お菓子とお料理、ハワイアンキルトとフラ、リボンレイ、ソーイングを楽しんでいます。ワン仔はチワワのぐり。お天にはパトラ(シェルティ)ごま(ミックス)クレオ(サルーキ)がいます。 


by goma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:和菓子 ( 20 ) タグの人気記事

作ってもうた、渋皮煮

毎年、毎回、作り終えると
「もう来年は作らない!」と決めるのに、
9月になっても「作らないの!」と思うのに、
作ってもうた。。。
d0016727_15463874.gif
“モンブランタルト”のための渋皮煮、やっぱり作った方がいいわね。(←自分に)

昨年はかなりのがっかりで、
9月に買った千葉県産の利平栗が、嬉しく期待を裏切ってくれてとっても美味しい!
でしたので、やっぱり渋皮煮を作ろう!と熊本から利平栗をお取り寄せ♪
しかし、しかし、この熊本産が如何せん良ろしゅうなく、再発送してくれたにも関わらず
思った利平とは宇宙の果てほどかけ離れ(オイシクナイ)苦い体験を強いられた。


更に、『今年の栗は期待できない』との次女の意見もあって、今年は諦めていました。
それでもお菓子は作りたい…で、次女の目を盗んで(笑)
最悪の場合は刻んでも良いと思って、お取り寄せには頼らず
近場のスーパーの茨城産の栗で・・・作りました~。(*^_^*)

やっぱり、美味しい、渋皮煮。

<memo>
栗・・・500g
重層小さじ1、とろ火12分(小粒だったので)、アク抜き3回。
砂糖80%、半量加えて10分、冷まして、残り半量加えて10分、
お菓子用なのでブランデーを加え、すぐに使うので煮沸無し。
[PR]
by gomac_ko | 2010-10-02 11:04 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

水無月 と 抹茶水無月

今日6月14日、昨年より11日、平年より6日遅く関東甲信が梅雨入りしたとみられる
と、気象庁からの発表がありました。
今日はひんやりとして湿度も気になりませんが、
これからは、しとしと、じめじめ、むしむし、の季節になるのですね。


「水無月」と云えば、今では6月の代表的な和菓子と思えます。
そして、6月30日は水無月を食べる日です。
時期的には少し早いのですが、その水無月 を作りました。
リクエストの第三弾です。
d0016727_232383.gif
いつもの小豆のタイプと、今回は抹茶のタイプも作りましたよ。
こちらは小豆、金時豆、手亡豆、えんどう、黒豆の五つの彩りのお豆で、
味わいもその所々で違って、楽しい水無月 になりました。
何より驚いた (発見した) のは、水無月 と抹茶水無月 の生地の違い!でした。

粉類は本くず粉、白玉粉、上用粉、薄力粉を組み合わせて使っていますが、
ここに少量の抹茶が加わることで生まれるこの食感の違いは何なのでしょう。
d0016727_2323343.gif
近ごろではこの辺りの和菓子屋でも見かけるようになりましたが、
首都圏育ちの身にはつい数年前まで馴染みがありませんでした。
d0016727_232522.gif
京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、
この半年の半年間の罪や穢れを払い、
残り半年を無事に過ごせるようにと祈願する行事、
「夏越祓(なごしのはらえ)」に関係がある、と。
d0016727_2331116.gif
奈良時代から 大祓(おおはらえ)が、年に2回 6月と12月の晦日に行われると
定められていて、12月は「年越祓(としこしのはらえ)」と称される、と
京都検定のサイトから知りました。
[PR]
by gomac_ko | 2010-06-14 10:56 | Sweets(甘いもん系) | Comments(0)

栗きんとん

茹でた栗と和三盆を使って 「栗きんとん」 をば作りました。
d0016727_20552351.jpg
事件はその後 起きたのであります。

残った、すっかり冷えた栗・・
意地汚くこれを平らげようとした・・
切れの良くない方の包丁を使い・・
手元誤まり左手損傷と相成りに候
依って暫し休む也

指先ですから、大したことはないです。病院にも行ってませんし。。。どんな状態かまだ見てませんが。。
もう少しアップルパイを楽しんで、パンプキンパイと、和栗のケーキと、予定を立てていたのですが、少し延期ですゎ。

[PR]
by gomac_ko | 2008-10-28 11:11 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)

原宿瑞穂の豆大福

神宮前の交差点から表参道ヒルズに向かう途中の路地を少し入った隠田商店街に
そのお店があります。(郵便局の少し先です。)

「まだ有りますか?」 後から入ってきた老紳士は少し心配そうに声をかけていました。
「ありますよ。」 紳士はホッとした様子で笑顔を見せ、順番を待っていました。。
d0016727_032043.jpg
5~6人も入るともういっぱい、なほどの店内には      (風の強い日でしたので暖簾が・・・)
この豆大福と最中とお赤飯しか見当たりませんでした。
季節には桜餅や水羊羹、栗蒸し羊羹などがあるそうですが。
d0016727_9551174.jpg
ずっしりと重い、その大福はお餅とお豆と餡がとても心地良いバランスです。
単に甘さ控えめなどと云う表現で済ませたくない程よい甘さと練り加減の餡は
お餅の柔らかさ、お豆の歯に当たる食感と、ひとつのお菓子になって和ませてくれます。
[PR]
by gomac_ko | 2008-03-24 18:28 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

今年の水無月は・・・

6月30日、残念ながら、夕刻から雨が降り出してしまいましたが、満月。
6月30日、『水無月』 を食べる日。(ウチの習慣になりつつあります。)
6月30日、夏至を過ぎて、早くも 陽は日いち日と短くなり始め。
d0016727_19362434.jpg

半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を願いまして、今年も頂くことに致しましょう。
水無月の小豆は悪魔払いの意、三角の形は暑気払いの氷を表しているそうです。

d0016727_19395386.jpg今年は乗せる鹿の子豆を、このケーキように、大納言、金時
大福、うぐいす豆の4色にして、そして食べやすいように、と
小ぶりにカットした のですが 豆の散らし方が失敗でした。
お豆の大きさが違うのでその当たりをきちんとを加減して、
上面の高さを揃えて置かないとならないのでした。 
                       (ちとばかり難しい~?^^;)

  *****  *****  *****
《その1》
同じ月に二度満月が巡ってくる月の、二度目の満月をブルームーンというそうです。
今宵は3年ぶりのブルームーンでした。
次回は2010年の1月と3月だそうです、晴れるかな。
《その2》
水無月は新暦の6月の別名ですが、水が無い月と書いても水が無いわけはなく、
神無月の「な」と同じで「~の~」に当たる「な」なので、「水の月」と言う意味になります。
由来には諸説あるようですが、田植えの終わった田んぼに水を引く月であるから
「水無月」と言われる、と言う説に納得しています。
[PR]
by gomac_ko | 2007-06-30 20:33 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)

今年も、笹団子とちまき

実は 毎年 密かに とても 楽しみにしているのです。d0016727_12453670.gif
今年も頂いて参りました。(娘が)

上司のお母様の全て手作りです!
ご好意でお裾分けを
頂いております。(毎年・・)
頂いております。。。(皆で・・)
本当にご馳走様です。

中の団子、餡子、ちまきは元より
笹を乾かす事からきな粉までも
すべて手作りなのです。

笹の香りの中、そのすげを解くときから、
未だお会いした事のない、その作り手の気持ちが伝わって来るようです。
心のこもったものを頂くと体の隅々まで潤いを与えられたように感じます。
そしてとても穏やかで、時の刻みもゆったりと流れるようです。
何かを受け取って貰えるような、作れるような人になれるよう心したいと思います。
[PR]
by gomac_ko | 2007-06-11 10:16 | Sweets(甘いもん系) | Comments(2)

松江の銘菓

                             (画像はクリックすると大きくなります。)
d0016727_10445273.gif
城下町松江といえば、京都・金沢と並ぶ茶処・菓子処です。
(もみじ饅頭は広島で・・・)

日本三大銘菓の一つ「山川」、そして「若草」は松江を代表する和菓子として
それぞれの老舗がその腕を競っています。
お茶も盛んで、人口一人当たりの和菓子の消費量が日本一だとか。

松江の菓匠の水準は高く、どの銘菓をとり上げてもそれぞれに趣があって
どのお店で何をおみやげにしようかと、とても迷いながらの楽しい買い物になりました。
旅の思いと共に 和菓子とお茶、を味わいたいと思います。

考案中であった 『5月の抹茶ケーキ』 のデザインも ほぼまとまってきました♪
[PR]
by gomac_ko | 2007-04-28 14:04 | Everything(何やかや) | Comments(0)

草だんご

読み返して見たら昨年は4月に草もちを作っていました。。。d0016727_991815.jpg
今年は早くも よもぎを採って来てもらえました。(^u^)
草もち、の予定に包むのを  省いての(^^;)草だんご。
(この手抜きが仇となり・・・)

餡は包み込みやすいように 炊いたので草だんごには   少々なじみ難いですよ。^^;

どう盛ってみても餡が
固すぎます。→↓→ (笑)

d0016727_9125296.jpg
d0016727_9163252.jpgさらには
お団子が
柔らかい
仕上がり、
と来ました~。
(-_-#)
春な香りに
     ホッ♪

それでも新たな発見もありました。^^
 もち生地を棒状に伸ばす時=
      オーブンシートを使うとくっ付かずに綺麗にすべすべお肌に伸ばせる。
 伸ばした生地をカットする時=
      糸を使うよりカードを使うと切り易くてお手軽。
何とも、まあ、、、和菓子は手が熱いし、調整が難しい。。。
[PR]
by gomac_ko | 2007-03-29 09:44 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)

栗きんとん

d0016727_18491864.jpg今年の栗もこれで終わり    でしょうか・・・
岐阜県中津川の「すや」や「川上屋」風に、『栗きんとん』です。

今回はよく擂ってありますので
生地はとてもなめらかになってねっちり感さえ有ります。
加えた糖分は25%です。
(浅めに擂るのとは好みが  分かれるところです。。)


d0016727_185729.jpg家で作ると惜しみなく食べられます。^^
 
しっかり茹でて(蒸して)半分に切ってスプーンで中の実を出します。
熱いうちにする作業なので左手には軍手が必須です。
出した実の重量をはかって加える砂糖を算出して加えます。
塩をほんの少しも加えましょう。

これをすり鉢で当たれば良いのですが、
初めをフードプロセッサーに頼ると後から擂るのが少し楽です。
後は湿らせたさらしの布巾で茶巾に絞って、出来上がりです。

始めの頃、茶巾に絞るのが簡単そうで思うように出来ませんでした。
それでもいくつか作っていると発見できました♪
形作るときは布巾の中に栗あんを入れて、てるてる坊主状態にして
掌と親指の付け根の奥まで挟んで、何度か向きを替えて平たい丸に作ります。
最後にキュッと捻ると良いようです。^^
[PR]
by gomac_ko | 2006-10-31 23:40 | Sweets(甘いもん系) | Comments(4)

渋皮煮

d0016727_17542898.jpg→気取った盛り方、、、
渋抜きで茹でこぼす段階でもチョロチョロと皮破れが出てきます。(涙)
煮るときはごく弱火にして栗が踊らないように気をつけたのですが。。。
水にさらす時にも直接当たらないようにしたのですが。。。

渋皮煮とは相性が良くないのかも知れない。。。

やっぱり、盛りは良い方が、、、ウチだわね。(^。^ゞ
d0016727_1755889.jpg満足な出来とは言い難いような気がしないでもない。。。(?)

しかし、家族には評判が良かった、、、のです。
『美味しいね!』 と思ってもいなかった反応にやや戸惑い気味です。。。^^;

一昨年の渋皮煮のそれは口に含んだ時の 『美味しい!』 という感動を覚えています。
今日のはそれに及ばないような気がするのです、、、が。。。(あ~ぁ)

その時は何を参考にして作ったのかしら?
水道の蛇口から栗のボウルまで布巾を垂らして水を沿わせてさらすやり方でした。
・・・見当たらなかったんです、思い出せなかったのです。その作り方が。
気分は『もう作らない~!』 だったのでちゃんと残しておかなかったのであります。
探してみましょう、思い出してみましょう!
[PR]
by gomac_ko | 2006-09-30 18:16 | Sweets(甘いもん系) | Comments(12)