お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:レシピ ( 40 ) タグの人気記事

子ども用マスクの作り方

アクセス解析を見たら 「マスク 作り方」 が急に増えて、、季節ですね。
作り方もたくさんあると思いますが、今回作ったマスクのレシピを残します。

過程は・・・
初めに試したのは、ゴムを通す部分を除いた三つ折りで、輪になっていない片方は
ゴムを通す分だけ2cm位を折ってみましたが。。

その2cmの部分だけ厚みが出て、な~んか違います。(すっきりしないし、きれいじゃない。)それなら、その2cmを反対側まで延ばせば良いのでは?
ならば、その布端は少しずらした方がおさまりが良いのではない?♪ で
出来上がったのがこちらです。

<Wガーゼで子ども用マスク> 出来上がり:8cm×12cm くらい
縫う箇所は2本の直線だけで、厚さの均一な布端の目立たないマスクが出来ます。
布のガーゼは水通しをして、布目を通してアイロンをかけておきます。 

↓ 目安になるように数字は入れましたが、これは紙を使って畳んでみた時の数字です。
   実際はWガーゼですので布の厚みなどが関わり、数字は多少の違いが出ます。
   最終的に、3番の段階で調整してミシンをかければ大丈夫だと思います。

<ポイント>
布の用意、Wガーゼで用尺は 16cm×44cm 
   16cmはそのまま折り合わせるのでピッタリ切る。
   44cmは折りたたんでいくうちにずれた時に、また布目が曲がって切ってしまった時など
    のために折りたたんだ段階で改めて切り直せるので少しだけ余分をみて切る。
ミシンをかける時は布がずれないように目打ちを使うように勧めます。

<作り方>
1. 断った布は横長に置き、布目を正してアイロンをかけ、上下を真中で折り合わせる。
d0016727_2021151.jpg


2. 右から11.2cm、左から9.5cmのところを折る。
   折るラインに物差しを当てて、布をかぶせるようにして折るときれいに折れる。
d0016727_203193.jpg


3. この段階が大事なので、丁寧に折り位置を決める。
   右側の端から赤い印まで1.5cm、左側の端から赤い印まで1.5cm、になるように整え
    ずれないようにピンチや長い待ち針で留める。
  そして、赤い印の2ミリ中側(青いライン)を、布端を落とさないようにミシンで縫う。
   出来たら ↓ のような平らではなく顔に付けた時のように、外側に心もちゆとりを持たせ
    て縫うと良い。
d0016727_20123554.jpg

d0016727_15412548.jpg 4. お好きなゴムや紐を通して結び、
  結んだ箇所を中に隠して、出来上がり~♪

出来上がりのサイズが多少違っても
さほど影響はない筈です。
3. に気を付ければすっきりと仕上がると思います。 

  
[PR]
by gomac_ko | 2008-12-15 20:01 | Sewing、knitting(針) | Comments(0)

夏みかんのピール

ママレードに続けて初めて作ったのは、2週間かけて炊いたピールです。
よく見かけるように乾かすのではなくシロップごと瓶詰めしておきます。
オレンジ色が濃くなって、ぷっくらとした透明感の出た皮が何とも言えません。
d0016727_16173715.jpg
空気に触れさせて固くなったり、保存中にカビが発生してしまったり
してしまったりするのはかなしいものです。
長く保存しておく事が出来るように、ガラス瓶にシロップ浸けにしました。

ママレードの場合、炊き過ぎは禁物だと体験しています。
浅めの炊き加減の方が香りも風味に格段の差があって、
それは自家製ならではの美味しさであるとも思っています。
d0016727_16182540.jpg
新鮮な果物の色と香りが感じられる柔らかめが好きです♪
「今がおいしいですよ!」 と言ってる果物の声を聞いて仕上げられたら、素敵です。
その時と同じような気持ちで、またお鍋に向かいたいと思います。

覚え書き
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-10 22:58 | Sweets(甘いもん系) | Comments(6)

甘夏のママレード


畑の木に実った甘夏(夏みかん?) を家人が採って来てくれました。
完全無農薬ですからね! ママレードに初挑戦です。
d0016727_132028.jpg

いちごジャムなどはとても気楽に作れますが、
ママレードは渋みの抜き加減や煮詰め加減など難しいと思ってこれまで敬遠していました。

例え、上手く煮えたとしても素材によって違うから毎回同じように出来るとは限らないし・・・
でも今年は・・・ま、いいわ。^^
何度か作って感覚を覚えるしかないな、失敗は覚悟で煮てみましょう。
d0016727_13201814.jpg
春になったら清美オレンジを使って、この方の “丸ごとママレード” を作ってみたいです♪

<覚え書き>
[PR]
by gomac_ko | 2008-01-26 10:03 | Sweets(甘いもん系) | Comments(8)

七五三で・・・♪

今日は久しぶりの青空、窓を開け放っていても暑いくらいな陽気の日曜日でした。

d0016727_1964620.jpgさて、、、
コナ(まごっち3号)の七五三お祝いは来年ですが、
リナとリナ弟(まごっち1号2号)が今年お祝いです。

お参りを済ませた後、やって来てくれて
総勢11人+3ワン揃って(入り乱れて?)
にぎやかな夕食となりました。
健やかに育ったお祝いです。
笑顔がたくさんの楽しいひとときは、
何より嬉しい感謝の証です。

40サイズの鯛の浜焼き、栗入りのお赤飯と
お子様ランチ風に仕立てた子どもプレートの
お祝いの食卓をgomaばぁばは、用意しました♪

280cmの食卓は、0.2.4.6歳児の齎す笑顔の嵐の中ではテーブルコーディネートや
テーブルセッティングとは無縁、であってもそれを超える大きな幸空域がありました。

その中での 長いも入りの大根サラダ パリパリ麺と共にのドレッシングがとても好評でしたのでレシピを残します。
                         煮切りみりん・・・・・・30ccd0016727_15154695.jpg
味ぽん・・・・・・60cc
バルサミコ酢・・・・・・10cc
砂糖・・・・・・ほんの少し
太白ごま油の白・・・・・・30cc
塩・こしょう・・・・・・適宜
チャイニーズチキンサラダからヒントを得まして、
 揚げ麺をトッピングに使いました。
 中華風刺身サラダでワンタンの皮を揚げてトッピングに
 使う感じですが、揚げ麺を使うのは手軽でいいです♪
  ↑この画像、クレオのお尻がギザギザ、なのに別窓で開くとなめらか だわよ、、、どうして?? 
[PR]
by gomac_ko | 2007-11-04 22:48 | Foods(料理系) | Comments(6)
d0016727_1053643.gifウチには蒸篭はなくて、2段式の蒸し器があるだけです。
途中で浸した汁を何度か振りかけて蒸し上げるおこわは難しいと
決め付けていました。
それで、今までのお赤飯は所謂
“炊きおこわ”なのでした。

最近ではこの蒸し器で、美味しいおこわが手軽にそして確実に出来るポイントが分かりました。

もち米だけで蒸し上げるお赤飯は、蒸し器の蓋を開けた瞬間から感激します。
つやつや、ぴかぴか、ふっくら、もっちり、、、思わず 「わぁ~っ♪」 と上げてしまいます。
お米のひと粒ひと粒が味わえて、とーっても美味です。

お赤飯・・・家族のお誕生日には朝から炊いてお弁当にも詰めていましたっけ。。。
それが、近ごろではお食い初めや七五三などと、すっかりまごが対象になってます。^^;
今日は、残っていたもち米で、なごりの栗を使って、旨みの出るきのこやごぼうを入れて
「秋のおこわ」 を蒸し上げました。(^u^)

レシピメモ
<材料>
もち米・・・3合、水・・・320cc-戻し汁分、鶏もも肉・・・1枚、しいたけ・まいたけ・・・1/2パック、栗・・・12個
干しえび・・・大さじ2、茹でたけのこ・・・少し、にんじん・・・少し、ねぎ・・・少し、しょうが・・・少し、
調味料 : 砂糖・・・大さじ2/3、薄口しょうゆ・・・大さじ2、濃口しょうゆ・・・大さじ2/3、酒・・・大さじ3、
      塩・・・小さじ1、がらスープの素・・・小さじ1、
<作り方>
1.もち米、米は洗い、ざるに上げ、水気をきる。栗はむいて水に浸しておく。
2.肉や野菜は切り、(干ししいたけ)、干しえびはそれぞれ戻し、汁はとっておく。
3.この戻し汁に酒、しょうゆを合わせ、水を加えて400ccにし、もち米を2時間ほど浸しておく。
4.大きめの厚手の浅い鍋にごま油を熱し、ねぎ、しょうがを炒め、鶏肉と栗以外の野菜類を炒め合わせる。
5.ここに浸しておいたもち米を汁ごと加え、砂糖、塩を加え、強火で木ベラで混ぜながら、汁気を完全に吸わせる。
6.蒸気の上がった蒸し器にふきんを広げ、ここにこんもりと移し、栗を乗せ、32分蒸す。

[PR]
by gomac_ko | 2007-10-31 20:30 | Foods(料理系) | Comments(0)

かぼちゃプリン

10月と言えば・・・かぼちゃ
と、畑でとれたウチのかぼちゃを使って・・・
d0016727_1571481.gif
ど~んとかぼちゃプリンです。
た~ぷりなカラメルソースに吊り戸棚が映り込んでますね。^^;
かぼちゃにはシナモン、香りにそそられます。
かぼちゃプリンって大きな型で焼いてカットして食べる、のが多いのは何故でしょうか?^^
d0016727_15295418.gif
かぼちゃをさつま芋に置き換えて、さつま芋プリンも作ってみたくなりました。


レシピメモ
[PR]
by gomac_ko | 2007-09-30 13:44 | Sweets(甘いもん系) | Comments(12)

四色のおはぎ

おはぎは粒あん、ぼたもちはこしあん、と言う説もあるようですが、
ウチでは皆粒あん派なので
春のぼたもち、秋のおはぎ、共にずーっと粒あんです。

いつもはせいぜい3色なところを、春には作れないずんだを加えた“4色おはぎ”です。
娘たちが 「おはぎはウチのが一番なんだわ~。」 と、言ってくれるので、 (*^_^*)
・・・の帰った後のお皿は・・・^^
d0016727_17291461.gif


今年はお彼岸と言えども冷房を入れるほどの残暑です。
こんな時こそ!と圧力鍋を使ったので煮る時間はあっという間でした。

コトコト、フツフツと煮ているのスローな時間もけっこう気に入っているのですが、
今は寒くなってもお鍋のかけられるようなストーブを使っていません。
これからはエコを考えても圧力鍋を使おうと再認識しました。


レシピメモ
[PR]
by gomac_ko | 2007-09-21 08:40 | Sweets(甘いもん系) | Comments(6)

箸袋 と作り方メモ

リクエストされて初めて作ったのは、夏でダブルガーゼ製でした。
季節の移りに合わせて、マイ箸の “箸入れ” です。
d0016727_1656272.gif

留めるビーズだけを娘が買って来てありました。↘
d0016727_17141114.gif
麻布の残暑バージョンと細畝コーデュロイの秋バージョン。
どちらも水玉模様になってしまいましたが、これは偶然です。
何しろ在庫布、残り布で作ろうとしているので、こうなりました。

裏布はウチらしく(余り布とも言う^^)ハワイアンプリント♪
d0016727_1771580.gif
三角に縫った部分は片方だけにすると、箸のサイズを選ばないで使えます。
自分用に作るのならば、味わいのある落ち着いた 「和」 な布や、
楽しく 「クリスマス布」 で作っても良いでしょうね。^^v


作り方メモ
[PR]
by gomac_ko | 2007-09-11 17:46 | Sewing、knitting(針) | Comments(6)

ナンプスロー

d0016727_2253547.jpg
青物(緑)を忘れました、、、^_^; 香菜か青葱を散らして下さい。
キャベツの歯触りが嬉しいコールスローのタイ風バージョンです。

強過ぎないにんにく、甘酸っぱ、ちょっと辛、生野菜にたんぱく質も加わって、
体に優しく親切な一品になりました。^^

今日は冷蔵庫にあったキャベツ、玉ねぎ、紫玉ねぎ、にんじんだけでしたが、
他にもその時々でいろいろな野菜を使って7目、9目となると楽しいですね。
これに鶏もも肉の紹興酒蒸し、ピーナッツ、香菜を加えました。
鶏肉だけでなく豚肉や海老に代えても良いかな、と思います。

***覚え書き***
ドレッシング  (お味見をして加減)
 ナンプラー・・・・・大さじ1
 にんにく・・・・・1 片
 唐辛子・・・・・1 本くらい
 レモン汁・・・・・大さじ2
 酢大さじ・・・・・2 1/2
 砂糖大さじ・・・・・2/3
 ピーナッツ油・・・・・大さじ1
<下ごしらえ>
1.鶏もも肉は紹興酒で酒蒸しにして裂いて蒸し汁に漬けて冷ましておく。
2.ピーナッツは空炒りして刻んでおく。
<作り方>
1.すべての野菜をせん切りにて軽く混ぜ、(分量外の)塩をふりかけ、5本の指を広げて
  決して揉まないようにふわっとさっくりと、塩を行きわたらせるように合わせる。
2.暫く置いて少ししんなりしたら水を加え、同じく5本指で大きく混ぜ、ざるにあげ、
  絞らずにそのまま水気をよく切っておく。
3.ドレッシングを作る。 ニンニクを包丁で叩きつぶし、ここに油以外の調味料を加えて
  そのまま置いておく。いただく時にピーナッツ油を加えながらよく混ぜる。
4.水切りした野菜に裂いた鶏肉を合わせ、ピーナッツ油大さじ1ほどを回しかけ、手で大きく
  混ぜ、ドレッシングを回しかけ混ぜ合わせる。
5.器に盛ってピーナッツをかけ、香菜・青葱などを乗せる。
[PR]
by gomac_ko | 2007-06-09 12:32 | Foods(料理系) | Comments(2)
オールレーズン風
海の青と空の青-ushibuka-のhiro235 さんのところで拝見いたしまして・・・^^
さっそく♪作ってみました。
アドバイスに従って砂糖を減らし、又ラップにはさんで作業をしたら難なく伸ばせました。
レーズンの甘さがちょうど良い、懐かしいおやつになりましたよ。

hiroさん、レシピをありがとうございます。
d0016727_13271136.jpg配合は多少変わってしまいました。^^;
<材料> 全量950kcal
薄力粉・・・・・100g 368
ベーキングパウダー・・・・・小さじ1/2
塩・・・・・小さじ1/8
グラニュ糖・・・・・大さじ1 50
黒砂糖・・・・・大さじ1 71
バター・・・・・25g 191
(8ミリ角にカットして他の材料を準備する間
                   冷凍庫へ)
溶き卵・・・・・35g 52
ラム酒漬けレーズン・・・・・60g(水気を切っておく) 181+29
溶き卵・・・・・適宜(塗り用) 8

作り方はhiroさんの通りに焼きました。(^u^)
<作り方>
1.フードプロセッサーに薄力粉、B.P.、塩、砂糖を入れてガッガッと回して攪拌する。
2.冷凍庫のバターを加えて、ガッガッガーッ、とこれを3回ほど回す。
3.ボウルにあけ、溶き卵を加えて生地をまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で休ませる。
4.生地をラップにはさみ、めん棒で2ミリに伸ばす。
5.半分に切り、一方の生地の上にレーズンを散らしてもう一方の生地を重ねる。
6.再びラップにはさみ、めん棒ではじめは抑えるようにしつつ3ミリに伸ばす。
7.ラップにはさんだまま冷凍庫で10分ほど休ませる。
8.裏・表のラップを一度はがしてから適当な大きさにカットし、溶き卵を塗り、焼く。
今回は170℃のオーブンで13分の焼成でしたが180℃でも試したいと思っています。

追加: バターも砂糖も少ないのでどの位かな?などとカロリー計算してみました。
     @。@! キャ! やっぱりお菓子はお菓子ですわ。。。 あなおそろし!(笑)
[PR]
by gomac_ko | 2007-06-07 13:32 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)