お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:クリスマス・パーティ ( 43 ) タグの人気記事

米寿のお祝いの食卓5/6

お正月に行われた米寿のお祝いの食卓の様子を綴っています。

~つづき~
d0016727_0593993.jpg 『仔羊背肉の香草焼き』
ラムが苦手な人も居るかもしれないと思ってより食べ易い香草パン粉焼きにした。

半分は62-3℃くらいのミディアムレア、
残り半分は気持だけもう少しだけ焼いて。

ソースはデグレッセして白ワイン、そこに
トマトペーストに、リーベンソース少々。
トマトペーストの扱いはノエ先生の教えを
ちゃんと守って◎!
ラムもソースも好評で、チビちゃん達も骨ごと手でつかんでもりもりと食べていた。
ドレッセにミスあり。(ちょろちょろ失敗その5)


d0016727_10996.jpg 『利平栗入りのお赤飯』
いつもは3合であるところを4合に増やしただけで
蒸し時間は大幅に増えた。(その後の調理に影響あり)
この日のために秋に購入した熊本産利平栗は×散々!
県内産利平栗は天下一品の200点満点だったのに~。
d0016727_13143469.gif
『16雑穀米のおにぎり』
小さく握って大人のおしのぎに。
そしてチビちゃんたちのために。
これも画像撮り損ね。

~つづく~6/6は最後のデザートです~
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-10 00:03 | Foods(料理系)

米寿のお祝いの食卓4/6

七草も過ぎたと云うのに、未だに
お正月に行われた米寿のお祝いの食卓の様子を綴っています。(-_-;)

~つづき~
d0016727_0495491.jpg 『和風フォアグラ大根』
こちらもノエ先生のレシピから。
畑産の宮重群(秋だいこん) 別名煮物大根を使用。
柔らかで煮崩れしなくて煮物にぴったりの大根。

郷土的に濃い味付けを好むので、おいしい出しに
うす口醤油とみりんを少しだけ足した。
熱々を食べてもらうのは難しいので、一緒に味わってほしい出しは葛で軽くとじた。

大根は中までしっかり出しが染み込んで、形は少しも崩れず、おいし~く煮えていた。
翌日、残った端っこの大根をいただくもと~っても美味し!

フォアグラは一番最後に調理したのだけれど、
その最後の最後で慌てたのか柚子コショウも青物も忘れてもうた!(ちょろちょろ失敗その4)
焼きは表面パリッ!、中フワッ!、と焼けたよ~。


d0016727_0574040.jpg 『プチトマトとモッツァレラチーズのマリネ』
この時のノエ先生のレシピから。
赤色と黄色のプチトマトは合計で100個を超え、
すべてを丁寧に湯剥きした。
小さなモッツァレラチーズは3袋でバランスよし。
お酢は絶対に久留里の酢。

                    
d0016727_0492124.jpg 『紅白の珍珠丸子(チンチュワンズ) 』
撮り損ねたので切り取り画像。
ホタテ貝柱入りの肉団子を作り、
紅白に染めたもち米をまぶして蒸し上げた。
もち米の桃色に染める加減が難しい。
もう少し濃くても良かった。

~まだつづく~ ^^;
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-08 18:22 | Foods(料理系)

米寿のお祝いの食卓3/6

お正月に行われた米寿のお祝いの食卓の様子を綴ります。

~つづき~
d0016727_0114474.jpg 『七福炒りなます』
画像は撮り損ねた。
左上のは昨年のもの。
今年は断然量が多い(右下)。
上から捻りゴマを散らして。

野菜がたくさん食べられ、
うす味感と歯応えと酸味が
身体から欲しているような
心地よい一品。

人参、ごぼう、れんこん、干し椎茸、しらたき、切干大根、油揚げの七福(七目)を炒めて
調味し、酢を加えて炒り上げる。


d0016727_0124037.jpg 『茄子ときのこのマリネ、ジュレと共に』
盛り方の工夫が貧弱と痛感させられる。
盛りつけてからいただくまでの時間があるのでジュレに使うゼラチン量を少し増やした。

調理の終わりの頃となって時間的に余裕がなくなりつつある頃の盛りが如実に表れている。
緑の表皮卸しも飾りもないー。
カボスを切ってみたら中が貧しく、それを隠そうと盛り付けを更に盛り下げた。(言い訳)
(ちょろちょろ失敗その3)

d0016727_0125897.jpgウチでは常に欠かせない大鉢盛りの葉っぱ系サラダ。
『鯛の昆布締めグリーンサラダ仕立て』

今回のトッピングは野菜のチップス。
毎回大好評なのが “和が家亭ドレッシング” (*^^)v


レシピを残したくも毎年毎回味を見ながらの微調整なので数字で残すのはかなり難しい。
今年のは白ワインビネガーベースにラズベリー、すだち果汁そしてバルサミコ少々。
オイルは鯛が入るのでピーナッツオイルを選んだ。

~4/6へ つづく~
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-08 09:32 | Foods(料理系)

米寿のお祝いの食卓2/6

お正月に行われた米寿のお祝いの食卓の様子を綴ります。

~つづき~
d0016727_23394598.jpg 『いくらの醤油漬け』
チビちゃんから呑みオトナまでが好きなイクラ。
昨年は青竹で器を作ったけれど、今年はど~んと。
塗りの雑煮椀は黒色の方が映えたかと少し悔まれる。

コナ宅からの帰りに入手した国内産筋子を
ほぐして醤油漬けに。
粒がしっかりとして旨みもギュッと美味。
作り方はぎょれんのポスターから。


d0016727_23403175.jpg 『柚子れんこん』
皆が好きな「酢ばす」を
皆が好きな「柚子」で仕上げて。

元日の朝、れんこんを縦半分に切り まず片方に
花形の飾り切りをしていた。
と、そこへ家人が起きてきた。
で、新年の『明け・・・今年もよろしく・・・』 と挨拶する。
まな板に向かい直すも、もう一方の飾り切りを忘れて調子よくトントン薄切りに!
で、半分に飾り切りはない。。。 (ちょろちょろ失敗その2)

d0016727_0325741.jpg 『紅白なます』
チビちゃん達もパクパクいける柿なます。

昨年が好評だったので、今年は山盛りに。
京人参も大きなものを選んで刻んだ。
大根はウチの畑産を使用。
ひたすら刻んで塩をして10分、キュ~ッと絞って
久留里の酢を使った合わせ酢に漬ける。
前々日に作って冷蔵庫保存。
数日経っても食感は変わらずシャキッ。

~3/6へ つづく~
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-07 09:58 | Foods(料理系)

米寿のお祝いの食卓1/6

お正月に行われた米寿のお祝いの食卓の様子を綴ります。

~つづき~
d0016727_22504837.jpg 『伊達巻き』
試作を重ねた成果のはずが、1本目は な・な~んとフタをしないで焼くと云う失態を演じた!
(ちょろちょろ失敗その1) その1と云う事はその2もあると云うことね。
かまぼこは義母が買っておいてくれました。
風味があって歯応えもよく美味しい。
後ろに数の子少々。


d0016727_22511571.jpg 『黒豆』
画像になるとあの黒さを表せない。

今回も丹波産の大粒の黒豆をお取り寄せ。
12月27日に浸し、28-29日と合わせて8時間かけて煮た。
家人は今までで一番おいしいと言っていたが、
今回は2日間に分けて煮たからだろうか?

今日5日になるとその深い黒さが増してランクアップ。
今年は1週間前に煮た方が良いかも知れない。


d0016727_22513696.jpg 『鯛の浜焼き』
食べ掛けてから(飾りも外され・・)の画像で失礼。

尾頭付きのめで鯛(たい)は献立から外せない。
瀬戸内海産鯛の大きさは40cm弱。
しっとりと焼き上がり、鯛の旨みを味わえた。

浜焼きとは、
瀬戸内海の塩田で働いていた人達が、南北朝の時代から食べていた料理とか。
獲りたての鯛などを、製塩用の窯で蒸し焼きや塩焼きにしたもの。(yahoo!辞書)

~つづく~
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-06 11:26 | Event(行事&行事食)

2010年1月吉日

d0016727_10285042.jpg
明けましておめでとうございます。
皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末からお正月にかけては留守を決めていた我が家、
その数十年間を経て、今は自宅で過ごすようになりました。

お正月料理と云えば、
結婚当初にも本を見ながらお重詰めを作りましたっけ。
銀塩フィルムの時代に食卓の上だけを撮る考えはありませんでしたので
今となると当時のメニューやレシピなどはどこにも残っておりません。
これからは残せるものは残しておきたいと「備忘録」の出番です。

2010年1月2日、義母の米寿のお祝いで子供や孫、ひ孫たちが集まりました。
当初20数名の予定のところ、仕事や諸々などで少し減りましたが、
ほぼ予定通りのお祝いの宴を開くことができました。
d0016727_18224939.jpg
大晦日31日は栗と小豆のパウンドケーキを焼き、伊達巻きを焼き、紅白柿なますを作り、
NHK紅白の始まる頃にはキッチンから引き上げて夜はゆっくり過ごししました。

明けて朔日は初日の出を拝む間もなく15~16時間キッチンを占領しました~。 p(^^)q
家族の飲むコーヒーもカップやポットまでもキッチンから追い出し 「そっちで作って」 な始末。
そんな勝手を快く受けてくれたおかげで1月2日の佳き日を迎えるに至る訳です。
~つづく~
[PR]
by gomac_ko | 2010-01-04 22:48 | Event(行事&行事食) | Comments(10)

お祝いの準備

d0016727_1431345.jpg
調理の手順表や使う器のメモ、お品書きに座席表に座席札、ぽち袋に・・・♪
箸袋は和紙にプリントアウトしてみたけれど、
赤縁和紙と水引を使って作った方が良いかもしれません。

お年玉用新券の両替も早々に済ませましたし、
お買い物も少しずつ済ませたり、大買い物もその第1弾を終えました。
荷物が多くて重くなる日のお助け役は、、、買い出しのお供はいつも二女です。^^v
[PR]
by gomac_ko | 2009-12-25 22:51 | Event(行事&行事食) | Comments(4)

お正月はお祝い 

米寿のお祝いの計画は進んでいます。

d0016727_1314132.jpg


↑ このような感じで纏まりつつあります。
「米寿を迎える義母をお招きして皆でお祝いしたい日」 の献立です。
お誕生日を少しだけ繰り上げて、お正月に集まる予定でいます。

内容はおせちと云うよりはお祝いの気持ちをメインに据え、
ひとりひとりの顔を思い浮かべて、其々の知り得る範囲の好みを入れます。
前もって準備できるもの~前日に作っておけるもの~
そこに出来たてを味わって貰いたいものを加えて組み合わせてみました。

面々はマイナス零歳から88歳(正しくは87歳ですね)まで、おそらく20数名!(∂。∂!)
紅白かまぼこは既製品を購入しますが、ほかは全て作りま~す。p( ´∇` )q
出来る範囲で、、だから大皿盛りです。^^;

てな訳で、クリスマスパーティまではキャパ超えしており 無理、ムリ、むり、です。
家族だけで ちんまりちんまりと楽しむことにします。( ^^)Y☆Y(^^ )
[PR]
by gomac_ko | 2009-12-14 13:15 | Foods(料理系) | Comments(2)

米寿のお祝い計画

♪ ハロウィ~ンモードのこっこが萎れてきてしまった。→ 慌ててひと記事アップです。

その日のご馳走があるかのよう…クレオは視線を外しません。(笑)
d0016727_9491258.jpg
私めはクリスマスを飛び越えたまだ先のことですが、いろいろ楽しむこの頃です。


“米寿” 88才 金茶

宴を催し、祝意を表す。

ホテルやレストランなど改まったところは また温泉旅行なども 苦手な義母さま。

テーブルクロスのための黄色の布が少しだけ足りない
                       → 白寿の白色を配色(1回の使用なので)で。

黄色は
より楽しみを運んでくれる色。
希望・発展・活気・幸福の色。
人とのコミュニケーションを図るパワーがあり、心のマイナス要素を取り払ってくれる。

お花・アレンジメントは黄色系で揃えて。

献立は
おめでたい=鯛の浜焼き、お赤飯=黄色の栗を加えて栗入りのお赤飯に。

他は、第一世代向きのものから第二世代・第三世代・第四世代に向けて考える。
今年のお正月に好評だったものから数点、ノエ先生のお教室メニューから数点、
そして11月12月のお教室から数点、^^ の予定。 (*^^)v

デセールは日本茶にも合うように考えたケーキを。
これも一品はノエ先生から、もう一品は和の素材を使ってのお菓子を考え中。
難なく18カット出来るスタイルで。


米寿の祝賀の参会者に枡(ます)の斗掻(とかき)や火吹き竹を贈る習わしがあったが、
その理由は判然としない、そうだ。

斗掻(とかき)とは、枡に米などを盛った時に、枡の縁なみに盛り上がった部分を平らに
ならすのに使う短い棒のことで、ますかき又は、かいならしとも云う、と知る。
とかきは聞いた事がないが、かいならしは聞いたことがあるような気がする。

火吹き竹、これは今でもキャンプやBBQで馴染みのあるもの。

[PR]
by gomac_ko | 2009-10-29 10:53 | Event(行事&行事食) | Comments(0)

お正月料理は 

d0016727_11544291.gif
お正月を自宅で過ごすようになってからは毎年迷うのが 『おせち』 のことです。
おせちには 新しい年を迎えて、其々に意味合いや縁起、五穀豊穣や家族の安全と健康、
子孫繁栄などの祈りを込めて盛り込まれています。

処々事情も移り変わった今、
おせちに拘らない、おせちに逆らわない、お正月料理を考えたいと思って来ました。
昔人の風習を大切にしながら、願いを込めて 家族が喜ぶ 『和がや亭おせち』 を
少しずつ詰めていきたいと思っています。

2009年、画像は左上から・・(^-^)
 黒豆 
    毎年取り寄せている丹波篠山産の黒豆は1kgをウチで一番大きなお鍋で煮て、お裾分け用には保存瓶に。
 柿なます 
    畑産の三浦大根と京にんじんは丁寧に細く切って漬け込み、盛る時に自家製干し柿を加えて。
 竜眼巻き 
    鶏ささみを叩いて伸ばし焼きのりを乗せ、茹でたウズラ卵を乗せて巻いて、揚げて、本むらさきで味付け。
 鴨の燻製、オレンジの香り(Noe先生から) 
    燻製の鴨肉にオレンジ皮のコンフィチュールとオレンジの果肉を乗せ、バルサミコ酢他を煮詰めたソースで。
 豚肉と野菜の豆鼓醤蒸し(Noe先生から)  
    豆鼓醤ほかで1時間マリネした肩ロース肉をしっかりと蒸しあげる。途中できのこや野菜も加えて。
 七福炒めなます 
    にんじん、ごぼう、れんこん、しらたき、切干大根、干し椎茸、油揚げをうす味に仕上げて。
 葉っぱのサラダ、フランボワーズビネガードレッシング 
    レタス、ベビーリーフ、グリーンアスパラのサラダにはIKEAのポテチをトッピング、
     ポイントはフランボワーズビネガーを使ったドレッシング。

 真鯛と野菜の昆布締め、サラダ仕立て(Noe先生から)  
    軽くマリネした鯛と、大根にんじんを昆布で締め、そぎ切りにして叩いて伸ばし、その大根とにんじん、
     青ねぎを巻いて、盛り付けて、柚子の皮を乗せ、ポン酢しょうゆベースのドレッシングを添えて。

 八幡巻き 
    下煮したごぼうと京にんじんを牛肉で巻いて、焼きつけ、味付ける。
 だて巻き 
    卵5個に白身魚のすり身と大和芋少々などを合わせた生地を焼いて、鬼すだれで巻く。レシピ未完成なり。
 いり鶏 
    白くきめ細やかな畑産の里芋を使ったお馴染みの煮物は、炒めた野菜や鶏にたっぷりの熱湯を回しかけて
     油分を落としてから煮る。

 いちごと抹茶のロールケーキ 
    抹茶を加えた生地に、いちごのコンフィチュールを合わせたクリームを巻き込んで。
11.5人でほぼ完食いたしたのであります! (嬉*^_^*)

左欄は・・・
冬の朝、なかなか布団から出られないクレオ(^。^;)と、ぐりとラニです。m(._.)m

[PR]
by gomac_ko | 2009-01-03 11:56 | Event(行事&行事食) | Comments(12)