 から3年ぶりになってしまいました。
気持ちは(さくらに限らず)毎年更新したいのだけれど・・・。^^;
[PR]
by gomac_ko | 2013-03-20 06:00 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)