お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:クッキー系 ( 36 ) タグの人気記事

d0016727_14363172.jpg

コルネの口の小ささ(細さ)とアイシングのやわらかさの加減が
少し分かって来たような・・・(^・^)
スムースに気持ち良く描ける適度なやわらかさは大事です。
[PR]
by gomac_ko | 2013-10-07 14:10 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
地域活動の名は 『までい倶楽部』 といいます。
d0016727_17451674.gif
ゆとりのある時に~と、ケーキのデコレーション用のクッキーを焼きました。
トップにはフルーツやクリスマスのオーナメントを飾る予定ですので、
文字クッキーは、シンプルに大人らしく上品に(笑)白×白の考えでした。

・・・ですのに、心境の変化が起きました。^^ゞ
この年代に支持されると云うピンク (在籍してた会社で教わりました) です。
ピンクにしたら、赤色も欲しくなってを乗せました。(大人らしく上品に

今は小さい 『までいの花』 、みんなで大きく咲かせましょう。。。
(* までい、は東北福島地方の方言です)
[PR]
by gomac_ko | 2012-11-25 18:26 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

洗双糖クッキー

d0016727_16515967.gif
甘味に洗双糖を使ったクッキーにチョコレートをサンドしました。
洗双糖は和三盆と同じ分蜜粗糖で、糖蜜の成分が残っています。
黒砂糖ほどクセがなく、ただ甘いだけの精白糖とは違う趣のある甘味です。

種子島で栽培したサトウキビから出来ていて、化学的精製がされていないため
ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。
分かりやすい例えとして、白砂糖は白米、洗双糖は玄米と よく言われています。
d0016727_16513487.gif
型抜きの時にもシャリシャリッと聞こえるほどに残っていて、
焼き上がるとそれが表面にキラキラと見えています。
d0016727_16522750.gif
生地は、小さくカットして冷凍しておいたバターと
他の材料をフードプロセッサーで ガッガッガーッと、
気軽に作れるクッキーです。

2ミリ厚さに伸ばした生地を冷蔵庫で休ませ、
型で押してからもう一度冷凍庫(冷蔵庫)で休ませ、
そうしてから抜いて焼きます。

ザクザク、サクサク、+香ばしさもあって(*^^)v
しかし、困った事にはちょっとあとを引きます。

そのままでとても美味しいクッキーですが、今回は
スイートチョコレート、ストロベリーチョコレート、
ホワイトチョコレートをサンドして・・・(*^^)v

残ったチョコレートは・・・3色スペシャル!お味見用になりました。^^ゞ
[PR]
by gomac_ko | 2010-04-11 00:07 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

ショコラクロッカン

卵白消費対策のクロッカンも2月ならばチョコレート味でしょうね。
d0016727_15273728.gif
中にはクルミとペカンナッツと刻んだチョコレート。(全体量もう少し増やしても良し。)
生地はメレンゲにココアを加えて、チョコレート味にしたけれど、
もう少しだけ増やしても良かったかも知れません。

あ!ブラックココアにすれば良かった~!(遅し!)
d0016727_18564792.gif
カリッ!サクッ!後を引く!
バターは使っていないけどお砂糖の量がね。。。
[PR]
by gomac_ko | 2010-02-04 12:14 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

胡麻サブレ

『黒胡麻』 がた~っぷりこんと入ったうす焼きサブレです。
d0016727_1954744.jpg
口寂しくなって、黒胡麻を引きずって、サブレをば焼きました。
生地の段階では入れ過ぎと思えるほどに黒胡麻を加えて、、(生地重量の10%ほど)
カットする時は香ばしい香りもたっぷり漂わせて、、、。
切り胡麻状態ですね。^^
まな板の上と違ってしっかりカットされてますから、それはそれは香ります。
d0016727_1952717.jpg

ちょっぴり塩味が効いて、サクサクで、止まらない系の胡麻のクッキーです。
うす焼きなのでずっしりした洋菓子感がなくて、それでいてちゃんと焼き菓子しています。

珈琲、紅茶、緑茶、老若男女、和・洋菓子の垣根を越えて、、、(^Д^)
[PR]
by gomac_ko | 2009-07-13 10:24 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

ピスタチオのディアマン

前々から一度焼いてみたかったサブレがこの 「チョコレートとピスタチオのディアマン」
d0016727_13582936.jpg
今回はいつものディアマンとは違うルセットを試してみました。
とてもやわらかくて扱い辛い生地で、冷やして、休ませ、
冷蔵庫と冷凍庫とペストリーボードを何回も行き来して、それでもすぐにベタ付いて来ます。
今日はまだそれほど暑くはなくて、気温20度は作り易いと思うのですが、
そのような配合なのでしょう。
打ち粉では無理なのでラップに挟んで伸ばして、また冷やして、どうにか成形。

最後の工程は、手早く、慌てず、丁寧に、急いで、(笑)
シュクルクリスタルをまぶし付け、カットして天板に並べオーブンへド~ン!
その甲斐あってか、ホロっと崩れるサブレ。
ピスタチオの豊かな風味をチョコレートと共に味わえるディアマンです。
[PR]
by gomac_ko | 2009-05-27 11:52 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)
週末は見ごろを迎えたお花見にも行かず、
   朝から冷凍庫を整頓してその中の1段をワン仔用に空けます。
それは、手作りドッグフードの食材第1弾がドーンと届くからです。
いよいよ以って、骨付き生肉を基にした手作り食が始まります。

これまでのドライフード・ペットシーツとワン仔関連の宅配便はどれも重量があって
いくら仕事とはいえ運んでもらうのが申し訳なくて、、、そしてドライフードは無くなったけれど
今日のこれら食材もまた重い!お兄さんすみません。

以下は考え出したクレオの初めの約1ヶ月のメニュー、とその様子の備忘録。
これは通常の半分の量です。移行中なのでこれまでのドライフードにトッピングして与えています。
*クレオ夕めし*
丸鶏(中抜き)・・・・・・2,400g(2羽)
牛ハツ・・・・・・500g (鶏・ハツ・レバー・砂肝の割合は14日のスパンで考える)
心臓付き鶏レバー・・・・・・200g
d0016727_16515886.jpg鶏砂肝・・・・・・500g 
野菜・・・・・・400g
米・・・・・・700g
押し麦・・・・・・270g
玄米・・・・・・500g
昆布粉・・・・・・3tbsp(ヨウ素と微量の塩分)
亜麻仁油・・・・・・6tbsp(不飽和脂肪酸)
※ 上記で約700gのタンパク質量となり、
   1日2食とすると28日分となる。
※ よって、1日に必要なタンパク質量の半量が摂れる。
※ 体重19kgのクレオに必要なタンパク質量は約45gとしている。

画像の鍋の中はは米類(米・押麦・玄米)と野菜(ニンジン・ブロッコリー)の茹であがり。
しっかり冷ましてから肉類(丸鶏・ハツ・レバー・砂肝)を加えます。
ウチで一番大きなお鍋でも上記量は無理なので半分量で調理、d0016727_16522782.jpg
炊き上がり約4㌔、これを14日分に分けます。
これからも鍋の関係で調理は14日単位とします。

そして、なんと冷凍庫!
1段を空ける程度では収まりませんでした!
数回分のまとめ買いをしたのでその保存と、
日ごとに分けた保存とで予想以上のスペースが要りました。

作っている時、仕分け作業をしている時の
クレオとぐりと云ったら足元でぐるぐる回ったり、
片や近ごろマイブームのお座りをしたり、とまぁまぁエラク真剣度が違います。(笑)
喜んで食べてくれる=ヒトでもワン仔でも同じ=作り甲斐があるものですよね。


*クレオ朝めし*
骨付き仔牛肉角切り・・・・・・1kg (食べたい度はヒトと同じ?^^クレオもぐりも初めにパクッ!)
鶏ナンコツ・・・・・・1kg (喰い付いた順⇒クレオは牛>ナンコツ>手羽、ぐりは牛>手羽>ナンコツ)
手羽先(手羽中)・・・・・・1kg (クレオはバリバリ!ぐりはカミカミ+引きちぎりと20分くらい格闘!)
※ 上記で約1,100gのタンパク質量となり、1日2食とすると24日分となる。

*クレオ昼めし兼おやつ*
ラムバラ骨・・・・・・~1kg (バリバリと快音と共に程よく食べ切る)
仔牛骨ゲンコツ・・・・・・~1kg (思っていたより、当然デカイ!これはまだ与えてない。)
国産仔牛アバラ骨・・・・・・~1kg (同然バリバリ!適度にカットしてあって与えやすい。)
※ 午前中か昼ごろまでの時間帯に、1日100~150gくらいを週に2回ほど与えてみる。
※ 骨10g/kg/体重/日が限度
このレシピでは米類が若干多いように感じたので、与えての様子を見て
次回は米を2合に、玄米も若干減らすかも知れません。
骨が適度の大きさにカットしてあるので、与えてもその場で食べてくれます。←クレオね。
大きいとあっちこっちカバーリングの布の上に持ち運ぶので、何か対策を考えばと思っていたので助かります。^^;


※ 個体に合ったフードに決まるまで、
はじめはクレオの様子ウン〇の様子などを見ながら少しずつ進めます。。。
d0016727_22151937.jpg
ヒトの(^。^)おやつは 『チョコチャンク』
chunk =大きなかたまり、の通り
ぶっかきクーベルチュールがごろんごろん
スコーンのような、クッキーのような♪
[PR]
by gomac_ko | 2009-04-06 16:28 | Saliki(ワン仔) | Comments(2)

きな粉のポルボローネ

日本茶にも合うお菓子、その3が焼き上がりました。^^ゞ
d0016727_1421243.jpg
きな粉のポルボローネです。

このポルボロンと違うのは粉にきな粉と米粉の入る点です。
前回より更にもろい生地だったので型抜きせずに丸めて焼きました。
焼き上がりも崩れやすいので天板のまま冷まします。
きな粉と粉糖を合わせたものを振りかければ出来上がり。

そろそろ、
ケーキモード満載の・・・^^?
スポンジ系+クリーム系 or スポンジ系+ムース系のお顔が見たくなりました。
もうすぐ2月、2月と云えばチョコレート系かしらね。(笑)

[PR]
by gomac_ko | 2009-01-22 00:11 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

ディアマン・抹茶

d0016727_12482141.jpg
粒の大きなグラニュー糖、シュクルクリスタルの感触が何とも気になる(好きな)ので
ディアマンは良く作り置きます。
冷凍庫に入っていると、すぐに焼けるのが便利至極 ≒ ダイエットに不向き至極 (笑)

ほんのりとお抹茶を感じる “和” の漂いに焼きあがりました。

覚え書き・・
[PR]
by gomac_ko | 2009-01-13 22:50 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)
明るい元気なルビー色がどこまでも透明な “紅玉りんごのジェリー”
この可憐な色とやさしい甘みと酸味、これを生かして何かできないものかと・・・
d0016727_1623149.jpg

アーモンドプードルと薄力粉(ドルチェ)をほぼ同割で焼いた風味豊かなサブレに
ジェリーを塗り、グラスアローを塗り、その後オーブンで少しだけ乾燥させました。

ほろほろっとしたサブレに、ほんのりと甘くて酸っぱい味覚が加わって、
とても素敵なハーモニー(どこかの歌詞みたい^^) good ♪

ただ・・・あのきれいな宝石のような赤色にはなりませんでした。
赤いサブレ、可愛らしくてクリスマスにピッタリかしら?などと思って焼いたのですが。。。
[PR]
by gomac_ko | 2008-11-11 16:45 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)